桐光本部校 ブログ

~校舎のことや時々教師個人についてつづる天衣無縫の日記~

こんにちは。数学担当の杉山です。


GWのお休みで、子どもたちと会うのも久しぶりでした。


お休みは、私もずっと家に居て、ほぼ誰とも話さない生活で真っ白な灰になってしまうのではないかと思いました。


仕事柄、話すことは好きですので、久しぶりに会った子どもたちのちょっとした会話やちょっとした笑顔がとても新鮮でした。


早く普段の生活に戻って、会話や笑顔が増えていってほしいです。


話したい誰かがいるって しあわせだ と思った仕事はじめでした。


 こんにちは。

 「緊急事態宣言」の解除が明日にも政府のよって決定されそうです。

 他の自治体では,すでに学校の授業が再開されているところもあり,
浜松市も学校再開はもう間もなくの話ではないでしょうか。

 分散登校などの対策をしたうえでの再開となると思うので,かつての
ような普通の学校生活に戻ることはまだ先の話になりそうですが,授
業は始まっていきます。

 ただ,4月の入学と進級以来授業はほとんど進んでいないのが現状
です。
 その遅れた分をもう一度最初から丁寧に教えてくれればいいのです
が,どうもそのようにはならないような気がいたします。

 すでに2か月以上の遅れがある現段階で,年間授業カリキュラムをす
べてしっかりと教えて終わらせるのは大変困難な話です。夏休みを削
ったり,7時間授業などの声も出ていますが,それでもすべてこなしきる
のは難しいでしょう。


 それを踏まえれば,学校の授業はペースも早まるでしょうし,今までに
予習の課題を出しているところは,それで良しとしてさしたる確認もない
まま単元の授業を終わったことにするという乱暴なことも考えられるので
す。

 さて桐光はそんななかでも保護者様のご理解ご協力もあり,ほとんど
休むことなく授業を継続できてきました。生徒も塾がある日はがんばって
塾に通い勉強してくれました。

 桐光では,学校の授業がお休みの現在新学年の授業をスタートし,新
しい単元を進めています。再開すると学校の授業が復習になる状況にな
ると思います。

 桐光では学校での今後の授業の動向をしっかり確認しながら授業を進
めていきますが,大切なことはご家庭での勉強です。今までの「勉強レス」
の生活が身に沁み切ってしまっている生徒が,意欲的に勉強にのぞめる
ようになっていくだろうかという不安があります。

 こんな状況だからこそ,我々桐光の教師の腕の見せ所だと感じます。
授業だけでなく生徒の学習意欲を引き上げ,学力を確立していくのが我々
のここからの使命です。

 長いご家庭での自粛生活の中,いろいろとお子様に対するご心配ごとも
生じていることと思います。

 学習面,またはその周辺のことに関して何かご心配な点があれば,ぜひ
桐光の教師までご相談ください。



GW前にも生徒には告知をしていますが、

「化学式」や「化学反応式」の範囲を

本日、テストをします。

化学式や化学反応式を覚える“だけ”なのですが、日常では全く使わない、知らないものを「覚える」のは、なかなか骨です。ですが、1学期の期末テストではこれを覚えているかどうかで結果が大きく変わります

今だからこそ、「目標のために頑張る」練習をつけるためにテストをしていきます。

GWの結果が試されます。

「やった」か「やらないか」で結果がはっきり分かれます。

やらなかったら、追試+化学式の書き取りが待っています。

橋本

歴史の教材作成。特別時間割用。
cdc9fcd1
絵心がありませんので,何の変哲もない表紙です。
“普通”だったら,期末テストの範囲になっているであろう内容を入れてあります。


今後,どうなるのかはわかりません。
しかし,「今やらなければならない」というのは共通の認識だと思います。
今の状況を生かしてできるだけプラスになるようにしたい。
「使える時間が増えた」と考えて,授業を進める→復習・定着→進める→復習・定着→・・・と繰り返していく。

それは,漆を塗るときと同じ。塗って,乾かして,また塗って,乾かして・・・
いくつもの層を作っていく。

「記憶・暗記」の層が何層にもなるように繰り返していく。
そのための時間が増えたのだとプラスに考えて,これからの授業をして参ります。




東部中生徒保護者様へ

 こんにちは。

 来週(5月11日〈月〉~)から東部中では学年や出席番号で
登校日が異なる「分散登校」を実施するようです。

現在,桐光学院では昼と夜のA・Bクラスで実施しています。

 来週からの分散登校で,午後の時間からの学校登校となる
生徒でAクラスに所属している生徒は,分散登校で桐光の授
業開始の時間に間に合わない状況となります。

 その場合は,その日の夜のBクラスの授業(夜7:45~9:45)に
出席いただけるようお願いいたします。

 実施する授業は同じ教科,内容です。

 昨日の授業で,生徒にも伝えていますが,今一度ご確認をお願
いいたします。

 なお他中学では,今現段階では登校日は午前のみということで
すので,桐光の授業に支障はないと思います。

よろしくお願いします。

少人数クラスでの授業を再開します。

時間割は先日お知らせした内容から変更はありません。

今までの対策に加えて、机の位置の変更を行って授業を行っていきます。
http://honbu.blog.jp/archives/1077400266.html

中学生のAクラスの時間帯が午後4:00~6:00
中2生の英数の演習が午後6:00~7:30となりますのでご注意ください。

時間割


橋本

こんにちは。

緊急事態宣言は解除されていませんが,塾に対して休業要請は

出ていませんので,本日7日より授業を再開します。

以前お知らせした,以下の日程で行います。

時間割


































学校の登校日の関係で変更することも考えられます。変更が生じた場合は

ブログ,メールにてお知らせします。

保護者様

GW明けは7日より、少人数体制での授業を継続します。

中学生は,4月後半に二つのクラスに編成しなおした
同じクラスのまま,Aクラスの時間のみ以下の時間に変更し,感染予防に
配慮しながら授業を実施します。
小学生の時間割変更はありません。

・Aクラス→午後  4:00~6:00
・Bクラス→午後  7:45~9:45
 
週間スケジュールは以下の通りです。

ただ、学校の登校日などの関係でクラス変更を希望される場合はメールなどでご相談ください。
橋本がぎっくり腰のため、メールの返信は休み明けの7日になります。ご了承ください。
時間割


橋本

こんにちは。数学担当の杉山です。
私は、週の前半は笠井校で指導しています。
一緒に校舎に入っているのは、笠井校校舎長、英語担当の影山記代(のりよ)先生です。
影山先生が、英語の学習ポイントをブログに載せてくれていますので、是非お子様と一緒にご覧下さい。
影山先生は、絵がとても上手なんです。
私にはない才能を持っています。

中2・be動詞の過去形①  
http://kasai.blog.jp/archives/1077306740.html

中2・be動詞の過去形②
http://kasai.blog.jp/archives/1077306755.html

中2・be動詞の過去進行形①
http://kasai.blog.jp/archives/1077306773.html

中2・過去進行形②と接続詞①
http://kasai.blog.jp/archives/1077332716.html


中3・現在完了①
http://kasai.blog.jp/archives/1077306721.html

中3・現在完了②
http://kasai.blog.jp/archives/1077306767.html

中3・現在完了③
http://kasai.blog.jp/archives/1077306780.html

中3・現在完了・PLUS
 
http://kasai.blog.jp/archives/1077336618.html

笠井校ブログ http://kasai.blog.jp/
nori4



 こんにちは。

 休校期間が全国的に長くなり,学校でも学びを止めないためいろいろと課題
が出ています。

 桐光の各校舎の先生方に,他中学の学校の課題の状況を聞いていますが,学
校によってさまざまで課題量が多いところ,少ないところ,また復習的な課
題もあれば予習的な課題もあったり,実技の課題もあったりです


 浜松東部中の先生は,ある教科でとても工夫された手作りプリントを配布していま
す。かなり手間をかけて生徒のためにプリントを作ってくれている先生もいらっしゃい
ます。

 

 課題への生徒の取り組みは,それを「宿題」として意識しますのでとりあえ
ずこなせばいいという気持ちで取り組むと思います。それに取り組む意識のも
ち方で課題によって学力が付くかどうかは大きく違います。やっつけ仕事のよ
うに取り組んだのではたとえこなしたとしても「作業」となってしまい,それ
では学力はつきません。

 それ以上の勉強,(自主勉,受験生でしたら受験に向けた勉強)をするかど
うか,これが重要です。

 やる子はドンドン学力が付き、家庭で勉強ができない子はドンドン勉強が苦
手になっていきます。

 この2か月間やらない子はまったくやらない,少しでもやる子は学力はそこそ
こ維持されるでしょう。そして,かなりやる子は圧倒的に上位に立ちます。

 学校が再開し勉強がスタートした時は,「学力格差」がかなり生じている状態
になっていると思います。

 また,いざ勉強が学校で再開した時に,学習をしていた子はスイッチがすぐ
入りやすくダラダラと2か月過ごしていた子はなかなか身が入らないでしょう。

 「アフターコロナ」は学習面でも大きな影響を生んでいくと思われます。

 塾の休みに入る前,授業ではどのクラスにも話したことですが,もう一度心
配になったので,こうしてブログで念を押しておきます。生徒の皆さんには
くれぐれも勉強の必要性を「自覚」して家で少しでも勉強してください。
お願いします。
 

このページのトップヘ