個別授業なら…  (智久)中3 模試!ついに模試!

2016年06月27日

そういうところが見えてしまう パート②

女子テニス部の応援をしてきたという昨日のブログの続きです。
北浜中や浜名中など,我が本部校とは関係のない,でも別の校舎に通ってくれている子たちのナイスプレイも写真に収めようとしていたとき,またその瞬間は訪れました。

~そういうところが見えてしまう~
次はそろそろ東部中の子たちが練習のためにコートに入ってくるかな?
そう思ってコートの入り口あたりにいると,審判かなにかの仕事のためか,浜松付属中の子がひとり,そのコートの入り口からダッシュでコートに入っていきました。
(随分と急いでいるねぇ…)
と思っていたのですが,その子が突然踵を返して入り口に戻ってきました。
何かを思い出したのかな?
どうしたんだろう?
と刹那の間に私は思ったのですが,
その子は,コートの中(入り口付近)に生えている背の低い草の中に埋まっていた,小さな飴の袋のようなもの(つまりゴミ)を拾って,自分のポケットに収めてまたコートに入っていったのです。

「素晴らしすぎる…」
きっとこの会場で,何十人もこの入り口から出入りしているのに,気づいたのは彼女だけ。いや,気づいた人は他にいたのかしれないけれど,拾うという行動をしたのは彼女だけ。
そして,そんな彼女に気づいたのも広い会場の中で,私だけでしょう。
その付属中の子と私の心にだけ起きた小さなさざ波でしたが,私はその子のおかげで清々しい気持ちで応援できました。その子もテニス選手なのだから,その日はテニスをするのが務めでしたね。でもそういうところをちゃんと気配りできるのが,選手としての,もっと言えば人としての価値を高めていると思います。

その子の勝敗を確認する前に会場を出なければいけなかったことだけが心残りでした。


homb at 21:00│TrackBack(0)部活“道” 

トラックバックURL

個別授業なら…  (智久)中3 模試!ついに模試!