2014年10月24日

あと9時間後に発送します!

11月号の通信やカレンダーを発送します。
届くのは月曜あたりでしょうか。
今回大きなトピックスは,中学生の英語の時間に毎回行っている「英語テスト」について。
2学期上半期の優秀者を大発表!
全て満点という努力家もたくさんいました。

そしてこの本部校ブログの人気記事ランキングです。
見逃した記事があったら,ぜひさかのぼって見てみてください。
14140494940560



homb at 07:01|PermalinkTrackBack(0)その他 

2014年10月23日

次はアナタタチですよ!

今週末の土曜日に「特進模試」をやります。
時間…午後6:00~10:00
※本部校中3特進コース生限定

中2,中1のみなさん,来年と再来年の特進コースの候補生はあなたたちです。
中3生の内容のブログだからといって,関係無いではなく,浜松北・市立・西・南高校,また磐田南や沼津高専あたりを目指している子は,今から特進コースで厳しい戦いを始めるイメージを持ちながら,あらゆる勉強に臨んでください。
image-1



homb at 05:37|PermalinkTrackBack(0)中学生 

2014年10月22日

学習面談 受付開始しました

menndann



homb at 07:07|PermalinkTrackBack(0)中学生 | 小学生

2014年10月21日

勝者のめんたりてぃ

題名は“勝負に勝つ人が持ちうる資質(あるいは行動哲学)”とでも訳せるのでしょうか。

私たち本部校の教師は,生徒が勝者となるために必要な,勝者たる行動を日々提案(指示)しています。
そのまま生徒が同じ気持ちで実行すれば,必ず勝者になれます。
北浜校の内山先生もブログに書いていましたが,最高のコーチが最高の指導をして,プレイヤーである生徒が頑張り,保護者様が支えてくださる。
これぞ,絶対勝利の条件ですね。

今週はテストがたくさんあります。
それぞれのやるべきことは楽ではありませんが,勝つことが当たり前,満点になるまでやる,絶対に負けないという気持ちで今までやってきた多くの本部校生を信じています。
14136154465920

【勝者のメンタリティ(Mentality)】
●勝者は結果が出なかった時に自分が悪いと言い,敗者は他の何かのせいにする。
●勝者は努力して時間をつくる。敗者はいつも忙しいと言って必要なことにも手がまわらない。
●勝者は正面から取り組み,敗者は回り道をしたあげく解決出来ない。
●勝者は良いプレーによって前の失敗を償うが,敗者は「すみません」と言って同じ失敗を繰り返す。
●勝者は説明し,敗者は言い訳をする。
●勝者は実行し,敗者は約束だけをする。

homb at 05:14|PermalinkTrackBack(0)その他 

2014年10月20日

シャキーン!!

その日夜掃除をしていた時のこと、私と数学の渥美先生が同時に驚きました。

「あ! 入れる向きも折り方も全員一緒だ!」
(心に響きわたる"シャキーン!")
いろんな校舎でトコトレチェックをしていてきましたが、これは初めての体験。

挨拶、自転車の並べ方、配布物の状態など、勉強(学力)と直接関係ないようなところが大事で、そういうところに成長の一端を認めていけると思います。

トコトレという週ごとの宿題は、週前半(月火水)の授業で提出するルールがあります。
本部校の木金土を担当する私は、普段その提出には立ち会えません。
しかし先週は、月曜が台風で休講になったため、そのクラスだけ、珍しく私たちの授業日にトコトレの提出でした。

だからなに?
それほどのことなの?
そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、我々が指示をしたことであれば、出来ないといけないぐらいのことですが、この4月から折り方も特に何も言われていないはず。新しく桐光に入った子もたくさんいるし。

でも、普段のことも他の校舎のこともあまりわからないので、これが特筆すべきことではなかったら、少し、いやだいぶ恥ずかしいかも。

でも純粋に嬉しかったですよ。
みんなが自然と統一感を持てていたことに。
49-1

homb at 07:10|PermalinkTrackBack(0)その他 

2014年10月19日

焼ける 焼ける 荒野の道!

先生「相馬くんと康二郎くん、どっちが指揮者をやる方がいいと思いますか?」
生徒A「相馬くんの方がいいよ!」
生徒B「なんで?康二郎は吹奏楽部だよ?」
生徒C「絶対に康二郎の方が向いてる」
生徒D「そうそう、康二郎にしようよ!」
生徒A「いやだってさ、康二郎は歌が上手いから。」
みんな「そうか!そうだね! やっぱり指揮者は相馬くんでいいね」

ええと...
念のため補足を言わせてもらうと、私はいじめられていたわけでも、音痴(おんち)でもありません。

むしろ今は"千の風になって"なんてお得意です。
当時のみんなにも、悪気はなかったんだと思いますが、すこしだけ傷ついた記憶があります。
(僕だって歌は下手じゃないやい!)
みたいな感じで。

でも今となっては良い思い出です。
(康二郎は今も元気にしているかなぁ..)

みなさんが、どんな素敵な思い出を作れるか、実は勉強のことと同じくらい期待しているんですよ♪

ちなみに私は
中2の時「荒野の歌」
中3の時「大地讃頌」
という歌を歌いました。

どちらも歌詞が独特なのですが,今でも歌詞をほとんど覚えています。
そのぐらい練習したんですね。
思春期の情熱はすごい!
14135955254150

homb at 07:16|PermalinkTrackBack(0)その他 

2014年10月18日

「忘れる」ことを「忘れない」で

お子さんと話をしていて,あるいはお子さんが宿題をやっている時にそばにいて,例えば「(ある教科が)全然わからない」とか「すぐ忘れちゃう」という言葉をよく聞きませんか?
“忘れる”と“わからない”は表裏一体です。
忘れる前に復習するなど,何度も学ぶことで“思い出した”が生まれて“わかるようになる”が導かれます。

桐光では宿題を出していること
桐光では宿題を教師がチェックすること
桐光では確認テストが多くあること

すべて塾生の「わかった♪」につなげるためです。
でも塾生みなさんが,自分自身を見つめなおすことも必要です。

①学校の授業に集中していない。
②宿題をやるタイミングが遅い。
③勉強時間のほとんどが「書き取り」か「ノートまとめ」である。


どれかにあてはまっていませんか?
特に②について少し話します。

人の記憶は翌日までに再記憶しないと忘れるのが普通

(宿題が無い塾もある これは危険)

宿題をやるタイミングが遅いと「忘れた」が増える

忘れたことが増えると,宿題に時間がかかる

宿題に追われて他のことまでおろそかになる


この様な繰り返しからまず抜け出しましょう。

①解いた問題を覚えたかどうかセルフチェック
 ※答えを隠してテストをしてみる。これを何回かやる。
②宿題を24時間以内にやる
③英語と国語は声に出して読みながら


これだけでも,だいぶ変わりますよ!
image-1 (1)


homb at 05:09|PermalinkTrackBack(0)その他 

2014年10月17日

明日は小6漢字模試

タイトルはいったん無視して,どこよりも早い“今年の漢字”予想をします。

今年の漢字は…「涙」 

理由① アナと雪の女王がブームで感動の涙が日本中に広がった
理由② 野々村元大阪市議会議員のおもしろすぎる謝罪会見
理由③ STAP細胞をめぐる小保方さんの美しい涙
理由④ サッカーW杯で無念の敗退をした日本やブラジル,イタリアチームの涙
理由⑤ 消費税増税(5%→8%)による消費者の涙

どうでしょうか?
もし本当にそう決まったら,「予想が当たったね!」って言ってくださると嬉しいです。
snow2013

さて,明日本部校小6は“漢字模試”の日です。
日ごろしっかり取り組んできた成果を思い切り証明してください。

日時…10/18(土) 午後6:00~7:00
    ※欠席者は10/20(月) 午後6:00~7:00

全員満点!

必ずやってくれると期待しています。


homb at 12:30|PermalinkTrackBack(0)小学生 

時は来た

寝坊してないよね?
いつもより早く起きたよね?
筆記用具は持ったよね?
ズバ朝は持ったよね?
「一片の悔い無し!」と言えるほど頑張りきったよね?

じゃあ,自己最高記録を出すべく頑張ってきてくれ!
中間テストが終わったら,すぐ期末の対策を始めるよ♪
7250e1a60209b89f4232816e57159a73[1]


homb at 06:14|PermalinkTrackBack(0)中学生 

2014年10月16日

土曜 (中3全員) “統一模試”

二回目の“(中3)統一模試”が実施されます!
日時…10/18(土) 朝9時~昼12時30分
持ち物…コンパス・定規・筆記用具

夏以降にどれだけ力をつけたかの試金石です。
9月の学調,体育大会,中間テストと暇な中3生は誰もいませんでした。
そんな状況でもライバルに差をつけようと頑張ってきた子が結果を出します。
image-1



homb at 14:34|PermalinkTrackBack(0)中学生