桐光本部校 ブログ

~校舎のことや時々教師個人についてつづる天衣無縫の日記~

 こんにちは。

 今の時代,中学生,また小学生までも,スマホの所持率がかなり高くなって
いるようです。

 勉強にスマホは「百害あって一利なし」!

 と,私も思っていましたが,今回の来年からの改定後の教科書では,教科
書内にQRコードが載っていて、英会話の音声リスニング情報にアクセスさせ
たりするなどスマホを使って聴くという形になってきています。

 

 浜松市ではタブレット教材が導入されるという話もある中,スマホやタブレット
を勉強で使いこなすことが当然のように求められるような時代になってきたの
です。

 

 今前にこのブログでも書いたように,来年からの教科書大改訂では,学校,塾
家庭で勉強への取り組みに「変化」が生じます。

 

 今回の教科書の改定で注意しなければならないのは,英語など,指導内容,
教科書のコンテンツが増えても学校での授業時間は変わらない,という事実で
す。

 

 教科書に出ている,しかし学校では教えないところ,が出てくる可能性と,学
校は指導カリキュラムをこなすために内容を端折ってくる可能性があります。

 英語では
「話す(聞く)」授業が増える分、「文法」などに割いてきた時間が減り
演習量が圧倒的に減ると思います。これは英語が定着しないことを意味します。
家で演習などをしっかり取り組めるお子さんと,まったくできないお子さんとの差
は今まで以上に広がっていくと思います。

 

 桐光学院では以上のことを予測して,学校では結果的に不足してくる箇所,英
文法の演習などをフォローしていく必要性が(今現在も行っていますが)今まで
以上にやっていかなければと考えています。

 塾などに行かない場合,生徒本人の努力,自分だけの勉強では追いつけない。
そんな状況に生徒たちが追い込まれるのは必然です。

 だからこそ,われわれ,桐光の門をたたいてくれたお子さんには,安心感を与
えるととともに,成績アップのために必要なことをしっかり生徒に指導していかな
くてはなりません。

 塾の役割はこれまで以上に重要なものになっていくと思います。


 こんにちは。

  2021年,コロナ禍の中,いよいよ受験のシーズンが到来です。

  すでに中学校入試は始まっていて,あと2週間余りで私立の入試が
 始まります。

  受験生は,体調管理もさることながらことしは感染対策もセットで
 行わなければなりません。

  それにしても,今日のこの暖かさはびっくりしますね。一体何でし
 ょう?このまま暖かくなるならいいのですが,また明日は寒いとか。

  寒かったり,暖かくなったり,これでけっこう体調崩しますよね。

   受験が近づく中,こんな感じでは生徒の皆さんの体調を気遣わざるを得
  ません。

   感染対策と合わせて,いつも以上に健康に気を付けてほしいと思います。


 

  この時期大事なのはやっぱり十分な栄養と睡眠をとることです。

  特に勉強のやりすぎ(?)で睡眠がおろそかになっていませんでし
 ょうか。

   今はまだ夜遅くまで勉強するのもいいですが,私立入試の1週間前
 ぐらいになったら充分な睡眠をとっていきましょう。具体的には
一日7
 時間前後
の睡眠はパフォーマンスを上げるうえで最低必要だと言われて
 います。


  睡眠時間を削ることは,健康を損なうだけでなく勉強自体の質を落と
 すことにもつながるようですよ。


( 以下,抜粋 )

 「・・・・睡眠と脳のはたらきに関しては今までさまざまな研究がなされ
 ていますが,ペンシルバニア大学とワシントン大学が行った実験によると、
 一日6時間の睡眠(つまり十分ではない睡眠)を2週間続けると,連続
 2日寝なかった時と同じレベルまでパフォーマンスが低下するそうです。
 そして恐ろしいことに、本人は自身のパフォーマンスが低下していると
 いう自覚さえなくなる・・・」

 受験に勝つ力は学力だけではありません。自己管理する力も必要。

 健康管理も自己管理力のうちのひとつです。


  中1・中2生 保護者様へ

  こんにちは。

  昨日(14日から)中2生・中1生に向け,昨年12月に行われた桐光模試の
 「志望校判定」の結果をお渡ししています。

  「成績表」の方はすでに郵送にて各ご家庭に郵送していますが,「志望校
 判定」
に関しては年末に出た2学期の内申点と模試得点の両面からのコン
 ピューターによる志望校判定となりますのでこの時期の配布となりました。
 すでに郵送差し上げている成績表と合わせてご覧ください。

  中2生にはすでに14日(木)の授業でお渡ししています。

  中1生は本日15日(金)昨日の授業で渡しています。

  ※生徒には必ず保護者様にお渡しするように伝えています。ご家庭でご確
  認ください。

   昨日14日はちょうど学調テストが終わったタイミングでした。中2生の生徒た
  ちに向けて志望校や受験に向けて,励ます話もしながら,今回の桐光模試の
  志望校判定結果を配布しています。この結果をみながら志望校についてご家
  庭でお話し合いの機会を持っていただければ幸いです。

   学調から次の目標である「学年末テスト」へ向けて生徒の意識を鼓舞しながら
  特に新3年生となる現中2生には,今まで以上の強い気持ちをもって次のテスト
  にのぞんでもらいたいと思います。

   なお,現中1生,現中2生の学習面談や進路面談も随時受付けております。

   ご希望の場合はメール,お電話にてご連絡ください。

                                      校舎長  橋本

 こんにちは。

 公立高校入試まで50日を切りました。私立入試までは,17日です。

 本部校の中3生は,ほぼ,受験校が決定しています。あとは合格まで一直線
に進むだけです。

 ただしここで受験生にとっての大きな関心事がもうすぐ明らかになります。

 それは高校別の志願者数です。

 おそらくは今週末または来週のはじめには,現時点での公立高校別の志願
者数が集計されて発表されると思われます。

 今回発表される数字は,12月に行われた中学校の「進路面談」の結果が反
映されるという結果になります。そういう意味では,今年の競争率につながって
いく最初の数字になります。そういう意味では今回の発表は注目に値します。

 その発表がなされてからのち,また志望校が変更される動きが高校や課によ
ってはありますが,今年の人気校,激戦となる高校など,全体の傾向はある程
度見えてくることでしょう。今年吹く風の風向き,強さはいかに・・・?

 ただ生徒にとっては,自分の受ける高校の競争率がどうなるにせよ,今はどん
な厳しい競争になったとしても,十分に戦いに勝てるだけの実力をつける努力を
怠らないことです。

 昨日,中1・中2の学力調査と同時に中3も実力テスト(業者テスト)を実施して
います。桐光学院での最終の「新標準模試」も月末の23日に実施されます。

 大きなテストで自分の実力を試す機会も残り少なくなってきました。本番前の
練習試合にあたるこれらのテストで自分が納得できる結果,自信を持てる成果
をが得られるようにすることが大きな課題です。

 

 こんにちは。

 

 さて,ご周知のように,今年の4月から中学校の教科書は「大改訂」されること
になります。

 

 教科書はもともと34年周期で改訂されますが,小改訂と大幅な規模の大改
訂とがあり,今年はその大改訂にあたります。


 今年の教科書改訂では,指導内容の増加に加え,指導方法にも改訂が加えら
れます。

 

 この大改訂で最も大きく変わる教科は英語です。

 

 まず,昨年度小学校で英語を正式教科となったのを受けて今回の改定では,
(簡単にいうと)「小学校の続き」として英語の教科書が作られています。

 

 今までは中学校から英語の基礎がスタートし,アルファベットやローマ字に始
まり,be動詞の使い方から次の段階で一般動詞へと,ひとつづつ丁寧に習得し
ていく流れなっていました。


 ところが,教科書を見て驚いたことには,その流れはまったくなくなり,初めから
be動詞や一般動詞が一緒に出てくるのです。おまけにcanなどもいきなり登場し
ます。

 また,学校では教師が英語を使って指導するという話もあります。

 とにかく,新中1生は大変だということは間違いないと私はみています。理想を
求める文部科学省,それと現場のギャップが随所にあらわれ,結果,英語嫌いが
続出するのではないかという懸念もあります。

 

 詳細は「新中1説明会」でもお伝えいたします。

 我々もこの流れに十分対処し,生徒を引っ張っていかなければなりません。
ますますわれわれ塾の役割も重要なものになってきます。

 英語は是非桐光におまかせください!

こんにちは。

桐光学院では3月8日より新年度の授業が始まります。

 それに伴い,新中1生(現小6生)対象の説明会を以下の日程
で実施します。

 塾生・卒業生ご兄弟姉妹,講習生,お知り合いの方など,たくさん
の方々の参加をお待ち申し上げております。

 明日14日(木)新聞折り込み広告が入ります。是非ご覧ください。

Microsoft Word - 新中1説明会 本部 完了




































Microsoft Word - 新中1説明会ポスタ-


































 

こんにちは。

本部校入口玄関に,先日からおかれた

「桐光大明神」です。

合格祈願をして,教室に入りましょう。

IMG_3398







 こんにちは。

 受験生にとっては今は苦しい時期かもしれません。

 周囲の人の言葉,何気なくかけた言葉でも,気持ちのこもった言葉は
受験生の力になるかもしれません。

 さて,アメリカ屈指の名門大学,ハーバード大学の図書館の壁に以下の
ような名言が27個書かれているそうです。もちろん原文は英語です。

 そのうちのいくつかを翻訳した言葉で紹介します。

・今寝れば,あなたは夢を見るだろう。‎今勉強すれば,あなたは夢をつかむだろう。


・物事に取りかかるべき一番早い時は,あなたが「遅かった」と感じた瞬間である。

 
・今日やるほうが,明日やるよりも何倍も良い。

 
・勉強の苦しみは一瞬であるが,勉強しなかった後悔は一生続く。

 
・勉強において「時間がなかった」は、できない言い訳でなく,努力が足りないので
ある。

 

・この瞬間にも,あなたのライバルはひたすら勉強している。



・やった努力は自分に絶対帰ってくる。

 入試前のかけがえのないこれからの2か月間。

 机に向かう前にこれらの言葉をかみしめて読んでみてはどうでしょう。

 こんにちは。

たまたまあるサイトでみつけました。

 

“1.01と0.99の法則”というのがあるようです。

 


1.01の365乗と,同じように0.99の365乗した結果を比べると明らかな違

いが浮かび上がるのだと言うのです。1.010.99はたった0.02しか違わな

い。だがその違いを365日分積み重ねていくと結果的に歴然とした差が出て

くるというのです。

1.01の法則”すなわち1.01の365乗37.8 約38倍

 

⇒つまり,こつこつ努力すればやがて大きな力となる。

 

099の法則”0.99の365乗0.33 0.1というすこしばかりのマイナス

を積み重ねていくと元の数字よりも少なくなってしまう。


少しづつさぼればやがて力がなくなる。


 少しづつ努力する人と少しずつさぼる人,努力しない人とのの差。

新しい年を迎えるにあたり,ひとつの戒めとしたいことだと思いました。

 


 

 

 





寒いですね。
玄関先のメダカの水槽に氷が張っていました。シャーペンが乗りました。
写真こおり2

昨晩、水を入れておいたバケツの氷を割ってみると、厚いところで1cmくらいでしょうか。
写真こおり

西高東低の冬型の気圧配置、放射冷却による気温の変化・・・

高校受験間近ともなると、ニュースで言われるいろいろな言葉も理解して使えるようになってきます。

まだまだ今は「知識を頭に入れる」ことに必死になっているので、自分から使いこなすまでにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、ニュースを見ながら子供に話を振ってみても面白いかもしれません。

中1生、中2生であれば「水の状態変化」の話ですね。
水から氷になると、体積はどのくらい変化するのか、など。実は、日常にかかわる知識も増えています。

今だからこそ、勉強にもかかわる会話を増やしていただけたらと願います。
(そもそも、会話が減ってくる年頃でありますので難しいですが…)

橋本

このページのトップヘ