2017年08月01日

ついに1回目の模試

本部校の中3生が,初めて静岡県内の受験生たちと実力を競う機会がもうすぐおとずれます!中学校の学年順位ではありません。桐光内の順位でもありません。実際に入試で同じ高校を受けて争う中3生が同じ模試をやって志望校判定を出します。桐光生が受ける模試は,静岡県下でも最大級の規模の模試なので,志望校判定の制度がとても正確です。学調テキストを早めに終えるように頑張った子がやはり強いのか?それともマイペースにじっくり取り組んだ子が凌ぐのか?
今から結果が楽しみです。
5b24ade4-s[1]NIK_2064
NIK_2165
NIK_2118



homb at 17:01|Permalink中学生 

遅い方になっちゃうけど

今日は誰が学調テキストを完了するかな?
おとといの説明会でも,福田校の坂井先生が具体的なデータを使いながら話しをしてくれましたし,私からは“取り組む時の気持ち 勉強時間の相対性理論”のような話をしました。
(すみません。相対性理論というのはおおげさでした…)
7/29[土曜]時点でテキストの完了者が22名というのは先日のブログにも書きましたが,説明会のあとで気持ちが高ぶり,勉強ブーストがかかり,一気に進めた子がいると期待しています。先日の説明会が受験生個々にとって良いきっかけになったかどうかは,日曜と月曜の行動から判断できます。
本部校の中3生の総数からして,これから完了する子は全体の中で“遅い方”ということになります。でも本当の勝負は早く終わるかどうかではありません。もうすぐ確認テストをする予定ですが,やったはずのテキストの内容が出来ないということが本当に怖いことなのです。何十時間もかけてきたことが自分の身になってるかいないか?その違いが夏の終わりに大きな差を生みます。

大事なのは勉強量・目標・ゆるぎない気持ち
BlogPaint
NIK_2109
BlogPaint
NIK_2068
NIK_2169


homb at 12:01|Permalink中学生 

2017年07月31日

さあ始まるよ!

今日から小学生と中1・中2の夏期講習が始まります!
講習に参加してくれる小中学生のみなさん!
桐光本部校の元気な仲間が待っています!
桐光教師の作り出す,集中と学ぶ楽しさが融合した授業がもうすぐ体験できます!
私たち教師も本当に楽しみなので,
塾生のみなさんも講習に来てくれる子も,
またその保護者様がたも,
お子さんの夏の成長にご期待ください!
NIK_1895
NIK_2097
NIK_2098
NIK_1892
NIK_1804



homb at 14:01|Permalink中学生 

感謝・お詫び・決意

中3生の保護者様
昨日は中3の高校入試説明会にお越しいただきありがとうございます。
お忙しい中,多くの受験生とご父兄が一堂に会してくれました。竜洋校,福田校・本部校それぞれの校舎の教師が,台本通り…いえいえ,当初考えていた内容以上に話を盛って届けしました。
IMG_0707
IMG_0759
IMG_0748
ここで一つお詫びがございます。

私が話をしている間,マイクがハウリングしてお聞き苦しかったのではないでしょうか?私は自分の口とマイクの距離が問題なのかとか,声の大きさが問題なのかと思案をしながらしゃべっていたのですが,どうやら今回の場合はマイクの持ち方が悪かったようです。申し訳ございませんでした。あとで竜洋校の保護者様にご教示いただき知ることが出来ました。人生はいつ学びの機会が訪れるかわからないものですね。
img_16[1]
生徒一人一人が志望校を受験校に出来るように,
“あきらめたくない”と言って受験するであろう高校に合格できる内申点を取れるように,
私はこれからも全力で指導にあたります。



homb at 10:30|Permalink中学生 

2017年07月30日

そろそろ本気でいきますか!

中3生はやるべきことがたくさんあります。
学調テキストの進捗だけでなく,8月20日にある漢検の勉強が進んでいるかどうかも確かめねばなりません。今まで学調テキストや提出日の早い学校の宿題に多く時間を割いてきた受験生が多いと思いますが,漢検は想像以上に難しいので「問題集をやりきった」とか「間違えた字を一通り書き取りした」というレベルではなく,書けない字がほとんど無いとか,苦手だった【類義語】【対義語】を克服したとか,模擬テストで合格ラインを4回連続で突破したなど“確実な合格”が見える形で進める必要があります。

先日,あるSクラスの生徒が私に不安を吐露しました。
★「先生,お盆までに〇〇の宿題をやり切る自信がありません…」
彼女の目指している期限までまだ2週間以上ありますが,今取り組んでいる宿題の難易度,苦手な教科,漢検,学校の宿題の量など全てを計算すると不安になったのでしょう。当然のことですし,この子はちゃんと宿題に向き合おうとしていることがわかります。

無理そうでも,まずは目指してみることが大事です。
出来ないかもしれない目標を何度クリアしたか?
それが自信につながります。
今の段階で勉強の目標や期限を“出来そうなもの”に下方修正してしまうと,日々のペースが落ちて秋以降もっと大変な時期に踏ん張りが効かなくなります。

私は今よりもう少し体脂肪が少なかった頃は登山が趣味でした。
体力バリバリというタイプではないので,山頂にたどりつくのは相当にしんどいのです。それこそもう登るのをやめようかと何度も思うのですが,無我の境地で歩みを進めていくと、いつの間にか山頂に立っているのです。
そしてもう体力は何も残っていない,使い果たした。そういう自覚があっても,帰り道はちゃんと自分の体重を両足で支え地面を踏みしめながら,無事に下山出来るのだから不思議です。

「ダメかも?」の中には可能性が隠れています。
そして「もう限界」と思ったところから,意外とまだ頑張れるものです。

追伸
2枚目の写真の場所は,私がかつて登ったことがある《大谷崩れ》です。
何百年か前,山が大きく崩れたらしく“日本三大崩れ”のひとつだとのこと。
山崩れにも“三大~”とかあるんですね。
NIK_2161
Otani


homb at 14:01|Permalink中学生 

現在22人

中3生の“学調テキスト完了”が続出しています。
現在のところ22人です。
今日の高校入試説明会でも“勉強量”のことはきっと話題になると思いますが,積み上げた勉強量が結果に結びつくように勉強しなければいけません。成果が出たとき“これは夏休みに頑張ったからだ”と自信を深めて欲しいからです。これから受験生はもっともっと強烈なプレッシャーと戦うことになりますが,夏誰よりも頑張ったことをまず誇りにしてもらいたいし,願わくば一番頑張った子が一番の成果を出してほしいです。
おっと…あまりここに強い思いを書きすぎると説明会の時に,
「この言葉,さっきブログにも書いてあったよ」
となりかねないので,このあたりで失礼します。
中3生の保護者様,また後で説明会の会場でお会いしましょう。


桐光学院 中3高校入試説明会
会場:サーラプラザ浜松(浜松市東区西塚町200)
時間:午後1時~2時
持物:通信簿・筆記用具

map_hamamatsu[1]
新規 Microsoft Word Document-001


homb at 10:00|Permalink中学生 

2017年07月29日

個を高める!

サッカー日本代表の本田選手がメキシコリーグに挑戦することが決まりましたね。
彼が海外のサッカーリーグに挑戦して10年近くになろうかと思いますが,本当に山あり谷ありの人生だったと思います。特にここ2~3年は谷の下にまだ谷があったのかというほどうまく結果が出ないつらい時期だったのではないでしょうか。
彼が少し前に言っていた言葉の中に「日本代表は組織力にこだわりすぎているけれど,世界で勝つには選手一人ひとりの“個の力”をもっと高めないといけない」というものがあります。チームワークうんぬんを言う以前に,個々が自分の力を高めることが重要だということです。このことを思い出して,今受験生と過ごす日々も同じだと思いました。
昨日ある子と会話をしていて,彼がこう答えました。
私「なんか疲れているね。大丈夫?」
★「眠いですけど,まわりの子(塾生)たちがすごく頑張っているので焦っています。」

彼には「あまり無理しないで欲しい」と思う反面,本部校の“みんな頑張る”という環境が,彼をもっと強くしていくかもしれないと思いました。
個の力を高めるほどの環境の力がここにあります。

追伸
この写真に写っている子の中に,桐光で週35時間以上自主勉をしている“勤勉王”がいます。
NIK_1947
NIK_2053
NIK_1943
NIK_2057
43-9326a[1]



homb at 12:01|Permalink中学生 
livedoor プロフィール
アクセスカウンター