2018年05月09日

楽しいお絵かき(稲田)

昨日の中1の理科


IMG_3162
IMG_3160
IMG_3158
IMG_3159
みんなで楽しくお絵かき


ではなくて
れっきとした勉強です。

中1は最初にオリエンテーションなどがあるため
意外と進度にバラツキがでます。
そこで一部の子に予習的なるこの範囲を
絵に描いて覚えていってもらいました。

最終的には
自分で絵を描いて
自分で各部位の名称が書けるまで
練習してもらいました。

もちろんちょっと楽しいので
みんなの集中力も5割増し。



ゲラゲラ笑って
隣の子とおしゃべりするだけが
楽しさではありません。

楽しく学習するとはこういうことです。



稲田でした


homb at 12:47|Permalink中学生 

2018年05月08日

誠実さ (稲田)

中2Aクラス。

GW前の数学で
途中式のない宿題について指摘をされ
昨日
答えにほとんど〇がついている宿題が多いことを
私に指摘されました。


「答えの丸写し」の話です。


多くの中学生が通る道です。



もちろん
途中式は別の紙に書いた子や
途中式がなくても答えがでた子も
いるかもしれません。
理科が得意だから全部〇がついた子も
いるかもしれません。

そういう事情もあり
指摘することは難しいところはありますが
看過するわけにもいかない。

授業前に少し話しをしました。
あらためて伝えたいことは


提出相手に誠実であること
自分自身に誠実であること
人間としての誠実さをもって欲しい
ということです。


IMG_3138
一歩ずつ成長していこう。




いいですか

私たちはそういう細かいところまで見ていますし
それは注意しないだけで学校のセンセイも同じですよ。


稲田でした


homb at 12:11|Permalinkその他 

2018年05月07日

「さ~いいかい?」

今日からGW明けの授業が再開です。
学校はどこまで授業が進んでいるだろうか?
中1は部活動の本入部をしたのだろうか?
宿題はさすがに全て終えているだろうね?
いろいろと気になることもあり,
私たち教師は,生徒たちとの再会を楽しみにしています。
DSC_6310
DSC_6342
DSC_6351
DSC_6352
DSC_6348
DSC_6315


homb at 14:03|Permalink中学生 | 小学生

2018年04月29日

夜とあなたと英単語

先日,中1の授業内で【英単語覚えの練習】をしました。
(語弊があることを覚悟しつつ書いてしまいますが,)今まで小学校で学んできた英語は,楽しく英語に親しむことを目的とした英会話のような授業でした。仮に2020年度から完全実施されるという《小学校英語の教科化》が始まったとしても,他の主要教科(算国理社)のようにテストをやって,算数のように合格するまで再テストをするなど,中学校英語に本気でつなげていくための英語になっていくとは思えません。
しかしもう中学生ですから,これからは『英語の読み書き』が出来ないと困ります。幸い私が担当している中1英語の授業は,学校の進度よりもだいぶ余裕があるので,こうして時に塾生たちをギュッと鍛える特別な内容の授業をお届けすることも出来るのです。

さて,今回中1のみんなは初めて《10~15こ英単語を暗記する》という経験をしました。小学生でも100歳を過ぎたおじいちゃんでも,なんとなく言える英単語はたくさんあるでしょうけれど,書くとなると話は別です。

暗記に使える時間を制限しました。
最初の確認テストの結果を基準に,グループを2つに分けました。
暗記すべき英単語の数を,グループごとに調節しました。
子どもたちも,それぞれが覚え方を工夫しながら挑戦していました。

全部を完ぺきに覚えられて歓喜した子もいれば,
思うように覚えられなくてがっかりした子もいました。

そのどちらの経験もみんなを成長させるでしょう。
もう学校の英語書き取りの宿題も始まっていると聞きました。
他の子たちが,書き取りなどせずともわかりきっている【アルファベット】を宿題として書き取りしている中,桐光生はこの日やった英単語をバシバシ書き連ねていくでしょう。
学校の先生も驚いてしまうかもしれません。
IMG_3086
IMG_2981
IMG_3094



homb at 11:01|Permalink中学生 

2018年04月28日

ついに指針が出ましたね

今日朝のニュースや新聞で,中学部活動に対する浜松市教育委員会の独自指針が発表されました。ご覧になりましたでしょうか?しかし,独自…といっても,ほとんどが国の示していた基準通りですが。何が決まったかといえば,簡単にまとめると以下の通りです。

①朝練は禁止
②1週間(7日)の中で部活動が無い日を2日設ける。(平日1日,土日どちらか1日)
③活動時間は平日2時間程度,土日活動日は3時間程度とする。

これは,主に土日に実施されていた【1日練習】が原則として無しになり,午前練習か午後練習のどちらかになるということでしょうか。

2019年度の完全実施を目指しているようです。

AS20170621002735_comm[1]


homb at 18:01|Permalink中学生 

『完了』は完了

本部校中3生の英語の授業は,今(私が)学校の進度以上に先へ進めています。というのも,おそらく次の期末テストのテスト範囲は【受動態】と【現在完了】という,中3で習う英文法の中でも超重要な単元が2つも入ってくるためです。
早く対策を始めていきたいというわけで,前述のように授業でも先へ進んでいますし,昨日のように個別授業に来てくれた子にはさらに内容を進めて指導しました。また人数が少ない個別授業だからこそ出来るのですが,難易度の高い英作文に挑戦させるなど,普段出来るサポートにさらに新鮮かつチャレンジングなオプションを追加していきました。

昨日個別に来たメンバーは,今日夜の通常授業で私が教える部分を習うことで,【現在完了】全ての用法をコンプリートで学び終えることになります。GWは1週間桐光がお休みですが,受動態でも現在完了でも好きなように勉強できますね。
とにかく自発的にやってください。
特進コース申込書に書いてくれた志望校合格のためでも,英検に合格するためでも構いません。
自発的にやりましょう。

今日午後これからまた個別授業があります。
どんな内容がいいか?
ベストな指導のためになにか追加しようか?
今もワクワクしながら考えたり,WordやExcelをいじったりしています。

私の(英語)個別授業の枠は,既に5月いっぱいまで埋まっています。
でも,もう英語の個別授業は絶対できないかというとそうでもありません。
積極的に頑張りたいという意思表示をしてくれた子のためなら,
なんとか時間を作ってサポートします!!

「英語の個別授業に参加してレベルアップしたい」
そんな,塾生たちの自発的なもう一歩(一声)を期待しています。

DSC_6302
DSC_6298


homb at 12:20|Permalink中学生 

休講の再告知

来週1週間は全学年休講です。
学校及び桐光がお休みになることを見越して,
(中学生には)教科によっては,普段より多めに宿題が出ています。
優先して取り組み,旅行や部活の合宿などの前に済ませてもらいたいです。

GW



homb at 10:00|Permalinkその他 

2018年04月27日

学びは続くよどこまでも

昨日杉山先生の小6算数の授業を覗くと,
【図形の線対称・点対称】という単元をやっていました。
そこでふと思ったのです。
私「これ,アルファベットでも出来るんじゃない?」と。

そういうわけで,この後の英語の時間に,
アルファベット26文字を使った【線対称・点対称 英語ver】をやりました。
後で知ったのですが,算数でこの単元を習ったのは今日が初めてだった子も多かったらしく,まだ線対称とはなんぞや?点対称とはなんぞや?という状態だったようです。ちょっと難しかったかもしれなかったので,苦労した子には『ごめんなさい』です。
でも,人って,子どもってすごいですね。
苦労することほど頑張れる。
難しいことほど集中できる。

連休明け,杉山先生がまたこの単元を教えてくれるようなので,昨日英語の時間にうまくいかなくてやきもきした子も,あまり焦らなくても大丈夫ですよ♪
3a3956aa[1]
新規 Microsoft Word Document-001bf801cbb[1]



homb at 13:30|Permalink小学生 

2018年04月26日

さて問題です(大田)

かりに私が,将棋の藤井聡太六段の棋譜を丸暗記できたとします。(もちろん無理ですが)

それで将棋を指したとして,プロ棋士の方に勝てるでしょうか?

当然ながら,答えはNO!

それはそうですね。丸暗記だけで,一手一手の意味がわからず真似しているだけならば,その場その場の変化に対応できないですから。棋譜の通りの形になるなんてありえませんし。

数学の応用問題などで模範解答を丸写しする人,丸暗記しようとする人はそれと同じ。
なぜ,こういう解き方をしているのか,解き方の糸口の見つけ方がわからずにそのまま覚えても,問題が変われば対応できません。


ところで,数ヶ月前に,ある方(ここから車で片道5時間ほどの距離にお住まいの塾の先生)が,ブログか何かで,「今日は,この問題を生徒と一緒に考えて面白かった」とおっしゃっていました。その問題がこれ。
pdf1
問題の模範解答を覚えるのは意味がない。

しかし,問題を解くための「糸口のつかみ方」,「迷路の入り口の探し方」,「取りかかり方」を身につけることは非常に役に立つことです。いわゆる応用問題とよばれるものを解くときに,そういう手法を持っているかいないかで問題を解くスピードが変わってきます。

私はこの問題を,仕事帰りに寄ったコンビニの駐車場で,スマホで見ました。

そして,車を運転しながら,この問題を解きました。筆記用具は使えませんから(運転しながら使ったら逮捕されます)頭の中で解きました。

どうやって問題(これ以外の問題も含む)を解くための「糸口」をつかめばいいのか?

明日のこちらのブログ⇒ http://ryuyo.blog.jp/ 

に書きます。答えは書きません。時間があったら解いてみてくださいね。

答えが分かった人は,直接 大田まで。



homb at 13:48|Permalinkその他 

寂しい校舎 その2 (稲田)

昨日も中3は修学旅行なので・・・




と思ったら

DSC_0173
先週修学旅行だった中3と
いち早く帰ってきた南陽中のメンバーで
ちゃんとクラスになりました。

特に南陽は帰ってきたばかりでフラフラでしたが
そのかわり先週今週と2回授業が受けられました。
今先取りで演習中のとっても難しい「速さ」を
さらに深く演習することができました。


いいね中3


この調子で突っ走ろう。



稲田でした



homb at 12:48|Permalinkその他