稲田先生の金曜(理科)特訓は期末の前も猛烈英語シャワー

2014年11月07日

自分と向き合う螺旋の中で

中3生は夏以降,3回目の模試です。
時間…朝9:00~12:45

特進コースの生徒は,特進模試を含めると6回目の模試ですね。
このブログでも「テストの度に勉強量が増えて,学力が伸びる」ということを,様々な表現で折に触れて発信してきました。
みなさんはテストでわかることを,毎回自分の中に吸収していますか?

★勉強不足だったな…
★ある教科のある単元のところが全然取れていないな…
★リスニング難しかったな…
★目標を強く意識してこなかったな…
★学調テキストとほぼ同じ問題なのに間違えちゃたな…
★他の子より頑張っただけあって,少し偏差値が上がったな!
★苦手だったあの教科が一番良かったな!
★先生が言っていたあの勉強法をやったら,なんだか少し成績上がったな!

などなど,いいことも改善すべきことも,いろいろわかるのが模試やテストです。
反省するのはその日だけ。
そんなことは無いですよね?

テスト範囲が広いといってあきらめないでください。
本部校のみなさんは,決められたことを徹底的に覚えきることに長けています。
明日は朝6時には起きて,脳をフル回転させて自己ベストをとろう!
もし



homb at 18:04│TrackBack(0)中学生 

トラックバックURL

稲田先生の金曜(理科)特訓は期末の前も猛烈英語シャワー