中体連 応援記~ソフトボール部~やり方を変えて臨むことを望む

2016年07月03日

中体連 応援記~卓球部~

土日で卓球部の試合がありました。
中体連の個人戦ですね。
エントリーしている子は何百人もいますが,40台の卓球台を使い,試合展開も速いので,どんどん勝者と敗者に分かれていきます。なんとも非情ですが,これもスポーツの持つ特性です。
“私が応援に行くと,卓球部の勝率があまり高くない”というジンクスがあるのは塾生たちに隠して,意気揚々と桐光生の姿を撮り,応援してきました。
本部校の子で出場していた子たちは,目の前で勝ってくれて良かったです。
(もうジンクスなんて,なくなったに違いありません)

卓球は,打った球がすぐ自分のところへ跳ね返ってくる可能性があるので,常に集中を保つことが重要ですね。試合中の流れや,作戦の変更など,目まぐるしく状況が変わる試合展開の中で,選手ひとりひとり,いろいろ工夫しながら戦っていました。

来週は団体戦ですね。
悔いを残さないように,一日一日練習の日々も大切にしよう。
2
3
初戦勝利後加藤恵吾くん5
1
4


homb at 21:00│TrackBack(0)部活“道” 

トラックバックURL

中体連 応援記~ソフトボール部~やり方を変えて臨むことを望む