リスニング問題 技術の伝授新中1説明会 開催決定

2014年12月25日

さらに極める 数学

個別塾や個別授業と聞くと,勉強が苦手だったり,苦手な教科の克服を狙うといったイメージがあるかもしれませんね。
もちろん本部校でも,苦手を克服するために行うことが多いのですが,昨日の鈴木学院長の中3数学個別では,Sクラスの生徒を対象とした“高難度「関数」”を行いました。

参加者の中には,5教科の中で数学が一番得意だという子もいて,得意教科をさらに昇華させることが出来たようです。入試の数学はかなり手ごわいですから,高得点を取り,難関校に合格したい子にとっては“出来ない問題”があってはいけませんね。

個別に呼ぶメンバーは学力の近い子をまとめているため,3月に同じ公立高校を受験する仲間もいます。
そう考えると,お互いが仲間でありライバルです。
本部校で一緒に頑張る仲間たちは,どれだけ勉強をしているか,どれだけの実力を持っているかをお互いだいたい知っています。
そんなライバル達と同じ個別授業を受けるわけです。

「自分だけ出来なかったらどうしよう…」
「あの子は出来ているかな?」
「隣の子,めちゃめちゃ速くシャープが動いている…」

ついたてのある普通の個別指導塾では,なかなか感じ得ない緊張感でしょう。
競争意識から生まれる向上心こそが塾生をレベルアップさせると考えています。
1
3 (2)
2




homb at 15:20│TrackBack(0)中学生 

トラックバックURL

リスニング問題 技術の伝授新中1説明会 開催決定