桐光本部校 ブログ

~校舎のことや時々教師個人についてつづる天衣無縫の日記~

 こんにちは。

 桐光学院では,4月27日(月)からの授業を休講することに決定いたしました。

そのままGWのお休みに入り,現時点では,5月7日から授業を実施する予定

ではいます。でも状況は日々変化しています。

 5月7日以降の詳細については決定次第ご連絡させていただきます。

保護者様のご協力をお願いいたします。

 
 さて,今まで私たちは,5月6日というのが,今の不自由な暮らしのゴールで,

そこからはまたもとに戻るんだ,という・・・期待と,どこか「本当にそうなるのか

な?」」という不安も同時にかかえたままここまで頑張ってきました。

 しかしながら,当初のその期待も揺らいできました。

 「緊急事態宣言」が5月6日後も延長される可能性が大分高まっています。

実際にどうなるかはGW中に決断されるようです。

 これを受けて「休校」も延長・継続となると,少なくとも2週間として,休校期間

は2か月間近くに及びます。まさに医療に続き,教育までが崩壊の危機です。

 先が見えない中で私たち桐光もいろいろな対応が迫られます。

特に今年の受験生にとって,この1年は大変なことになってしまう危機感があり

ます。

 今までの受験生とは全く違う1年,今までの受験生の味わったことのない新たな

試練です。

 桐光学院では,生徒,そして受験生のサポートに全力を挙げて取り組んでいき

ます。

 

保護者様へ


「緊急事態宣言」発令後,現時点で浜松市では学習塾に向けての

休業要請は出ていませんが,外出自粛が求められている状況を鑑み,

来週4月27日(月)以降の授業を休講することに決定いたしました。

当初の予定どおり5月6日(水)まではGWのお休みです

5月7日(木)以後の授業の実施につきましては,今後決定次第,ブ

ログ,メールなどでご連絡いたします。


保護者の皆様におかれましてはご理解とご協力のほどお願い申し上

げます。

  

                        桐光学院 本部校

                         橋本 壮生

 こんにちは。

 学校では,子供たちの学びを止めないように,課題がたくさん出ていますが,

お子様の学習,課題などへの取り組み方も,様々だと思います。

 こんな状況の中でも,精力的に学習をこなせるお子さんもいれば,なかなか自

分から思い立って勉強ができない,ついついスマホ・ゲーム・動画などに取りつ

かれて家ではほとんど勉強しなくなってしまっているお子さんなど,・・・

 私が思うに,圧倒的に後者が多いのではないかと思います。

 ご家庭にいらっしゃる保護者様の方々は,そんな子供たちの様子を心配して

文句を言い,ついついやかましく言ってしまう。それに対して反発する子供,・・・

ひいては親子喧嘩に・・・。保護者さまにとってそれも大きなストレスです。

 
 桐光では来週から,GWに入ります。浜松では学習塾には今のところ休業要請

が出ていませんので,このまま現行のまま授業は続け,予定通り30日からGWの

お休みに入ります。学校が休みの上,桐光もお休みとなります。

 課題は学校でもどっさり出ていますので,さらに上乗せして全員一律に桐光から

宿題を出すのは大きな負担になるのでは,という懸念があります。(ただし英数は

すでに春のテキストを終わらせるように指示しています。)


 今のところ,うちの子供は課題もこなせていてこの先勉強するものがない,もし

くは勉強を家でさせたいと強く思っている保護者様の方,あるいは,勉強をこの

時期にしっかりやりたいと思っている生徒の皆さん,・・・・おっしゃっていただけ

ればGW用の課題を桐光で用意します。強制しても意味はありません。

 親子でお話し合いをしていただき,メールなどでご要望をお知らせください。

こんにちは。

今,コロナに立ち向かう人類の間で最も重要なメッセージとして

ひろがりつつあるのは「STAY HOME」。それと「三密」という言葉

ではないでしょうか。避けるべき「三密」。

これは,英語で言うと「3C」(Three C’s)となります。

・Confined Spaces(密閉された空間)

・Crowded Places(多くの人が密集して過ごす場所)

・Close Contact(近距離で密接した接触)

日本語の密が三つ揃い,それは見事英語ではCの頭文字で揃います。

またアメリカ英語では「STAY HOME」,

これはイギリス英語では「STAY AT HOME」で前置詞atが入ります。



本部校でも教室をいっぱい使って離れて座っています。

桐光に来る以外はSTAY HOME & STUDY そして

軽いお家でできるSports &Streching(ストレッチ)でなまった体を動か

すなど3Sをお願いします。


 こんにちは。

 ある小学校の先生の投稿で,この休校の時期に家庭訪問をして家を回
って久しぶりに生徒に会ったら,「子供の目が死んでいた・・・」,とありました。

 共働きの親も家にいず,外出もできず,友達にも会えず,そうなると,やる
ことといえばテレビとゲーム,となりがちです。
コロナのおかげで子供たちへも悪影響が及んでいます。

 さて,「コロナ休校」が続くさなか,GW終了後の7日から学校が本当に再
開されるのかどうか?・・・それも,大変心配になってきました。

 我々の住む浜松市は今のところ感染の状況落ち着いている状況とはいえ,
他の地域の状況を見ると決して予断を許さない状況に変わりありません。

 もし仮に,学校休校がさらに延長になった場合,さらに5月末頃まで続くと
すると,実に2か月近くの休校期間となります。

 1年のうちの2か月が休校となれば,残りの期間で1年のカリキュラムを終
了するのは至難の業です。

 夏休みを短縮する,一日の授業時間を毎日1時間増やす,土曜日も授業
を実施などのまだ案としての域を出ませんがそんな声もあります。

 そうした場合でも年度末の高校入試は実施されるでしょうし,特に今年の
受験生には影響が心配です。
 
 現在,家で勉強する時間は少なく,睡眠時間とYou Tubeの時間だけは
増えている状況ではないでしょうか。この状況に「仕方ない」と流されていく
のか,それとも自分の心や生活を変えて立ち向かっていくべきか。
 
 昔の人は塾などなく,学校にいけない人たちもたくさんいて,志があるひと
です,自分一人で勉強したものでした。こんなときこそ自分一人でも勉強で
きる力をつけていかないといけないのではないでしょうか。

こんにちは。

静岡県に緊急事態宣言が出されましたが,

県や市からの休業要請が出ていないこと,
現時点での近辺での感染者が比較的落ち着いていることなどから,
明日,4/20(月)からの授業も先週と同じように少人数での指導を継続していきます。
引き続き校舎内の感染対策を行って授業を行います。

※休業要請が出た場合は速やかに休講の措置をとっていきます。
その際はブログで一番にお伝えすることになります。
日々ブログをご確認下さい。

なお,4/30(木)~5/6(水)までは予定通りお休みになります。

お子様の通塾に不安がある場合は校舎長までお申しつけ下さい。

                                  校舎長 橋本 壮生

こんにちは。

休校が長引き全国的に学校の授業が停止したことによる

学力不安が懸念されています。

学校ではかなり課題も出されているようですが,桐光学院

では休業要請が出るまでは授業を続行して,学校が再開し

た後も支障が出ることのないよう少しづつ,新学年の授業

を進めて行きます。

 さて,問題は生徒たちの家庭での学習です。

 学校での課題は自主的に進めるでしょうがそれ以外はな

かなか自主的にやらない生徒も多いと思います。

そこで,本部校では日々出している宿題に加えて、GWに行う

課題を出していきます。

詳しくは授業中に指示しますが,前年度の復習に加えて新しく

学習した内容を定着させるためのものです。


橋本




こんにちは。橋本です。

今、中1は植物の範囲を学習していますが、

テストには出るけれども、正直「なにそれ?知らない」という単語が出てきます。

その筆頭、裸子植物の「ソテツ」。

裸子植物は「マツ・スギ・イチョウ・ソテツ」を覚えてね、というのですが、

ほぼすべての生徒が「ソテツ・・・?」となります。

DSC_0311

これです。博物館や学校などに植えてあることがあります。
これは昨年、豊橋ののんほいパークで撮りました。

その2。「マツの花」

IMG_3770

先っぽが雌花(めばな)、下の方にあるオレンジのふわふわが雄花(おばな)です。
昨年のGWに皇居で撮ったものです。
ちょうど今くらいからが花の時期なので、お近くにマツがある方は探してみても面白いかもしれません。

IMG_3778

橋本

保護者様へ

 

 

 昨日16,全国に「緊急事態宣言」が発出されました。

 桐光学院の対応として,
19
日(日)の授業までは現在お知らせして

いる現行の時間割どおり授業を実施いたします。

尚,20日(月)以降の対応に関しては現在協議中です。近日決定次第

ブログなどで発表させていただきます。

何かとご不便をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。


                      本部校校舎長 橋本壮生

 

            

こんにちは。

 コロナによる休校で,家にずっと長い間いる子供たち。

 親御さんが働きに出ていて家にいない場合など,監視の目が
ないと自己管理がまだ下手な子どもたちは生活リズムが崩れ
ていくのが心配です。

 

先日,他の校舎で授業があり,その子供たちにいろいろと質
問してみました。

「家で何してる?」と聞いていると,「ずっとゲームをや
っている。」そのほか動画・ツイッター等中身は違いますが,
「ずっと」という副詞がかなりの確率でついてきます。

 この「ずっと」って具体的に一体どのくらいなのか,…?

 こういうものへの子供たちの集中力の持続力はスゴイです。
実はかなりの時間になるのでは?


 夏休みなら日々の暮らしに部活があったりでいろいろなも
のが入ってくるためリズムがとりやすいのですが,今回のよ
うなケースは困ったもので部活などはないのでダラダラと一
日が終わってしまっていないでしょうか・・・。

さらに外にも出れないので子どもたちのストレスはたまってい
きます。

 

長い休暇の中で学習への意欲が低下も懸念されますが,生活
のリズムが悪くなり運動不足が生じ食生活も悪くなったりすれ
ば健康に害を及ぼしかねません。

 まずは規則正しい生活を心がけてもらい,時間があれば授業
以外でも桐光へGO!コレがいいと思います。


 

このページのトップヘ