2014年10月16日

ふわふわタイム

小学生の桐光生のご自宅には“誕生日カード”をお届けしています。
誕生日の1週間前ぐらいになると,その曜日の担当教師がみんなで書いてカードを作ります。
私達桐光の教師も,いろんな仕事をしていますが,このカード作りの時間が私は大好きです。
今月も本部校であと二人の小学生が誕生日を迎えます。
私達教師はみなさんの親ではないけれど,校舎で笑っているみんなの顔が大好きです。

さて,カード作りの続きに戻ろう。

14129890012750


homb at 10:14|PermalinkTrackBack(0)小学生 

2014年10月15日

テスト前日&当日の過ごし方(もう一度!)

10/8のブログにも載せましたが,本部校の生徒には,テスト前と当日に気をつけて欲しいことがあります!
というわけで,あらためて東部中,南陽中のみなさんに読んでほしい“ほんぶのオキテ”
中間テストはあらゆることに配慮して臨もう!
2



homb at 12:01|PermalinkTrackBack(0)中学生 

欧米では先生まで仮装して授業?!

たまに「日本人はキリスト教信者でもないのにクリスマスで盛り上がるのはなんでだろう」というような意見を,人から聞くことがありませんか?私は4年に1回ぐらい耳にします。

そして,このことを思うとき,必ず思い出すのが,岩本先生のこと。
ある時,岩本先生と海外旅行の話をしていたとき,モロッコに行ったことがあると聞いて驚きました。

(ん?モロッコ?)
アフリカにあることは知っていましたが,旅行先の候補には絶対に入らない国。

私「なんでモロッコに行こうと思ったのですか?」
岩「街にクリスマス色が全く無い国に行きたかったから」
(なるほど)

クリスマスも,ハロウィンも,バレンタインも,楽しそうなものは取り入れていく日本。
そんな日本,好きですけどね。
先週から校舎内を少しにぎやかにしました。
入り口も,2階も,3階も。
14130055086920




homb at 05:15|PermalinkTrackBack(0)その他 

2014年10月14日

へえ,そういう塾もあるんだね…

この間,個別指導の塾に通っている子が無料体験に来ました。
そのとき,付き添いのお母様から今通っている塾のことで,何かご不満があるのかどうか尋ねたところ…

その子どもさん「この問題わかりません」
個別塾の教師「じゃあ,飛ばして次の問題をやって」

こんなことを何ヶ月も繰り返し,わからないことを解決してもらえず,成績が落ちたそうです。
確かに1つの問題に時間をかけすぎてはいけませんから,時には飛ばすことも必要です。
でも,特に「わからない」というサインを出している子を,最後まで放置してその問題を解決せず,家に帰してはいけませんし,個別指導塾なら,その子に合った教材を準備してこそ“個別指導”といえるのではないでしょうか。

桐光の個別指導では,中途半端な個別指導はしません。
※詳しくは8/2のブログ「個別指導塾より上質な個別授業」をご覧ください。
DSC_5729


homb at 06:11|PermalinkTrackBack(0)その他 

2014年10月13日

英検データ&合否発表は…

日曜の英検を受けたみんなは,よく最後まで集中を切らさず取り組めていました。
東部中,南陽中のみなさんは,全神経を中間テストの勉強に切り替えてくださいね!

さて,気になる合格発表はいつかというと…
10/24(金)午後2時~(予定)となっています。
※3級と準2級の合格者は,2次試験(面接)を11/9(日)に行います。

全国では,そして桐光本部校では,昨年どのくらいの割合で合格したのでしょうか?
こちらがそのデータです。
eiken



homb at 14:02|PermalinkTrackBack(0)その他 

今週もう一度社会の確認テスト週間!

東部中と南陽中の中間テスト当週です。
社会はやったぶんだけ伸びる!
鈴木先生の繰り出す確認テストには、週末の中間テストで「確かな手応え」に導く力がある。
根性をみせろ!

中途半端に頑張っても変わらない。
やるからには思いきり!

最近このフレーズが私のアファーメーション。
FaceQ1410397028113


homb at 05:01|PermalinkTrackBack(0)中学生 

2014年10月12日

全力でもって合格に近づけ~!

昨日まで中間テスト勉強と並行して英検の勉強を頑張ってきました。
まだ習っていない単語や表現がたくさん出てきて,「あぁもう無理…」と何度思っても,前に進み続けましたね。
検定や高校入試は,山登りに似ています。
合格基準のようなものは存在し,それ自体は動かない。
達成したいという意志ある者が,合格という領域に一歩ずつ近づいていく以外に道は無し。

さて本部校のみなさん,1点でも多く取りにいくぞ!
眠たくても頑張ってきた意地を見せてくれ。
DSC_0058DSC_0055
14130716280780

homb at 05:20|PermalinkTrackBack(0)その他 

2014年10月11日

やり方が悪ければ効果なし

小6生には漢字特訓用のドリルが配布されていまして,昨日1回目のチェックをしました。
少し残念なことに,4人の生徒が,決められたルールでやりきれていませんでした。

でも,各自やれなかったことを自覚し,次絶対にちゃんとやれるようになればいいと思っています。
中学生になると,部活や宿題などで今以上に負担が増えます。
その時に,ただ終わらせるだけの勉強をしてしまう子と,それでもちゃんとやる子に分かれます。
本部校の塾生には“勉強よいやり方でやってこそ意味がある”ということを学んで欲しいと思います。
6kan



homb at 13:38|PermalinkTrackBack(0)その他 

英検開始まであと24時間!

テストの前に一生懸命頑張る仲間に,「悪あがきはよそう」というようなことを言う人がたまにいますが,私はそうは思いません。

これまで何年も何人もの検定結果を受け止めてきましたが,合格基準点に1点足りずに不合格だったり,また逆に基準点すれすれで合格する子もいました。
その合格と不合格とを分ける小さいようで大きな差は,いったい何なんでしょうか?

★運がよかった
★見覚えのある問題があった
運は人が左右できませんから,後者「見覚えのある問題」を極力増やすことが必要です。

基準点に1点足りなくても不合格。
これは,英検や漢検についてだけではありません。
高校入試でも同じです。
もちろん,テスト前だけ頑張って結果を出そうというのは虫が良すぎますが,最後まで点数をとろうと「あがく」ことは絶対に必要です。
今日は英検直前特訓です。
本部校の英検受験者みんなであがこう!

tinytags[1]




homb at 08:56|PermalinkTrackBack(0)その他 

2014年10月10日

小学生 オススメの英和辞典

出来るだけ楽しく、出来るだけ順調に英語の力をつけていって欲しい。私の至上の願いです。
10/1のブログに書いたことですが、辞書を引くことを習慣にできる子は、英語の力を日常生活から高めていける可能性に満ちています。

本を読むように辞書を読んで欲しい。
英和辞典は、私より英語を知っている先生かも?!
小学生のみなさんにオススメの英和辞典は、ジュニアアンカー英和辞典です。
⚫楽しくて読みやすい
⚫しかもCD付き
⚫大きすぎないサイズ
さらにガールズエディションは、デザインが抜群にカワイイし、プロフカードまで付いてますよ♪
_SY400_
_SY400_

homb at 05:27|PermalinkTrackBack(0)小学生