2018年04月04日

偏差値について(大田)

中学1,2年は桐光模試,中3生は夏期講習以降に受ける模試,小6生は桐光定期テストで偏差値がでます。

そして実際の公立高校入試では各個人の偏差値は出ませんが,全体の標準偏差は公表されます。




標準偏差とは?

簡単に言うと「ばらつきの大きさを示す数字」です。簡単に言うと

標準偏差が大きいテストは,それだけ得点がちらばっている,点差がついている,

標準偏差が小さいテストは,それだけ得点がちらばっていない,点差があまりついていない,


ということになります。

過去の公立入試の標準偏差(得点のばらつきの大きさ)や出題の傾向などを参考に「勝つ方法」を常に考えています。



偏差値とは?

全体の中での自分の位置です。
pdf1
自分の点数が平均点だったら偏差値50。

自分の点が (平均点+標準偏差) ならば偏差値60です。上から約16%に入っています。

自分が (平均点+標準偏差×2) の点数をとったら偏差値70です。上から約2.5%に入っています。

自分の得点が (平均点-標準偏差) の場合は偏差値40です。下から約16%に入っています。

いい点数を取ったのに偏差値が高くない?
⇒ 平均点が高いと上の図の偏差値50の場所が右によりすぎて満点近くの点数でも偏差値は高くなりにくいです。


あまりいい点数ではないのに偏差値が高い?
⇒ 平均点が低いテストでは上の図の偏差値50の場所が左に移動するので得点によっては高い偏差値がでます。


もう少し経つと3月に行われた公立入試の標準偏差が公表されますので,入試の問題と照らし合わせて今後の指導にいかします。





homb at 17:00|Permalinkその他 

勉強の借りは(稲田)

中3は
先週の個別,9時補習などの時間を使って
本年度の理科の入試問題を解きました。

当然難しい。
びっくりするくらい難しい。


実際面食らってしまった子
非常に落ち込んでしまった子が
たくさんいました。

それでいいんです。
たとえ既に習っている単元であっても
解けなければいけない問題ではなく
解けるようになっていく問題なんです。

そのレベルを痛感してくれれば
それでいいんです。



ただ

勉強の借りは勉強で返す。

IMG_2983

先週も個別をやったけど
来週の個別もやりたい人!!

そう聞くと
ほとんどの子が手を挙げました。





それでいいんです。
素晴らしい。



一年かけて
みんなを解けるようにしていきます。

全力でみんなを支えます。


稲田でした


homb at 13:12|Permalink中学生 

2018年04月03日

面談希望 受付中

新しい学年になろうとしているこの時期に,学習面談を実施します。
今回も《希望制》です。面談をやってマイナスになることはありません。お子さんの日頃の生活や勉強に臨む姿勢に心配があるとか,高校入試までのプランを相談なさりたいなど,面談の動機は何でも構いません。少しでも気になることがあれば,遠慮なくお申込みください。メールにてお知らせいただければ結構です。
500_6124
500_6129


homb at 10:00|Permalink小学生 

2018年04月02日

部活の練習日が減る?

浜松市教育委員会も,全国的な部活動の休みを増やす流れに沿って,そのように動いているのでしょうか。
昨日かおとといのヤフーニュースで,学校の先生たちが,本音として部活の顧問をやりたいのかやりたくないのかのアンケート結果が載っていました。
実にほぼ半数の先生が部活動に携わらないのを希望しているということで,これは私としては予想以上に(部活の顧問をやりたくないという学校教師が)多いなという結果でした。

だからなんだ?
ということなのですが,教員も多くが部活動をきついと思っている。運動部や吹奏楽部の生徒たちも,今のままではきついと思っている子が多いはず。特に土日の練習や試合などがあれば,親御さんのご負担もある。
総合的に考えると,今より減らす方向が良さそうではありますね。
やはり平日放課後の練習は週3日ぐらい,試合は練習試合を含めて月に2回までにするのがちょうどいいのではないでしょうか。
塾や学校の宿題を,期限ぎりぎりまで後回しにしている生徒も少なくありません。
その理由のメインが【部活】【疲労】となるケースも。
実際は,やるべき宿題を計画的にやらないことに問題があると思いますが,中には本当に朝から晩まで部活漬けで,たまの休みも外部の習い事などでいっぱいいっぱいという子もいます。

さて,これからどうなっていくでしょうか。
中学部活動の実態が具体的に変わっていくとしたら,
私たち学習塾の教師にとっても注目のトピックスになるでしょう。

下の花の写真は,
今日私が桐光に着くまでに出会った花々です。
空が曇り気味で,青空を背景に出来なかったのが残念。
相馬家の枝垂れ桜は満開です。

Screenshot_20180401-141815~2
OLMP0045
OLMP0047
OLMP0039



homb at 13:15|Permalink中学生 

2018年04月01日

熱情のトコスタグラム

桐光の校舎では,今までブログでお伝えしてきた内容よりも,
送迎の時やメールで,親御さんに何かをお伝えしてきたことよりも,
もっともっと圧倒的な量のコミュニケーションが毎日生まれています。

これから今までよりもお伝えしていきます。
ブログでではありません。
日々様々な事象が起きます。そのことにいろんな感情が沸き上がります。ここ(blog)に書いて伝わりそうなことならそれでよいのですが,個々にお伝えしないと伝わらないこともあります。
時には直接対面で,そしてお電話で,あるいはメールになるかもしれませんが,今までより,私たち教師とお子さんとで交わされた約束やコミュニケーションのカケラを,もっと直(ちょく)にお伝えしていこうと決めました。

親御さんにおかれましては,嬉しい内容ばかりではないかもしれません。もちろん,私たちがわくわくしながら親御さんにメールをする。そんなハッピーメール(褒めーる)も増やします。

私たちは真剣です。
それ故塾生たちにも,やるべきことには逃げずに向き合って欲しいし,人に迷惑をかけるような言動があれば叱りもします。先週テストに不合格だった子を想い「(今回は)ちゃんと勉強してきてくれたよな?合格してくれよ!」と心で強く願いながら授業を始めることもあります。その生徒がちゃんと努力してきたことに気付けば感動します。

そんな喜怒哀楽に満ちた,塾で起きていること,そして教師と生徒とで交わされているコミュニケーションについて,もっと本音で伝え続けていくことが必要かもしれない。

この間,土曜の午後に,ふとそう思ったのです。

これからも,かわいい生徒たちとご理解ある保護者様のために,
全力でやっていきます。

ゆずれない想いを架けて。

15225690864451
15225690864170


homb at 16:30|Permalinkその他 

2018年03月31日

キミノコエヲキカセテ

この春休みの期間は,いろいろな生徒や親御さんと面談などでお話をする機会が多く,特に初めて桐光に来てくれた子や,長いお付き合いでも,お母様(あるいはお父様)と面談するのは初めてだとか,面談はかなり久々という場合には,ほぼ毎回様々な発見があります。
とっかかりは【学習面談】ということで面談の場を設けているので,もちろん勉強の話をメインにしてお話いたしますが,塾も勉強もあくまでもその子の人生の一部なので,塾の先生だからといって,私は勉強や宿題のことだけを話すということはあまりありません。

この間の面談で,ある生徒にとても素晴らしい夢があることを知りました。もし私がもっともっと若かりし頃に,その子の夢の仕事について知る機会があれば,かなり心を惹かれていたかもしれません。でもその時私はその仕事について詳しく知っていたわけではないので,夜面談が終わり,家に帰ってから自分なりに調べてみました。

やはりとても素敵な仕事でした。旅や人を笑顔にするのが好きで,外国語や異文化間交流に興味がある人には,それこそ❝もってこいの仕事❞かもしれません。だから,その子が夢の実現にぜひ近付いていって欲しいと,その時からより一層強く思うようになりました。

そういえば親友がかつて言っていた言葉を思い出しました。
それは…❝夢は知識❞ という言葉です。
最初聞いた時は「うん。確かに。そうだよね」とだけ思いましたが,それほどピンときませんでした。でも今回この子の夢の話を聞いて,またこの親友の言葉を思い出しました。

人は,よく知らないことを夢にはしません。
希望は,見知ったり,経験した記憶の先にあるものです。

学校や塾の勉強は大切にして欲しいです。
子どもが夢(目標)を持った時,より高い学力や成績,そして勉強にもまじめに取り組んできたという自信は,進学していく過程で強い味方になってくれる場合が多いですから。でも,学力や成績と同じぐらい大事なことは,いろんなことを知って経験して,世界が広いことや,自分にはまだ大きな可能性があることを知ることです。

今はまだ春休み。
時間はたっぷりあります。
やるべき勉強をした上で,いろんな楽しい経験,そして出来れば新しい経験もして欲しいと願っています。

この記事の画像は,記事の内容とは関係ありません。
私が参照したサイトのURLはこちら。

シゴト×エイゴ URLhttp://www.job-english.com/job/tourism/purser.html
進路ナビ URLhttps://shinronavi.com/advise/answer.php?q_id=2044
たびこふれ URLhttps://tabicoffret.com/tags/1058/

15224653258790
500_6106
500_6113
500_6117


homb at 14:01|Permalinkその他 

2018年03月30日

春空グラフィティ

10倍にするか?
それとも10分の1にするか?

例えばある1クラスに10人がいるとすると,桐光は集団授業ですから,先生に指名される(いわゆる【指される】)可能性は,毎回常に10分の1です。
先生が何かを問いかけると,指された子はプレッシャーを感じながらそれについて考えて,あるいは瞬時に答えが頭に浮かび,また自分がその問いに対してその答えで良いか否かを考え…というように頭の中にはめまぐるしくニューロンが駆け巡り,心臓は多少なりともドキドキします。

では指されなかった子はどうでしょうか?
指名された子と同じように考える子もいれば,
指された子がどう答えるか,見学している子もいる。
はたまた,指されなくてよかったとホッとしている子もいるかも。

昨日の新中1の授業でこのことについて話をしました。

私「最初に先生に指されて答えた人より,次の人はもっと良い答えにならないといけない。最初読めなかった英単語や英文も,後で答えるにつれて当然読めるようになっていないといけない。最初に答える子が一番大変なんだよ?いつも自分が指されたと思って先生の質問に備える。声に出して答えなくとも,自分の思っている答えと,指されて発表する子の答えとが同じか否か,常にチェックしていくような姿勢で授業に臨まないとな。自分が指された時だけ真剣に考える…なんて思っている子は,この授業の価値を10分の1にしか出来ていないことになるんだ。みんな,これからは,誰が指名されても,常に自分の答えを用意しするようにして,真剣に考える機会を,ここにいる人数倍に増やそうぜ!」

500_6104
500_6098
500_6105


homb at 17:01|Permalink中学生 | 小学生

心の花を咲かせよう(杉山)

こんにちは。数学担当の杉山です。
先日の休みに,お花見をしてきました。
少し散ってしまっているようでしたが,まだまだ咲いており,見ごろではありました。
あまりにも綺麗でしたので,ブログに載せたいと思い,記事を書いています。
私も,塾生の「心の花」を咲かせられるよう,指導に努めなければならないと,感じました。

CIMG0922

CIMG0916

CIMG0921

実は,校舎長である相馬先生とは,アーティストの「いきものがかり」が好きという共通点があります。
お互いに,コンサートには足を出向くほどです。
いきものがかりの曲の中で,「心の花を咲かせよう」という曲があります。
特に,歌詞が良く,私もお気に入りの曲の一つになっています。
以前に,相馬先生が書いた掲示があるので,読んで頂ければと思います。

14566477836220





homb at 13:30|Permalinkその他 

2018年03月29日

仲間のために(稲田)

毎度毎度同じ話で申し訳ありませんが
今回も「理社確認テスト」の話です。

本部校の3年生は連続で
全校舎全学年で1位を
り続けています。
この順位を
り続けるには
ほぼ全員が満点を取るレベルでの
高い平均点を取らなければならない。

そんな状況での今週の火曜日3Sクラスで
勉強してくる範囲を間違えてしまった子がでてしまいました。
こういう悪意のないミスは仕方のないことです。
本人も非常に落ち込んでいました。


そして水曜日の3Aクラス。
こう話しました。
「今回確認テストで3Sちょっと苦戦してる
 いつもお世話になってる
クラスを
 今日はみんなが助けてやって欲しい。」

そのときの彼らの表情が本当によかった。
「大丈夫,まかせとけ」
そういうキラキラした表情でした。

確認テストですから
その場で急にがんばってもムリです。
彼らのその表情は
「大丈夫,ちゃんと準備してきてるから」
そういう気持ちだったのでしょう。

平均点を競い合うことは
勉強してこなかった子へプレッシャーをあたえる
という少しイジワルな側面もありますが
こういう「仲間のために」という側面があるので
私は好きなんです。

もちろん

Aクラス
全員合格,ほぼ全員満点でした。
f7fbb066[1]



稲田でした


homb at 13:36|Permalink中学生 

2018年03月28日

初心忘るべからず(大田)

私が中学1年生の時の担任の先生の口癖は

良くなろう!

だった。当時は,この人はこれしか言えんのか?と思っていたが,この仕事をして,この歳になってみると,

この言葉の重みを感じる。

誰でも最初は,今よりも「良くなろう」と思って物事を始める。

ところがいろいろとやらねばならぬことが重なり,忙しくなり,うまくいかないこともあったりして,

「良くなろう」という最初の気持ちをだんだんと忘れてしまいがちだ。

「初心忘るべからず」とは世阿弥が能楽の修行について述べた言葉だが,

授業に集中する新中1生の授業を担当してこの言葉が頭に浮かんだ。

「初心忘るべからず」

生徒も教師も。

P1230247
IMG_2952
P1230251
P1230269
P1230277
P1230280
P1230282






homb at 13:26|Permalinkその他