桐光本部校 ブログ

~校舎長の相馬による,本部校と時々私個人についてつづる天衣無縫の日記~

FUTURE is NOW

ふと思いだしたことがあります。
先日,ある本部校の中3生とお話したときに,将来の夢の話題になりました。
その子ははっきりと前を見据え「ディズニーランドのキャストになります
そう私に教えてくれました。
TD

私はディズニーの世界にはまることは今のところありませんが,じつはある一人の元キャストさんが大好きで,その人の本を読んだり,たまにCDブックを車で聞いたりしていました。
その元キャストさんの名前は「香取貴信さん」といいます。
katori

現在彼は“感動創造マネジメント”という素敵なお仕事をされています。

そして数日前に,この子の夢を聞いたとき,その彼から学んだことを思い出しました。
今日その内容を書くと長くなるので割愛しますが,夢ある人間のパワーを知っているので,「キャストになりたい」と言った子のことを,本当に応援していきたいと思ったんです。

私は,自分が教えている子の「将来の夢」を尋ねるのが好きです。
教え子がどんなことを目標に生きていくのか,それを知るのは楽しいですし,自分も目標を持って頑張る必要があると,再認識させられます。

夢は近づいてきません。
でも決して逃げません。
さあみなさん,それぞれの夢(目標)に向かって,自分から一歩近づいてやりましょう!

まほろばホンブ

昨日のトコスタ「水族館キャンドル工作」
楽しかったね!

あ,でもあともう少しで今日の部が始まる時間です。
取り急ぎ,昨日の様子をご覧ください

DSC_9004DSC_8941



DSC_8956DSC_8947


8/6 ついさっき終わった1:00~の部の様子をアップします!
DSC_9046DSC_9042
DSC_9050




思い出と知識が増えるトーコー

今日と明日で,本部校では小学生が待望の「水族館キャンドル」の工作実験が実施されます!
このイベントは,かなり盛り上がること間違いなし。

何を,どんなものが作れるかって…それは内緒。
(ふふふ…)
参加してからのお楽しみ♪
といいたいところですが,少しだけお見せします。
でもこの画像がぎりぎりですよ。これ以上は見せられません

bin

楽しげな様子を写真に収められると思いますが,それは明日できたらアップします。
参加いただいたお子さんのお写真は,親御さんにメール送信させていただく予定です。

全員の撮影を必ず出来るわけではありません。ご了承ください。

なんてかわいいんだ!

夏期講習も1週間が過ぎました。
今年も多くの小学生や中学生が参加してくれていますが,特に小学生の笑顔のまぶしさにはかないません。

小さな歩幅で,カバンを少し重そうに持って歩いてくる姿,大きな車から体をおどらせて降りてくる姿を見ていると,その日の指導が本当に楽しみになります。

塾に通う彼らを見ているだけで,こんなにホッコリするのですから,ご家庭で,親御さんにとっては本当に宝もののような存在なのでしょうね。
大切に指導してあげたいと,あらためて思います。

kobetuatsu

さて,たまに「なんでトウコウは“桐光学院”っていうの?」という質問をされます。
桐光学院にはたくさんの先生がいますが,この答えを最初に知ったのは,たぶん私です。

“桐('きり)”は木の種類のひとつです。
木はいろんなものを作るのに使われていますが,特に“桐”は,大事な洋服などを長くしまっておくのに適した良質な木材なので,タンスの材料になることが多いようです。

“光”は説明はいりませんね。そこで輝いています。

もうおわかりでしょうか。
“光”は可能性に満ちて輝いているみなさん「子ども達」を意味しており,“桐”はその輝きを守っていく私達「桐光教師・あるいは桐光の校舎」を意味しています。

さあ,夏期講習も2週目のスタートです!
桐光本部校という最高の環境下で,もっともっと輝いていこう!

個別指導塾より上質な個別指導

この間,ある個別指導塾をやめて桐光に入塾した子と保護者様が言っていた言葉が印象でした。

母「前の個別塾は,人数こそ教師1人に生徒2人でしたが,隣には上級生がいたり,先生がその教科が得意じゃないこともあったんですよ。」
子「私は中3のお兄さんとかと一緒だと,ほとんど質問が出来ませんでした。」

(え?!そんなことあるの!?)
私は本当に驚きました。

桐光の教師として10年が経ちますが,うちが無料で中学生に提供している個別指導と全然違うからです。
うちの個別指導の当たり前は…

①参加者の学年が揃っている
②教科が揃っている。
③参加者の習熟度まで揃えている。→より適切な教材選びや授業進行が可能
④教科の専任教師が指導をしている。どんな質問にも正しく対応できる。

今日も夏に新たに加入した仲間達が,生き生きと稲田先生の「理科 “運動・エネルギー”」の単元を勉強していました。メンバーはたまたま仲良し同士だったみたいですが,問題演習をしている最中は,黙々と取り組めていましたね。
本部校には頑張る子が揃っている,そのことが誇らしいです。

今年の全員合格も視界良好!

ina

進んでますか?

私の密やかな楽しみは,小中学生が着ているTシャツの英語ロゴを,日本語訳することです。
英語の教師っぽいですよね。

Tシャツって,ほとんどが特に意味のないロゴなんですけど,たまに本当にその子にぴったりな,まさにちょうどその子に必要な言葉だったりするのでおもしろい。
さっき講習に来ていた中3女子,AさんのTシャツにプリントされていたのは,「GIVE」の1語。

(さて,どう解釈するか…)

やっぱり
「ちょうだい!」ですよね。

あげてもいいものを考えました。

①宿題
②自主勉に適した環境
③一緒に居残り勉強を頑張るための仲間(道連れとも言う)
④勉強を頑張る姿を撮った写真
⑤個別授業の予約カード
⑥2冊目の学調テキスト

結構ありました。
Aさん,遠慮なく受け取ってくださいね。

T

本部校 最強戦士



今年は12人の生徒が「特進コース生」として頑張っています。
今月は英語の応用力を鍛える月ですから,私の独壇場。
この時期が来るのを虎視眈々と待っていました。

去年の特進コースの合格実績はパーフェクトでした。

浜松北4名 全員合格
浜松西2名 全員合格
浜松市立3名 全員合格
浜松南1名 全員合格

今年のメンバーは,本当に鍛えがいのあるメンバーが揃っています。
キラキラの…というよりは,まだ研磨しきれていない原石。
いいじゃないですか。
燃えてきますね。
今年の東部中の上位20名は,本当に実力者が揃っています。
桐光の彼らが,最強の競争力を持って,他のライバルと戦えるかどうかは,この特進コースの成功にかかっています。

毎週の宿題で,本部校内で競わせています。
順位が悪かったら,ほかの子よりも勉強しよう。
いじけてなんかいないよね?

一人でいて,さらにひまだと,余計なことを考えてしまうのが人間。
悩むより動こう!
勝とうとするなら,がむしゃらに(勉強を)やりまくっていこう!

DSC_8863







DSC_8862


livedoor プロフィール
アクセスカウンター