黒山の塾生だかり隠れ家ごはん(No.1)

2014年09月21日

人を心から応援出来る素晴らしさ

先日の東部中の体育大会で感じたこと

応援団の優勝がどこかに決まることを知っていたので、個人的に予想を立てていました。
黄団の応援が一番印象的かな」
今回の私の気持ち(&予想)はこうでした。

なぜ黄団の応援が好きだったか?
どの団も、おそらく浜松市内の中学校でも屈指の素晴らしい応援合戦でした。みんな楽しんでいたし、明るかったし、その姿がまぶしかった。
私が特に感動したのは、ソーランの時です。

各団がソーランを披露する前に、他の団が応援をしてくれるのですが、黄団のその応援は、見ている私達にまでビシビシ伝わってくるものでした。
仲間が好き、応援が好き、リーダー(団長&副団長)が好き、いろんな温かな元気が込もっていました。

自分の声がつぶれても、へとへとに疲れていても、仲間を全力で支えたこの気持ちを、みんなこれからもずっと忘れないで欲しいです。
DSC_9423 - コピー
IMG_6659 - コピー
DSC_9524 - コピー


homb at 06:25│TrackBack(0)その他 

トラックバックURL

黒山の塾生だかり隠れ家ごはん(No.1)