中3 明日の講習だけ時間が違いますメリー スタディマス!

2015年12月25日

内申点 アップ率91% 中3

現在の静岡県高校入試のシステムでは,合否の判定のために高校に送られる内申点(通信簿の成績)は,中3の2学期の評定のみとなっています。したがって,中3生はこの2学期で内申点を上げることが至上命題でした。
2学期の内申点が大事だということは学校の先生も承知していますが,だからと言って簡単な問題を作ってみんなに良い成績をつけてくれるなんていうことはありません。
中3の中間テストや期末テストは,ほとんどの教科で中学3年間の学習内容全てが範囲になるようなテストですし,さらに期末は音楽,技術家庭,保健体育など技能教科のテスト勉強も本気でやる必要があるため,その大変さは下級生は想像しがたいかもしれません。

そんな中,桐光の中3生は91%が内申点をアップさせることに成功!ちなみに去年の桐光(本部校)中3生の内申点アップ率は76%だったので,内申点アップに対する計画的な指導やサポートは,年々研ぎ澄まされてきていると確信しています。
そして今回のアップ値平均は約2.5点でした。現在の浜松市の公立高校の偏差値を見ると,内申点が2~3上がると,志望校を1段階上げることが可能です。また,受けられるかどうか迷っていた子は,「よし受けるぞ!」という判断をすることも出来るようになります。

しかし,本当の戦いはここからです。
志望校を受ける資格を手に入れても,合格へのパスポートを受け取ったわけではありません。
保証は無くとも,絶対受からなくてはならないわけですから「自分に出来るだろうか?」と思うほど勉強量を積み重ねなければ,自分の学力に,そして自分の努力に自信を持つことは出来ないでしょう。

昨日の授業のとき,あらためて中3Sクラスのみんなにそういう話をしました。
0001


homb at 00:20│TrackBack(0)中学生 

トラックバックURL

中3 明日の講習だけ時間が違いますメリー スタディマス!