2018年05月17日

やるならやらねば

桐光中3生及び保護者様にお知らせです。
8月に開催する漢検は,桐光本部校を会場として受検できます。
10月・11月でも,個人で申込をすれば漢検は受けられますが,
中3生にとって2学期は内申点獲得に集中したい時。
漢検は夏休みの内に受検しておくのがベストですよね?
sitelink_bn_kanken01[1]
そこでまた重要な話です。
各中学でも受検者を募るかもしれませんが,
桐光の漢検対策サポートを受けられるのは,
桐光で申し込みをしてくれた子だけ
になります。

桐光の漢検の受付は6/25(月)以降です。
こんなに早くから告知しているのは,そういう理由です。
「この夏に漢検取得を目指したいなら,桐光におまかせあれ」

それを伝えたいのです。

昨年度は全ての桐光の校舎の中で,最も多くの漢検合格者を生んだのが本部校です。今年度は【全員合格】を目指していきます!



homb at 12:57|Permalink中学生 

2018年05月16日

社会でツリー(大田)

期末テストまで1か月をきりました。

5月28日から本部校ではテスト対策が始まります。

中間テストがない分だけ,テスト範囲が広くなります。

一度にドカ食いするよりも,少しずつ食べたほうが体にいいのと同じで,今から少しずつ勉強をしていった方がよい結果を生むのは論を俟たないでしょう。

社会の場合は,テスト対策が始まる前に,覚えるべきことをある程度覚え,対策期間には問題演習をくり返し,問題慣れするとともに自分の欠けている部分を確認する,というのが理想です。

「テスト前にまとめて覚えりゃいいら」というのは「ドカ食い」と一緒です。

歴史の流れと各国の動きなどを整理するため,また,一つの勉強のやり方を提示するために,昨日の中3生の授業で「ツリー」をつくってみました。
3C5191F2-5ED4-4DBB-B213-785A6FB2529C
生徒にいろいろと質問し,テキストのまとめのページを調べてもらいながら,その事項の理由を考えてもらいながら黒板に書き込んでいきました。
私は美術関係の才能が著しく欠けていますので,生徒には裏紙などに自分の好きなようにレイアウトして書いてもらいました。板書しなかったことでも,私が話したことの中で重要だと感じたことはメモしてもOK。一人一人見て回りましたが,デザインやレイアウトの才能は生徒の皆さんの方が数段上です。

授業で作成した「ツリー」を何も見ない状態で再現できるかどうか,確かめることはとてもいい勉強になります。それを何度かくり返したうえで問題演習に臨むときっといい結果につながると思います。



homb at 13:41|Permalinkその他 

2018年05月15日

満点笑顔(稲田)

W満点笑顔が届いています。

DSC_0193
イエ~イ!!

いい新学年のスタートがきれました。

次は私の理科でも
お待ちしていますね。


稲田でした


homb at 12:02|Permalink小学生 

2018年05月14日

届きましたか?

先週水曜日以降,母の日に向けて工作を実施しました。
私はカメラが好きなので,撮った写真はブログに載せたり,すぐ親御さんにメールをしたくてたまらないのですが,今回は今日までそれを我慢しました。なぜかと言えば,母の日(日曜)の前に何かでこの工作のことを親御さんが知ってしまうと,サプライズでお母さんにプレゼントを渡そうとしている子の計画がつぶれかねなかったからです。我慢って,なかなか大変ですね(^-^;)

私ぐらいの歳になると,母の日を意識すること自体恥ずかしいのですが,小学生のみんなは本当に目をキラキラさせて,また真剣に取り組んでいました。

今回は今年度最初のトコスタのイベントということで,教師達もしっかり事前に練習をしました。今流行りのハーバリウムです。色砂の重ね方,色砂の色選び,花の配置など,こだわって作っている小学生たちの姿は微笑ましいものでした。きっと,これをもらった時のお母さんがどれだけ喜ぶだろうかと,そういうことをイメージしながらやっていたのでしょうね。
きっとその気持ちは届いたでしょう。
みんな、かわいい!!
IMG_3152
DSC_6578
DSC_6568
ebb6b555[1]
15257538509270~2


homb at 13:30|Permalink小学生 

2018年05月13日

隠れ家ごはん(No.22)

一ヶ月ぶりのこの【隠れ家ごはん】です。
意外とこのカテゴリのブログをご覧いただいている。そしてまぁまぁ楽しみにしてくださっているという保護者様がいらっしゃるとまた最近知りまして,本当に励みになりましたしありがたいことです。

では張り切ってまいりましょう!
ところで…県西部(特に浜松~磐田)に美味しい【海鮮かき揚げ丼】を食べられるお店が極端に少ないのをご存知でしょうか?
「かき揚げ?鐘庵とか富士川楽座で食べられるんじゃない?」
そういう声が聞こえてきそうですが…。
違うんですよ!
桜エビかき揚げとか,しらすかき揚げとか,地場野菜のかき揚げとか,浜名湖海苔のかき揚げとかそういうかき揚げではなく,私が求めているのは海鮮かき揚げ丼です!

私が若い頃,もうかれこれ15~18年ぐらい前になりますか,
浜松にはまだ最高に美味しい海鮮かき揚げ丼を食べられるお店がありました。
その名も【丼八(どんぱち)】
《お米のマキノ》というお米屋さんがやっていたお店で,自慢のお米とサクサクの天ぷらがのった丼の味は絶品でした。しかし営業母体のマキノさんが廃業したからかわかりませんが,丼八もいつしかなくなり,それから浜松市の海鮮かき揚げ丼ファンにとっては暗黒の時代がおとずれたのです。


そして約18年の月日が流れ,人々が丼八の存在をその記憶から消し去った昨今,私が海鮮かき揚げ丼を食べたいと思った時に行くのは,磐田市にある【天宏】さんです。
文化財にも指定されている旧赤松家の敷地にあるのでしょうか。かなり雰囲気のあるところです。
ふらっと立ち寄れる別館と,予約して利用することが出来る本館とあります。中は間接照明で暗ぼったい雰囲気なので,幼き頃,家の押し入れで寝起きするのが好きだった私にはピッタリです。
かき揚げのボリュームがすごすぎるので,どれだけ空腹で食い意地が張っていても,かき揚げは1枚にしておくのをおススメします。

いやぁ…久々に私の海鮮かき揚げ丼愛を語ってしまいました。
かき揚げひとつとっても,いろんな種類がありますね。
美味しければいいといいうものではないんです。
かき揚げの中にプリプリのエビや一口大よりやや小さめにカットされたイカ,そして三つ葉か青ネギも混ぜられていて,それでいて玉ねぎやニンジンが多すぎてはダメ。私にとってはそんな海鮮かき揚げ丼でなければいけないんです。

人は満足に対してどん欲ですよね。
でもそれでいいと思うのです。
塾も同じです。
いろんな塾があります。
今いる桐光塾生たち一人ひとりにとって,
桐光が最高の塾だと思える部分を増やしていきたいです。
これをご覧の保護者様へ
もっとこうして欲しいというご要望がございましたら,遠慮なくお伝えください。出来ることを探して,全力でご期待に応えてみせます!

DSC_0017~3
DSC_0019~2
DSC_0020~2


homb at 12:01|Permalink隠れ家ごはん 

2018年05月12日

間違えればOK

中学生に「昨日勉強やった?じゃあどんな勉強をしたか教えて」と問うと,
「書き取りと…」という返答が予想されます。

でも私は“ただの書き取りは勉強ではない”そう思います。
語弊があったらすみません。
誤解を生まないように,なんとか最後まとめていきます。
書き取りはもちろん有効な勉強法です。
でも‟ただの書き取り”は勉強になりません。

この持論を別の表現にすればこんなところです。
学校に提出しなければいけないノルマ⇒ ‟ただの書き取り”
間違えた英語や漢字を覚えようとしている⇒ ‟勉強といえる書き取り”

昨日中1の英語の個別授業で,
【期末テスト[英語]で50点を目指せる勉強法】
を参加メンバー全員に伝授しました。
この方法は完ぺきです。
私が長年の英語指導の中で確信している最適な方法です。
ただし,やっていてあまり気持ち良くないかもしれないのが難点です。
なぜ気持ち良くないか?
それは…たくさん間違える勉強法だからです。
少しでも記憶が曖昧だと,確実に間違えます。
頑張って覚えたつもりの自分に,
英語の神様から「甘いな」と何度も言われている感じがするでしょう。
そしてその間違いに向き合い,再チャレンジを繰り返す。
なんともストイックな勉強法なのです。

人はみな,間違えたり,遠回りしたり,
あるいは人に負けたりすることは好きではありませんよね?
だから昨日も,
「やばいやばい!めっちゃ間違えた!」とか,
「まだ終わっていません!もう少し時間を!」とか,
「そこは後で直そうと思っていたんですよ!」
(先生に指摘される前に(自分で)気づいていましたよ…)
というような言い訳など,様々な心の叫びが聞こえて楽しかったです。

本部校の英語は,まず中1から期末テスト対策が本格スタートしています。
来週からは中2・中3の子たちにも火を点けていきます。
DSC_6594
DSC_6590



homb at 14:30|Permalink中学生 

英検受ける人? (^-^)/

GW前に英検を受けることを私に伝えてくれた子には,
おすすめの勉強法やおすすめの問題集を伝えてありますが,
GW明けあらためて「先生,僕英検受けます」という子もいたので,
おすすめの問題集と勉強法を紹介いたします。

やはり毎年言っているような気もしますが,
1週間か2週間で完成する問題集が一番です。
理由は2つあります。
①分厚い問題集だとやり切る自信が無くなる。
②薄い問題集には,本当に大事な情報が厳選されて載っている。


まずこれらの問題集をやりきり,
そして次が結構大事なポイントです。

間違えた問題の解答解説をよく読む
これは英検の勉強においてはあまりよくありません。
なぜなら,英検は英語を書く問題はほとんどなく記号で答えます。それ故,たまたま正解するということもあります。運が良くて,あるいは半信半疑で書いた答えが合っていた。そういう問題の解説を素通りするのは,極めて危険なことなのです。

丸付けの後,全問題の解答解説を熟読する。
これが正解の勉強法。
週末は勉強量をドドーンと確保するチャンスです。
頑張っちゃってくださいね。
gakusan_9784010949061[1]
guruguru_9784405046108[1]



homb at 12:01|Permalink中学生 

2018年05月11日

同じじゃない。

GWの間に,少し遠いところへ行ってきました。
これらの画像は私が1日だけ立ち寄ったある1つの国でスマホ撮影したものですが,もし写真だけでどの国かわかりましたら,ぜひお子さんの車送迎の時にでもお知らせください。わかったらすごいです!
この国はよそ者に対して少し冷たくて,例えば私がその国の言葉や地理が全くわからないので,ドギマギしながら道を尋ねても,案内所(インフォメーション)や警察官など,むしろ観光客に優しくしてくれて当たり前だろうと思う立場の人ほど不親切なのです。タクシーの運転手は驚くほど優しいけれど英語も話せない人ばかりなので,とにかく「大丈夫か?」という心配が消えません。

とまぁ今日はそういうクイズや旅行記がメインではありません。
国ひとつとっても,違いがありますね。
私はこうして国や地域の違いを感じて【未知の地】を歩くのが好きです。

個性と言う言葉がありますが,人の個性も千差万別です。
たとえば同じ家庭環境で育った兄弟や姉妹なのに,まったく違う個性を持ち合わせていて面白いなぁと思うこともありますよね?
塾の先生をしていると,ひとりひとりみんな違う個性と触れ合うことが楽しみでもあり難しさでもあることを日々痛感します。

昨日,私は本部校ではGW明け最初の授業でした。
中1の授業内で抜き打ちの単語テストをしました。
GW前の授業でやった〚数字1~15までの英語〛です。
そのとき(2週間前)よりも忘れていて点数が落ちた子もいれば,10まで覚えるのすら怪しかったのに,15まで完ぺきに書けるようになっていた子もいました。
GW明けにテストをやると伝えてあったわけではありません。
ただ宿題をやってきただけの子,宿題すらちゃんとやりきれていなかった子,そして宿題をやってくることは当たり前で,それに加えて出来なかったことをしっかり出来るようにしていた子もいました。
なんだかこの後の学力がそれぞれどんな変化を示していくのか,昨日の時点でうっすらわかったような気がしました。

学力も,部活も,勉強に使える時間も,
みな平等ではありません。
でもやるべきことは同じです。
頑張ること,宿題をやることは当たり前。
塾生のみなさんが頑張るべきこと,当たり前にすべきことは…
出来ないことを出来るようにすること
それしかありません。
中学生になったのですから,勉強は難しくなるに決まっています。
部活が始まったのだから,今までより疲れるのも想定内でしょう。
新しい遊びを覚えたら,寝食を忘れて没頭してしまうかもれない。

そういうわけで,
今年度の本部校のアファーメーションはこちら。
どこかで既に書いたような気もしますが…
逃げ道は 行き止まり
勉強にも,学校行事にも,朝練にも全力で立ち向かえ!
本部校の可愛い戦士たちよ!
15253203016510
15253401593541
15253296961860
15253354480902
15253354479790
15253496490870
15253556195380
15253495429890~2



homb at 14:34|Permalinkその他 

2018年05月10日

とりあえず何でもやってみます(大田)

火曜,水曜の中3社会の授業で,曼荼羅(マンダラ)をつくってみました。
勉強用マンダラについて,詳しくはこちら⇒ 竜洋校ブログhttp://ryuyo.blog.jp/archives/1070777048.html

明治時代以降の歴史はそれぞれの国の動きをしっかりと整理しておかないと,わけがわからなくなりがちなので,使ってみました。つくってみました。

とりあえず,いいと思うことは何でもやってみます。

枠だけこちらでつくり,テキストのまとめのページを調べたり,前回の授業(中学によってはGWと修学旅行のため,3週前の内容)を確認したり,私が説明したりして,生徒それぞれの「まとめ」をつくりました。

曼荼羅(マンダラ)のつもりでいましたが,マンダラなんて知っている中学生は普通いませんね。
生徒から「ビンゴみたい」という声が挙がりましたので,「ビンゴ勉強法」ということにしておきます。
筆跡鑑定されないように,文字等を少し隠しました。

BlogPaintBlogPaint












homb at 13:17|Permalink中学生 

2018年05月09日

連休中に感じたこと(大田)

  連休最後の日である6日に,これを観に行ってきました。
d4d01186-s
連休明けの仕事がスムーズに始まるように本部で仕事の準備をして
793d1021-s
その後,電車に乗って静岡に到着し,
cc137fdf-s
駿府城公園にある会場まで。
bdf45243-s

そこで私の感じたこと。
その1 後悔
行ってよかった,楽しめました。予習なしで観ても大丈夫でしょう。家族で見に行ってもいいかもしれません。
それと同時に後悔の念も。
なぜ,自分は10代のころから,こういうものに触れる機会が少なかったのだろうという後悔。
若いころならば,今と全く違う視点で観られたかもしれないし,それが自分の人生の養分になったかもしれない。
だから,生徒の皆さんに紹介します。最下段に動画サイトに上がっているPVを貼っておきます。


その2 反省①
プロだから当然なのかもしれませんが,屋外で約500人の観客の前で聞き取れる声を出せる人たち。
ただ,大きい声を出せばいいってものではない。抑揚があり,心にしっかりと届く声,台詞回し。
役柄に合致した口調や歩き方をはじめとする動作,所作。
人にモノを伝えるという仕事をしていますので,難しいことを分かりやすく,ということは心がけているつもりですが,声の出し方であるとか,人に伝わる話し方であるだとか,まだまだ未熟。


その3 反省②
電車で片道1時間。その時間,私は何もせず,ただぼんやりしていました。途中の駅で高校生が乗ってきて,私のとなりに座りました。横でゴソゴソやっているので,チラっと見たら,英単語の勉強をやっている。その子は4駅ほどで降りましたが,正直負けた!と思いました。この子はこうやって毎日の時間を大切にしている。これが1年,2年と積み重なると大きな差になると感じました。


その4 発見
「マハーバーラタ」はインドの二大叙事詩の一つです。18巻の長編で,今回観たのは,その第3巻に載せられている一遍の物語。「ナラ王物語」。前日,予習をしていこうと思って,「バガヴァット・ギーター(マハーバーラタの一部分)」を読み返しました。あの有名なガンディーもバガヴァット・ギーターの影響を受けたといいます。
引用(訳者の方の解説)
「作中人物たちは,自らに課せられた苛酷な運命に耐え,激しい情熱と強い意志をもって,自己の義務を遂行する。この世に生まれたからには,定められた行為に専心する。これこそ『ギーター』の教えるところでもある」
この言葉は心に響きました。


静岡県舞台芸術センター(Shizuoka Performing Arts Center : SPAC




homb at 15:03|Permalinkその他