homb

桐光本部校 ブログ

~校舎長の相馬による,本部校と時々私個人についてつづる天衣無縫の日記~

1 5月

指の筋肉が…

この間の土曜日に,中1の希望者だけを集めて私のプラス補習をしました。
個別指導や補習における私のモットーと言いますか理想とも言えるものは,【普段の授業とは違うことをして,新鮮な刺激を与えて,まだ1時間ぐらい延長してもやれちゃいますけど?と生徒たちが思うほど時が過ぎるのを早く感じさせること】です。長ったらしいモットーになっちゃいましたね。でも本当にそれぐらいのことを目標にして自分に課して「今回の補習(個別授業)では何をやろう?」とか「こんなことをしてやろうか?」とかいろいろ思案をめぐらしています。

今回は2つのことをやりました。
まず一つ目は,
“本気書きアルファベット8分20秒”
アルファベットの大文字A~Zを1回書くのに30秒,小文字a~zを1通り書くのに20秒とみて,それを10セット書くのに必要な目標タイムは【8分20秒】です。でも途中で指が疲れたり集中力が途切れるとどんどんスピードが落ちていきます。その疲労に打ち勝って8分20秒間で10セット書き終えられるか?というタイムトライアルです。
結果から言います。
参加してくれた子の半数が達成しました!
これは本当にすごい。
「あと小文字8文字で書き終えられたのに…」
という惜しい子もいました。
みんな書き終わった後で指をもみもみしていましたね。
自分が手指の筋肉の疲れを無視して力強く書き続けられるのは5分が限界だとわかったはずです。このことから,宿題をためて一気にやろうとしても難しいこともわかりますし,本気になれば短時間であそこまでやれることも学びました。

もうひとつやったことがあるのですが,
だいぶ文が長くなってきたのでまたの機会にします。
IMG_6442
IMG_6438
IMG_6440
IMG_6441
IMG_6436

30 4月

当然の“ぬかり無し”

春期講習から続いてきた40問単語テストは先週終わり,新たな単語テストが始まっていますが,第1回目の新・英単語チェックテストは,中3はSクラスもAクラスも,全員満点合格で,中2は一人だけ1点だけミスで失点して他は全員満点という好成績。もうそれほど驚きもしなくなってきていますが,それでもやはり全員満点には別格の価値があるのでホッとはしています。

連休中はしっかり勉強してほしいですが,
ちゃんと遊んで,祭りも満喫して,
気持ちをリフレッシュしてほしいですね。
2週間後の再会を楽しみにしています!


30 4月

今からぼやきます。

もう休講中ということで,いつもと違う,とりとめの無い内容でも構いませんよね。
最近,素晴らしい写真,主にわが愛すべき本部校塾生の様子が載ったブログ記事があまり無いような気がしませんか?昨日の記代(のりよ)先生の写真は,会社(桐光学院)で所有している小さなデジカメで撮ったものです。今まではニコンの一眼レフカメラで撮っていたので,奥行きのある臨場感のあるショットを載せられました。

どうしてなのかと申しますと…
私のニコン一眼レフカメラが粉々になってしまったからです。
あのごっついカメラ,内部はマグネシウム合金で出来ていたあのカメラが粉々になるなんて,ちょっとやそっとのことではありませんよね。理由については割愛します。送迎の時や面談のときなど,思い出したらお尋ねください。悲しきエピソードはまだまだ向こう何十年間は忘れられそうにありませんのでいつでもお話できます。

念のため在りし日の姿を載せておきます。※同型カメラ(Nikon D7000)
本当はどれほど粉々になったかお伝えするのに,スマホか何かでその残骸を撮っておけばよかったのですが,あまりにショックすぎてブログにこのことを書こうなどという考えがその時は及びませんでした。
小中学校の運動会や体育大会,本部校のここ数年のみんなとの思い出をたくさん撮り続けてきたあのカメラとはもう会えません。ここにさよならの儀式をささげます。

ありがとう。
私の大好きだったカメラさん。

nd7
29 4月

2人で教えました。

昨日の中2Aクラスの授業は,指導を普段担当している私はもちろんのこと,もう一人,本部校で授業をするのは初めてだと思われる女性教師“記代(のりよ)”先生にも,授業の一部を担当してもらいました。いつもは100%私の授業なので,骨太ながらユーモアに満ちた授業なのですが,記代先生はどんな授業をしてくれるのか?中2のみなさんは興味津々でした。いろいろ質問が矢継ぎ早に出ていましたね。
Aさん「先生は厳しい?」
Bくん「幼稚園の先生っぽいね!」※ネタバレ間近
Cくん「これから金曜は先生ですか?」
普段と違う刺激があるというのは,それだけでひとまずクラスが活性化します。そして昨日は記代先生が一部の授業を担ってくれたことで,私が他のサポートにまわることが出来ました。
最近の記事で,先生も勉強をしているよということをアピールしちゃっていますが,やはり昨日も他の先生しかも同じ英語の先生の授業を見ていると参考になる部分がありますね。普段はあまり見ることのない“生徒が先生の話を聞いているときの横顔”も見ることが出来て,生徒たちだけでなく,私にとっても刺激のある時間となりました。
IMG_6424
IMG_6427
IMG_6433
29 4月

私の勉強(大田)

先生だって勉強している→ http://honbu.blog.jp/archives/1065526683.html より

5月1日~6日は塾はお休み。
この機会にいつもは忙しくてできないことをやってみようと考えました。

奈良県に以前からとても気になっている塾があります。すばらしい先生がいらっしゃいます。ブログやネットでの評判などで知りました。
万が一にもご迷惑をおかけしてはいけませんので実名は伏せておきます。
塾長先生のお考えは大変勉強になりますし,進学実績も非常にすばらしいです。
もっと授業がうまくなりたい!もっと生徒の点数が上がるような指導がしたい!
そのために

「授業を,塾の様子を見学したい!」

やりたいと思うともう止まらなくなるのが私の悪いクセです。
ド厚かましくも,その塾に電話をかけました。塾長先生はお留守で他の先生が電話に出てくださいました。
30分くらい後で,私の携帯電話に塾長先生からお電話がありました。15分ほどお話しさせていただきました。

見ず知らずの赤の他人のために,何の利益にもならないのに,ご自分から電話をしてくださって,親身になってお話くださいました。

わたしとは人間のランクがちがう,ますますこの方にお会いしたくなりました。

ただ,桐光とその塾のお休みがたまたま同じ期間でした。残念!
しかも,授業見学の許可をいただく前に奈良県のホテルをネットで予約してしまっていました。アホすぎます。

まあ,奈良の寺院や史跡を見てまわって授業での話に生かしていくのも勉強です。しっかり見てきます。
そして,仕事がひと段落ついたら,絶対に授業見学に行って今後の指導に生かしていきます。

28 4月

「わかった!」その言葉のために

ひだかたかのりさんをご存知でしょうか?
英語に関する著書をいくつか書いていらっしゃる方で,特に基礎力をつける教材,基礎を固めたい子に良い授業の研鑽をたくさんされています。私は桐光で英語教師として働くようになってから,より良い指導を模索する中で様々な試行錯誤を繰り返してきました。
“難しいことこそ簡単に伝える”
“一念発起して出来ることでなく,持続可能なことを伝える”

それが私が教育にあたる上での信条に近いものです。

さて,こちらのひだかさんは,英語の文法(書き方のルール)を簡単に伝えることに関してとても秀でた方だと思います。だから私は彼の著書や教材をいくつか購入し,例題の発案や授業展開を工夫するために,バイブルの一つとして生かしてきました。その教材を買うときに,どうしてもこのひだかさんとお話がしてみたいと思って,失礼ながら電話をかけたことがあります。

私「もしもし!」
ひ「もしもし?」
私「ひだかさんですか?」
ひ「はい」
私「バリわか英文法について質問があるのですが,今よろしいでしょうか?」
ひ「もちろんですよ。なんでもどうぞ♪」

というところから始まり,それほど長い時間ではなかったと思いますが,いろんなことについてやさしく教えていただきました。私はまるで芸能人と話をしたような気分で,電話を切った後もしばらく高揚していました。

先生にも先生がいます。
教えてもらってよかったと,授業の後でそうおもってもらえるように,今日も英語科の先生みんなで研修をしました。昼間は授業がありませんが暇なわけではありません。この間生徒に「塾の先生たちって,昼間は暇そう」って言われました。

他の塾はどうか知りませんが、
桐光の教師は暇ではありません。

ブログを見てくださっている方々はわかってくださいまよね
27 4月

同じじゃないですけど

たまにコメダコーヒー(領家店)で英語の勉強をしたり,読書など趣味の時間を過ごしていると,背後や横の席でマダムたちが塾や学校のことを声高にお話ししているのが聞こえることがあります。
A「うちの子そろそろ塾に行かせようかと。」
B「ふ~ん。どこの塾にするの?」
A「今いくつか体験授業に申し込んだ。」
B「塾ってさあ,結局学校と同じでしょ?」
A「何が?」
B「先生がしゃべってみんなで聞くスタイル」
A「う~んそうかもね。でも学校よりわかりやすいみたい。」
B「そっかあ。うちも考えようかな。」
こういう話題が耳に入ってくると,
「すみません!話に加わってもいいですか
と言いたくなりますが,変な人だと思われたくないので,いつもグッと我慢します。そして心の中でこう叫びます。
私「塾はどこも同じじゃないですから!」
学校は指導要領で決められたことを教える場です。
クラスの理解度に応じて「あ,今日の内容は生徒達があまり理解していないから,教える計画を変えてみよう」とか,一教師が臨機応変に指導方針を変えることは出来ませんし,そもそも習熟度の高い子にもそうでない子にも同じ教育を提供しています。
翻って塾は,いえ桐光はどうか?
今からまたつらつらと書きつづるのもどうかと思いますので,こちらに参考記事のリンクを貼っておきます。読んだ記憶がないかもしれないという方は参照頂けると嬉しいです。
95%という失敗http://honbu.blog.jp/archives/1065206573.html
逆に減らすhttp://honbu.blog.jp/archives/1065418578.html
国語の授業http://honbu.blog.jp/archives/1065484563.html
先生だって勉強しているhttp://honbu.blog.jp/archives/1065526683.html
その塾の“売り”は?http://honbu.blog.jp/archives/1065571053.html
それにしても,カフェやファミレスはどこに誰がいるかわかりませんから,念のため注意した方がいいですよね。
以前私が
グラッチェガーデンズでやってしまったあの記憶を思い出しました。当時マイケルジャクソンにはまりすぎていたこともあり,仲間たちとマイケルのカッコよさや好きな曲のことで大盛り上がり。「PYTはやっぱりクールな曲だと思う?なかなかセンスがイイじゃん!」「Man in the mirrorはアメリカの小学生の音楽の教科書にも載っているんだってさ! あんな最高の曲を歌えるなら,誰だって音楽の授業を好きになるよね!」まるでジャニーズが好きな女子高生のように,ハイテンションではしゃいでいたはずです。
そして後日…
★「先生,日曜日にパスタ屋さんにいらしゃいました?」
私「え?もしかして〇〇さんもいらっしゃったいましたか?」
★「ええ。先生,とても楽しそうにお話されていましたよ♪」
私「あぁ…お恥ずかしい姿を見られてしまいましたね…マイケルジャクソンが好きすぎて,周りも見えず喋りまくっていたと思います。ご迷惑をおかけしたかもしれません…(汗)」
MJ
livedoor プロフィール
アクセスカウンター