「忘れる」ことを「忘れない」でシャキーン!!

2014年10月19日

焼ける 焼ける 荒野の道!

先生「相馬くんと康二郎くん、どっちが指揮者をやる方がいいと思いますか?」
生徒A「相馬くんの方がいいよ!」
生徒B「なんで?康二郎は吹奏楽部だよ?」
生徒C「絶対に康二郎の方が向いてる」
生徒D「そうそう、康二郎にしようよ!」
生徒A「いやだってさ、康二郎は歌が上手いから。」
みんな「そうか!そうだね! やっぱり指揮者は相馬くんでいいね」

ええと...
念のため補足を言わせてもらうと、私はいじめられていたわけでも、音痴(おんち)でもありません。

むしろ今は"千の風になって"なんてお得意です。
当時のみんなにも、悪気はなかったんだと思いますが、すこしだけ傷ついた記憶があります。
(僕だって歌は下手じゃないやい!)
みたいな感じで。

でも今となっては良い思い出です。
(康二郎は今も元気にしているかなぁ..)

みなさんが、どんな素敵な思い出を作れるか、実は勉強のことと同じくらい期待しているんですよ♪

ちなみに私は
中2の時「荒野の歌」
中3の時「大地讃頌」
という歌を歌いました。

どちらも歌詞が独特なのですが,今でも歌詞をほとんど覚えています。
そのぐらい練習したんですね。
思春期の情熱はすごい!
14135955254150

homb at 07:16│TrackBack(0)その他 

トラックバックURL

「忘れる」ことを「忘れない」でシャキーン!!