桐光本部校 ブログ

~校舎長の相馬による,本部校と時々私個人についてつづる天衣無縫の日記~

3A vs 2S 理科対決の結果 (影山)

中3生には大きなプレッシャーがかかる中,
その時はおとずれました。
対決問題は『大地の変化』の基礎用語50問
中3生にとっては1年前の学習内容ですが,
それでも後輩には負けられません!
P4100062
BlogPaint
相馬先生がMatch Makeした相手とコブシをあわせ,
いざ戦闘開始

団体戦(総得点数)では,中3生の勝利
個人戦では,6勝5敗1分で中2生が勝利
なかなか良い勝負でした。

中3生からはこんな声
「プレッシャーが大きすぎるからもうヤメテ!」

中2生からはこんな声
「3年生相手に勝てないよ~!」


お互いにプレッシャーを感じながら頑張ってくれましたが,
入試のプレッシャーはこんなものではありません。
後輩に負けた中3生は,反省だけではいけません。
行動を増やして次の戦い(テスト)に備えましょう。
「相手が強かったから」という言い訳では成長できません。

先輩に勝った中2たちは,調子に乗らない程度に自信を持ちましょう。でも来年の同じ時期,ひとつ年下の後輩に負けることが無いよう,「一度覚えたことは絶対忘れない」という気持ちで授業に臨むこと。

来週は 3S vs 2S
どのような結果になるか楽しみにしています。

新中3 特進コース説明会 ~日程決定~

5月下旬から,あの噂の桐光特進コースが始動します。
1年間の計画と,私達の考え方をお伝えするため,まず説明会を開催します。昨年度の公立高校入試のことや,これまでの特進コースの成果などもお伝えできると思います。お子さんを私達と一緒に支えていただくことになりますので,この日は親御さんにも参加いただきます。
貴重なお時間ですが,ご協力お願いします。

東部中・南陽中のまだ桐光に入っていない子,及び保護者様へ
この日は桐光生でなくても参加できます。
南高校以上の偏差値の高校に合格したいお子さんがいて,「今のままでいいのか?」と不安でしたら,一度桐光の特進コースについて聞いてみてください。うちには競い合える上位層の仲間がいますから,切磋琢磨して合格していくには最高の環境が整っています。まだ南高校を目指すには学力的に不安だという場合でも構いません。
桐光特進コースの関連記事(抜粋)はこちらを参照下さい。
 【特進コース関連】
“95%という失敗” 
→ URL http://honbu.blog.jp/archives/1065206573.html
“競争の極み” 
→ URL http://honbu.blog.jp/archives/1062511534.html
“特別な10の瞳” 
→ URL http://honbu.blog.jp/archives/1057978848.html
桐光で確実に学力(合格力)を上げるためにどうやってやっていくかを知ってください。無料で参加出来ます。下記の電話番号までお問合せください。

【詳細】
開催日:5/18(木曜)
時間 :午後8:00~8:50
場所 :桐光学院 本部校
(浜松信用金庫(三和町店)さん隣)
電話①:053-464-3313
(本部事務局)
電話②:053-464-3377(本部校[校舎])

tk
29年度トップ高校合格率-001


データが命

みなさんはご存知ですか?
公立高校入試の自分の得点を教えてもらえることを。
昨春卒業していった新高校一年生の4月にしか出来ないことなのですが,公立入試の時に必要だった“受験票”を持って各高校の所定の続きをすると教えてもらえます。5教科の得点と,面接の評価がその成績表には記載されています。出来ればその得点データを今年も蓄積していきたいのですが,たまにこんな言葉を伝え聞くことがあります。
★「絶対点数が悪い。先生にも親にも見せたくないなぁ…」

そんな子たちにヒトコト言わせてください!
私「大丈夫!どんなに(点数が)悪くても追試はしないし叱られもしないよ!」
もうヒトコト言わせてもらいます。
私「昨年度より全体平均点がすっごく下がった。みんな点数は低いぞ!」
最後にもうヒトコト言っちゃいます。
私「君の足跡が桐光の後輩たちの道を照らすかもしれない!」

桐光にはいろんな生のデータがたくさんあります。
だから桐光生や桐光生の親御さんは,ご近所でささやかれているような「(低めの)内申〇〇点でもあそこの高校は合格出来るらしいよ」とか「ある先生が内申32でもH工無理だって言ってたらしいよ」とか,「裁量枠の話があれば絶対合格出来るらしいよ」とか,そういう確証の無い噂話や噂に尾ひれが付いた情報に振り回されることはありません。
新規 Microsoft Word Document (2)-001

中3S vs 中2S~理科【難問(対決)】~

さて,先日は新中3Aクラスの選抜メンバーと新中2Sによる【[理科]基礎合同演習】についてブログに書きました。しかし実際には,塾生たちにはもう一つの戦いを告知済みです。
新中2Sの子たちは,再来週に今度は新中3の“Sクラス”に挑みます。一緒にやるメンバーが全員Sクラスの子たちということで,今度は基礎学力ではなく“応用力(難問突破力)”を競ってもらいます。
本部校には新中3・新中2ともに学年トップランクの生徒が在籍しています。彼ら同士がどのくらい激しい戦いを繰り広げるのかとても楽しみにしています。
新中3のAさん
「やばいですよ~。〇〇って勉強できますよね~?」

新中3のBくん
「すでにもう後輩から(昨日)聞きましたよ~。」

新中3のCさん
「もし負けたら何か(ペナとか)ありますか?」


受けて立つ新中3の子たちの方がヒヤヒヤしています。
勝っても負けても,いつもより大きな衝撃があるでしょう。
勝っても負けても,いつより大きな収穫があるでしょう。
負けた方が収穫は大きいかもしれない?
でもやるからには勝たないと!
4月17日(月) 午後9:00~10:00
2

実力アップ講習(確認)

3月からやってきた“塾生限定【実力アップ講習】”も
残すところ2つとなりました。
日程をご確認ください。
新中2A  4/8(土) 午後7:40~8:50[英語]
新中3S 4/10(月) 午後8:50~10:00[社会]

なお普段のクラスの実力アップ講習を欠席して参加していない子は,振替として参加してくださって結構です。学校の授業も始まりますね。旧学年の復習を出来るだけ徹底的にやっておきましょう!
新規 Microsoft Word Document-001

ご入学おめでとうございます!

新中1のみなさん,新高校1年生のみなさん,保護者様,
ご入学おめでとうございます
今日の私も,クナイプバスソルト“サクラ”の湯に朝浸かってきたので,
サクラの香りをさせております。
あいにくの雨模様ですね。
でも親御さんにおかれましては,この晴れがましき日に,お子さんへの期待に満ちた気持ちには変わりがありませんね。きっとお子さんの晴れ姿を見ていると,さぞお喜びの心地と推察申し上げます。

話は変わりますが,
新中1生には昨日の授業である指示をしました。
私「来週の授業の時,全員で達成してほしいことがある。それは,アルファベットを書くスピードについて。必要性についてはもうよく先生が言ってることだよね。具体的に目標を言うよ。大文字A~Zは35秒以内,小文字a~zは20秒以内で書こう。全員で達成するぞ!」

来週からは中学生としての勉強の日々が始まります。
基礎学力や英会話を習っているとかいないとか,暗記が得意不得意とかそういう人ぞれぞれ違う状況については統一することが出来ません。でもアルファベットをすらすら書けることは英語を学ぶ上で何よりも基本ですし,ただ書くのではなく時間を意識して勉強に取り組む気持ちは,どの教科を勉強する時も大事なので,授業内でもよく時間を測ってきました。
来週は目標を全員で達成出来るかどうかに挑戦です
sakura

特進候補生 (数学)難問プレ演習

来月から新中3の特進コースが始動します。
今月もう少ししたらその案内も配布いたしますが,
その案内にも先駆けて,
数学の発展的な問題を候補者だけが(苦しみながら)解く。
明解な解説をもらってまた考える。
そういう時間を2週にわたって設けます。
理科の方では新中2Sの子たちと競いますが,
数学は仲間たちと切磋琢磨してもらいます。
普段よりは難しい問題を用意します。
入試レベルの難易度を考えています。
ある程度の覚悟をしておいてください!
中3特進候補生 数学難問プレ演習
第1回 4/13(木)
第2回 4/20(木)

時間:午後9時~10時(第1回・第2回共通)


2 - コピー
livedoor プロフィール
アクセスカウンター