2017年06月17日

来週月曜(火曜)までには

7月の本部校スケジュール表などいくつかのお手紙を一緒にして,中学生の塾生のご自宅へ昨日発送いたしました。今日明日か来週前半までにはご自宅に届くと思います。小学生には次の授業の時に渡します。ご覧いただければおわかりですが,7月はどの学年にとっても大事な一ヵ月になりそうです。ご確認いただき,何かご不明な点があれば,メールか電話でお知らせください。すぐにお答えいたします。
’17本部7月calendar-001


homb at 15:01|PermalinkTrackBack(0)中学生 | 小学生

【わからない】を溜めないで

期末テスト対策が昨日で終わり,部活も元のように実施されるようになり,中学生はいつもの生活に戻りましたね。ここから運動部は中体連,文化部も夏に成果を出すべく,これからよりハードな練習をするようになるのでしょう。
今回の期末テスト対策を通じて思ったことがあります。
それは“質問”についてです。
先日天竜校のブログにも書きましたが,質問の質が上がると嬉しいです。
 参照URL[天竜校blog(6/13)]→
http://tenryu.blog.jp/archives/2017-06-13.html
ただ今回本部校のテスト対策で感じたのは“質問のタイミング”についてです。
テスト前いよいよ本気になってきたのか,直前の対策授業では急に質問が増えました。
期末テスト1日目が終わり,明日は2日目という木曜日,たくさんの中3生が自主勉に来て,翌日の英語や理科に備えて勉強をしていました。もちろん私がいたので英語の質問は出ますし,理科のSOSもよく聞いたのですが,“その疑問はいつから持っていたのか?”ということが気になり始めます。集中して,危機感を持ってやろうとしていたから質問が出るようになった。裏を返せば,それまでは本気度が中途半端だったということかもしれません。
これから特に中3生は夏の猛勉強に向かっていきます。
期末テストが近づかなくても,周りにライバルが見えなくても,先生に発破をかけられなくても,自分の目標のために本気になれるか?見えないライバルを近くに感じられるか?そういう姿勢を持てるかどうかが試されます。
先生に「質問をしよう」と言われてからする質問にはあまり意味がありません。
だから私はあまりその言葉を発しません。
次は間違えたくないと,本気で思うから質問が出ます。
自分の答えに自信があるからこそ,模範解答との違いが気になります。

そういう意味では,天竜校でも本部校でも,自発的に出てきた数多の質問は嬉しかったですし,その子たちから大きな可能性を感じました。
私の教師としての目標は,クラスみんなに目的意識を与え,どの子からもその子が求めて止まない質問を引き出すことだと思っています。
暑い夏がもうそこまで来ています。
本部校のみなさん!
“わからない”を大切にして,一緒に頑張っていきましょう!

DSC_0010
DSC_0018
DSC_0006


homb at 12:01|PermalinkTrackBack(0)中学生 

2017年06月16日

中1二者面談 再開

今週は期末テストの直前と言うことで,昨日だけ二者面談を中断しましたが,来週からまた残りの中1生たちとの二者面談を再開します。今までに面談をやれた子たちとは,部活動のことや期末テストに向けての計画について主に話をしてきましたが,来週になれば期末テストも何教科か返却されていますから,その点数のことも踏まえて話が出来ると思います。中1にとっては,今回の期末テストが初めての定期テストでしたが,手ごたえはどうでしょうか。
テスト直前の中1テスト対策の様子を載せてみました。来週笑顔で「先生!良い点数がとれたよ!」そんな言葉を聞きたいですし,満面の笑顔を見たいです。期待しています。

IMG_0437
IMG_0432
IMG_0418
IMG_0429
IMG_0435
BlogPaint



homb at 15:01|PermalinkTrackBack(0)中学生 

朝学2日目 (大田)

昨日,私の担当科目である中3社会のテストがありました。
「どうだった。社会?」
「過去最高に答案用紙が埋まりました。」
「いつもより難しいってみんな言ってたけど,私は簡単に感じました。」

手ごたえがあったようで何よりです。

さあ,今朝は気分を入れかえて朝学2日目。みんな集中して取り組んでいます。
P1010119
P1010120
P1010121
DSC_1127
P1010121

朝学終了とともに笑顔にもどります。
P1010138
P1010150
P1010168
P1010192
P1010194
P1010195

「ちょっとそこのイケ面軍団,写真撮らせて」と頼みましたが,
「先生のほうがイケ面ですよ」とうまくお世辞でかわされてしまいました。それでも何とかパチリ。
P1010196
この後,学校まで生徒を引率していく途中で地域の方に声をかけられました。
「こんなにたくさんの人数で,今日は何かあったの?」
「今日はテストがあるので,朝勉強して今からみんなで学校に行く途中です。」
「えらいね。みんな頑張ってね。」
「ありがとうございます。」

みんな集中して頑張りました。地域の方の応援もいただきました。
いい結果につながると信じています。



homb at 14:04|PermalinkTrackBack(0)中学生 

2017年06月15日

4時から開いてるんですよね?

今日時間割では午後7時~テスト対策授業となっていますが,テスト期間で早く学校から帰ってくるので,早くから校舎を開けて欲しいという声が多数ありました。今日は午後4時台から小学生の授業がありますので,早く来たい子は4時から自主勉をしに来ることができます。
そして今日の朝学の時にこんな会話になったのです。

A「(自習に来る場合)午後4時から夜最後までいることになりますか?」
B「おなかが空きますけど?」
私「一度も帰らず4時からずっといる予定なら,軽く食べられる食事を持参していいよ」
C「軽くじゃない食事持ってきて頑張ります!」
私「それ…食事タイムを楽しむ気満々でしょ(笑)」
C「違いますよ!たくさん食べないとパワーが出ないんです!」DSC_1127



homb at 14:01|PermalinkTrackBack(0)中学生 

朝学1日目 終了

私が校舎に到着したのは朝5時30分。
朝学のスタートは1時間後なので,黒板に必要なことを書いたり,階段を掃除したりしてまったり準備していると,6時前には最初の子が来て,それからどんどん集まってきました。中3生が一番早く集まり,次いで中1,中2が一番ゆっくり集まりました。しかもコンパス忘れも多く,中2はいろんな意味で少し心配です。
まだ朝焼けのように赤い日差しがカーテン越しに差し込む中,中3生は一言も発せずに,ずっと朝学用に準備された教材をひたすら取り組んでいましたね。
今回中3・中2の東部中生は全員が朝学の参加対象でしたが,中1は“希望者だけ”が参加することになっていました。でも約6割の子が参加してくれました。積極性に乾杯です。
明日も朝学はあります。張り切っていきましょう!

朝学2日目
6月16日(金曜) 朝6時30分開始

DSC_1138
DSC_1128
IMG_0361
DSC_1133
IMG_0351
DSC_1126


homb at 12:31|PermalinkTrackBack(0)中学生 

2017年06月13日

年輪が出来ているか?

テストが多いことで(たぶん?)有名な桐光学院です。
実際に今はちょうど期末テスト対策も佳境で,各教科で最終チェックテストも行われています。
もう何度も折に触れてブログに書いてきましたが,私たちがテストを効果的に使う主な理由は“自己満足の勉強にさせない”ということです。家庭教師や個別指導塾,他にも塾があり,学力を上げるとか成績を上げようと思ったらいくつも選択肢がありますね。その中で,おそらく桐光はもっとも頻繁にテストを行う塾だと思います。
公立中学の中にも,桐光のように毎週テストを行っている学校もあります。(中区にも西区にもあると聞いています。)その中学の県学力調査の平均点は,やはり他の中学と比べて相当高くなっています。県下で国公立大学への進学実績では指折りというの富士高校でも,毎週ハードな英語のテストを実施しています。テストはある部分では成績を上げる効果的な方法のひとつであることは間違いないと思います。
でも,ただテストを繰り返しても意味がないことがあります。
それは“テストのための勉強”をしてこない。
そういう場合です。
テストは誰しもそれなりにプレッシャーです。
部活があり,宿題もあり,その上テストもある。
「頑張ろう。」
「頑張る気持ちだけは持ち続けよう。」
そういう気持ちのある子が,毎回のテストごとに成長していきます。
テストに備えてきていない子がテストを受けると,その時間はただの無駄になります。
テストに十分備えてきた子は,そのあとでやる問題演習の時に自分が覚えた内容が出題されているので,前よりもスラスラ解けてストレス無く取り組めます。勉強してよかったと思い,勉強が苦ではなくなります。
そしてまた次も頑張ります。
良いリズムが生まれてきます。

桐光は確実に成績を伸ばす環境作りを徹底しています。
どの塾よりもテストがあり,必ず宿題もあるけれど,
地域の中で“頑張る子には一番ピッタリな学習塾”であり続けたいです。
さぁ期末テストまでもうあと少し。
最後まで全力でいこう!
BlogPaint
P1010114
P1010112



homb at 13:30|PermalinkTrackBack(0)その他 
livedoor プロフィール
アクセスカウンター