2014 受験生の必死Happy New Year

2014年12月31日

ベトナムの希望~結~

昨日の記事からの続きです)

バンティグエンちゃんは,毎日家から小学校まで“片道5キロ”の道のりを歩いて通っていました。
朝早く起きたら,そして学校から帰ったら家族のお手伝いをするそうです。
みなさんもいろいろ大変だとは思いますが,こうして海外に来てみたり,テレビで知らない地域のことを知ると,地球のいたるところでみんな必死に頑張っていることがわかりますよね。
頑張ることは,つらいのではない。
頑張ることは,当たり前なのだと気づかされます。
(特に受験生,これ大事なこと!)

さてその日の昼は,バンティグエンちゃんのご家族とお食事。
お母さんもお父さんもすごく人見知りする方々で,私が一番べらべら話をしていた気がします。
ベトナム語と,英語と,日本語のまじった会話で。
「へ~そうなの?」とか言っていました。
なんとなく通じている気がして,気分よくしゃべりまくってしまいました。

約6時間ほどの村での滞在でしたが,幼稚園を訪問したり,ちょっとおかしな楽しい校長先生にタバコをすすめられて断るのが大変だったり,その校長先生と雨でぐちゃぐちゃになった農道をバイクで二人乗りして遊んだり,信号待ちをしていたら熊を発見したり…数えあげたらきりがないほどの経験をしました。

「こういう地域を支援できてよかった」
そんな感慨がわいてきた気がします。

日本であれベトナムであれ,子ども達と関わり合えているということが,いかに私の原動力になっているかを再認識できました。

新しい一年が始まろうとしています。
今年もお世話になりました。
本部校の子ども,保護者様,私たち,ぞれぞれみんなの希望のために来年も頑張ります。
ban
hatena
kinder
mecon


homb at 16:21│TrackBack(0)その他 

トラックバックURL

2014 受験生の必死Happy New Year