増えてきました参加者が叱咤叱咤激励

2016年01月25日

志道の果て

先日,磐田市の見付天神(矢奈比賣神社)さんにお参りに行ってきました。
本部校中3生の全員合格のため行ったのですが,他の理由もあって,毎年この日を楽しみにしています。
数多ある絵馬を眺めていると,いま教えている受験生はもちろん,数年前に教えていた子達が成長して,大学受験や国家試験に挑む決意を見つけられることがあるのです。
「介護福祉士の試験に受かりますように」
「大東文化大学に合格出来ますように」
「アディダスに就職出来ますように」
かつて今の中3生のように,桐光で必死に学んで道を切り開いていった子達が,今はもう大人として自分で歩んでいることを想像すると,私自身もだいぶ年を重ねてきたことは棚に上げて“立派になったな”と.感心してしまいます。

見付天神は静岡県でも随一の学問成就にご利益がある神社とあって,その絵馬の数たるやすごいものがあります。これだけの枚数の絵馬を見ていると思うのです。
“神様は自分一人のものではない”と。
受験は,歌のオーディションとは違います。
審査員やオーディエンスの気分や好みで審査されるものではありません。
自分の持っている力がそのまま結果になります。

だから,誓うのは神様にではないのです。
自分に誓ってください。
絶対に後悔しない頑張りを続けると。
2階の階段のところに,受験まで中3のみなさんの決意を掲げておきます。
桐光の階段を登るとき,そして下るとき,自分の決意を思い出してくださいね。
BlogPaint
14532998019190


homb at 03:33│TrackBack(0)中学生 

トラックバックURL

増えてきました参加者が叱咤叱咤激励