2018年11月05日

模試のあとは(杉山)

こんにちは。数学担当の杉山です。
先週の土曜日は,中3は模試の後,少し空いて通常授業というハードな1日ではありました。
こちらは,模試直後の様子です。模試の自己採点と解き直しを行っています。
解き直しをすぐに行うことに意味があります。
記憶が鮮明な内に確認することで,記憶に定着されやすくなります。
「模試は宝物がいっぱい」です。間違えた問題・単元は,「復習しなさい」と教えてくれています。
模試を受けただけでは,何も変わりません。大事なのは「その後」です。
本日の授業にて,自己採点を回収します。必ず持ってきて下さい。
CIMG1461
CIMG1460





homb at 14:49|Permalink中学生 

カットと書いてプラスと読む

あさって水曜は《午後カット》ですね。
学校の授業が無い時こそうちの出番です。
遊びの約束を入れた子や,
やる気が無くて家で昼寝するであろう子たちに差を付けましょう。

中3の中には知っている子もいますが,今日あらためて伝えます。
中3は勉強会をこの日に追加します。
中1・中2も来てOKです。

11/7(水)プラス勉強会
午後3:00~6:00



homb at 12:10|Permalink中学生 

2018年11月03日

切磋琢磨 or 相乗効果

数多ある期末テスト対策授業の中で,
一日だけ中1と中2の公開対策授業を実施します。
普段は桐光に通っていない子で,成績アップのために積極的に頑張りたい子とか,桐光生がもらえる《ズバトコ》に興味があるという子。兄弟姉妹が桐光に通っていて「桐光ってどんなところなのか…」と実は気になってしかたがないという子。
あるいは,
今までの塾に通ったことが無くて様子を見たい子や,他の塾に通っているけど向上心があり,しかもこの日はその塾が無いという子も,事前のお申込みをしていただければ参加出来ます。

いまのところ,
英語と社会の授業を予定しています。

★注意★
桐光の塾生は申し込む必要はありません。



test



homb at 11:00|Permalink中学生 

2018年11月02日

中1に話したこと(杉山)

こんにちは。数学担当の杉山です。
昨日,中1には期末テストに向けての取り組み方を話しました。
どの学年にも共通して行えることだとですので,参考にしてもらえたらと思います。

①桐光の授業で習った通りに問題を解く
特に,数学では色々な解き方があります。毎回違った解き方をしていては,定着しません。
私の授業では,なるべく覚える量を減らし,ミスをしないようにする解き方を教えています。
また,問題で注意すべき所は,必ずテキストに書くように指導していますので,分からなくなったらテキストを見直してみると,効率的な復習になります。
できるようになると,書くように言っていた途中を省くようになりますが,ミスが出やすくなるため,必ず書くことが点数を落とさないためには必要です。
「同じ解き方」で,「繰り返し練習」することが,点数アップに繋がっていきます。

②「宿題をこなす」から「宿題をテストで点数を取るためにやる」に意識を変える
数学では,テスト前の宿題は少ないとは言えません。ただ,点数を取るために必要な量と考えています。
中間テストではこちらで毎週のペース配分を伝えてありますが、なかなかしっかりやってある状態とはいえませんでした。
やるのが提出のギリギリになり,分からない問題や間違えた問題は答えを写して終わり。
これが「宿題をただこなす」状態です。
分からない問題や間違えた問題に向き合い,どれだけ時間をかけられるかがテスト勉強になります。
そこで,数学という教科の特性が出てきます。「解説を見ても分からない」という現象です。
解決するためには,「質問」をしなければいけません。
友達でも,私でも誰でも良いのです。とにかく聞くという行動に移せるかです。
この「質問」こそが,「宿題をテストで点数を取るためにやる」になります。
この行動が出てくるようになると,少しずつ本気で取り組むようになってきた証です。
なかなか自分から質問が出来ない子もいますので,質問できる時間を作りました。



11月3日(土)
午後8:50~10:00

中1 数学特訓【希望制】
持ち物 基礎問題集,ズバトコ,譲れない想い



昨日の授業にて,中1の塾生には話をしました。
希望制となっていますが,申し込みは必要ありません。直接校舎に来てもらえれば大丈夫です。
授業はしません。数学の宿題に取り組み,「質問」する時間です。
私からも,多くの声をかけられる時間になると思います。
多くの参加をお待ちしております。

♠SUGI chan♠





homb at 14:21|Permalink中学生 

72本の矢

昨日は英語担当の私と中1の塾生たちと,3つの話題を共有しました。
【期末テストで得点をとるために絶対必須の英単語72】
【単語暗記の効果的な方法~リターンズ~】
【稲田先生・大田先生・杉山先生(今週の)話をどれだけ覚えているか?】


何をすべきかを伝えることは簡単です。
難しいのは,
それを人に自分事として捉えさせて,
その人の行動を,理想的に変化させていくこと。

ただ何かをやる。
ただ何かを伝える。
それでは無為に終わる可能性があります。

例えば,この間中3特進コースの《特進課題テスト》があったのですが,
本部校以外の校舎に通う子たちの結果も併せて見ていると,
❝ただ課題テストを受けただけの生徒❞
❝ただ課題テストを受けさせただけの教師❞

残念ながらどちらもいるな。そう思うのです。
公立入試で高倍率の戦いを勝ち抜かなければいけない子たちなのに,彼ら特進生の中にはにそういう意識が足りない子がいるし,彼らに適切な指導が出来ていない部分もあるのではないかと。

教師が伝えたことを行動に換えている子は,
何を学んだのかすぐ答えられます。
なぜなら,自分にとって有益なことだと理解したからです。


頑張っている子どもと頑張っている教師
どちらが偉いかと言えば子どもの方。

教師が伝えたことを試してもみない子と,それを導けない教師
どちらが至らないかと言えば教師の方。

あらためて,そういう気持ちでやろうと思いました。

500_4770



2018年11月01日

どうやって覚えましょうか(大田)

火曜日の中1の授業で,エビングハウスの忘却曲線について話をしました。

と言っても私自身が心理学の専門的な内容を理解できているわけではありませんので,中1生にも分かる形で話をしました。

あの有名なグラフは,実は「忘れていくスピード」を表すのではなく「節約率」を表すグラフであったとか。

節約率とは・・・
例えば,最初に「ことがらA」を覚えるのに100の努力が必要だったとします。

グラフによると20分後の節約率は58%。
100から節約した58を引くと42。
20分後に復習すると,「ことがらA」を覚えなおすのに42の努力でOK。

1日後の節約率は34%ですから,1日後に復習すると,「ことがらA」を覚えなおすのに66の力ですみます。

全く復習しない,またはテスト前にまとめてやろうとすると,「ことがらA」を覚えるのに必要な努力が100に近くなってしまいます。



で,どうすればいいのかというと・・・
① その日,学校で学習したことを家に帰ってから,科目ごとに何も見ずに「書き出してみる」
② 書き出せた量や内容の確認のために,ノートを見て,書き出したものに付け足し。
③ 塾の授業があった次の日に,何を学習したのか「書き出し」
④ 書き出しに付け足し。
①~④ 全て5分程度でOK

今までの勉強に,上記4点を加えてみる。それが中1生に対する私のアドバイス。



2018年10月31日

理科の勉強法(稲田)

先日の「欠席禁止」の記事でも
予告していた通り
昨日の中1の授業で
理科の勉強法を話しました。

スタートを切る私の話は
こんな話です。



今週は各教科の勉強の仕方を
話してもらえる。
英語や数学はそれぞれ
大事なポイントがあると思う。
理科はというと・・・

まず
私の理科はどの校舎どの学年でも
比較的点数がとれている
実は私に限らずどの校舎でもそう。
なぜかというと

理科は特別な勉強法がいらない
教科だからなんだよ。

ただシンプルにズバトコを何度も解く。
それだけでいい。

逆に
ノートまとめや教科書調べなど
やってはいけないとはいわないけど
それで勉強時間が失われて
問題を解く量が減るなら意味がない。


大事なコトは信じること

二冊でも三冊でも
一生懸命ズバトコを解くこと

10点伸ばしたいなら
あと一冊解こう。


IMG_6904
いい表情で話が聞けていました。

大事なコトは信じること
今の気持ちを持続させること
そして実行すること


稲田でした


2018年10月29日

ただなんとなく過ぎていく

この間,他の塾さんをやめて桐光に来てくれることになった子と親御さんさんとお話をする機会がありました。私はそういう時に一番気になるのは,なぜその塾をやめようと思ったかということです。なぜなら,その不満の逆が桐光に一番求められている(期待されている)ことだからです。

「勉強の時間は結構あります。前の塾にも結構通っていました。
ただ,いつもただ自習して帰ってくるだけというか,
勉強の方法とかも指導されない感じがしました。」


なるほど。
最近では【自立学習型】というシステムの塾が増えてきているとか。ふと以前にそういうタイプの塾に通っているという中2の親御さんから聞いた言葉をまた思い出しました。

「一ヶ月(夏休みの間),何時間塾を使ってもいいチケット5万円で買ったのですが,うちの子はなんと一度も行きませんでした。自由とか,自立という言葉に踊らされました。自習に行けるだけじゃなくて,授業を増やしてくれる塾にすればよかったです。」

先日発表した【期末テスト 対策スケジュール】の追加されている時間帯(赤い字の日程)も,すべて追加料金ナシで,しかも全ての授業に教師がついて徹底指導します。


homb at 16:50|Permalink中学生 

2018年10月28日

中3ゾーンに入る(杉山)

こんにちは。数学担当の杉山です。
校舎を5時に開けて待っていると,中3が自習をしにやって来ます。
きっちり時間を決めて,桐光に来ることが習慣になっている子もいます。
校舎に来ると,誰に何を言われることも無く,自分のやるべきことを黙々とやっています。
友達がやってきても,その空気感から,話すこともありません。
この空気感を壊してはいけないと,私が話しかけるのも,戸惑うほどです。
この環境で,自習を出来ていることが大切です。
そして,この日々を日常として過ごしていける子が,成績が伸びていくのではないかと思います。
夕方,家に居る子は,どんな過ごし方をしているのでしょうか。
桐光では,こんなにも頑張っている中3が居ることは,私たち教師がしっかり見届けています

CIMG1430





homb at 12:00|Permalink中学生 

2018年10月27日

おおぉ!

昨日中2Aクラスの授業中,かなり嬉しいことがありました。
今までなら,その難易度の問いには答えられなかったであろうし,
長い間、手が止まってしまいがちの子が,
私の全体への号令と共に答えをスラスラと書き始めたのです。

「で?」
と思う方もいらっしゃるかと思いますが,
ただそれだけのことと言えばそうですが,
私にはこれほど嬉しいことはありません。

子どもはその場で足踏みしているわけではないのですね。
他の子と比べて成長が遅いように思える子でも,
思うように勉強がはかどらなくて悩んでいる子も,
ちゃんと頭の中は整理されてきていたり,
情緒も安定に向かっていたりするものなのかもしれません。
そう思いました。

見えないものこそ,信じるしかなかりけれ。

500_0482
500_0483



homb at 14:00|Permalink中学生