2015年02月19日

来週から始まるサクセスロード

近隣校区の小6のみなさん,桐光学院で始まっちゃいますよ!
先んじて他の子に差をつけるチャンスがここにあります。

私は英語の担当なので,中学でならう英語のルールの中で,重要なランキングベスト3ぐらいに入る表現を教えてしまう予定です。お一人でも,仲間とでも,とにかくこの公開授業だけでも桐光で学ぶと得をするでしょう。
まじめに楽しくいきましょう!
26172830[1]



homb at 13:24|PermalinkTrackBack(0)小学生 | 中学生

だるま様 御鎮座

先週金曜の中2Sの授業終了時,F.Nさんが“イチゴ大好き”だというネタで少し盛り上がりました。
(そんなにイチゴが好きなのか…)

でも今の私の頭は中3公立受験のことでいっぱい。
F.Nさんのイチゴ…
中3公立高校受験 みんな受かって欲しい…
FNさんはイチゴが好き…
全員合格のためには…

というわけで,イチゴと合格祈願を合体させてみました。
本部校入り口の窓にはお二人のだるま様が先週末から鎮座。
手前には先日ブログでも書きましたが,中3の先輩から後輩達へのメッセージ。
現在,玄関が本部校のホットスポットです。
14238812486910


homb at 06:17|PermalinkTrackBack(0)その他 

2015年02月18日

悔しがるぐらいなら勉強する

先週の特進模試で結果を出した、ある特進コース生との最新の会話です。

相馬「なかなか(結果が)良かったぞ。」
生徒「あ!よかったぁ!最近へこんでいたんです。」
相馬「どうしたの?」
生徒「もうずっとSくんに勝てなくて...。」
相馬「2学期の期末以来か?」
生徒「はい。でも学校のIさんに言われたんです。 "悔しがっている時間だってもったいない。頑張ろうよ。"って。」

それをそばで聞いていた他の特進コースの生徒が
「Mさんありがとう。私ももっと頑張らないと。」
仲間が自分より頑張っているかどうかは、言葉や空気でもわかります。私とMさんとの会話を端で聞いて、覚悟の違いを肌で感じたこの子の変化にも期待しています。
1338569215085s
14241543150190

homb at 14:02|PermalinkTrackBack(0)中学生 

セーラー服とエイチビー

2/21(土) 午後2:30~6:30
特進模試&浜湖工名商模試 同時開催!


【 備 考 】
①制服着用(男子は学ラン・女子はセーラー服)
②筆記用具は鉛筆
③コンパス・定規持参
④竜洋校の特進コースと合同開催になります。


受験生が桐光で受ける最後の模試です。
本部校では本番の雰囲気で全力が出せるよう,本番の仕様で受けてもらいます。
しかも今回は竜洋校の特進生を招きました。
実際の入試でも,いろんな中学からライバル達が集まって戦います。
普段とは違う空気の中で結果を出して,自信をつけてもらいたい!
IMG_1610


homb at 06:31|PermalinkTrackBack(0)中学生 

2015年02月17日

オメデトウのその先へ

昨日の私立高校合格発表で,本部校は全員合格でした。
一部の中学校では不合格者が数名いるという情報も入っているので,私立入試にも“絶対”は無いのだとあらためて認識させられます。

さて,公立高校入試まで残り2週間。
「もうこれ以上は無理…」
そう思ったところから,結構頑張れるものです。
今日も覗いてみましょう。
“限界の向こう側”

もし志願変更をかける際は,大至急,学校の担任の先生に申告しましょう。
急がないと,担任の先生を困らせてしまいます。
BlogPaint



homb at 14:31|PermalinkTrackBack(0)中学生 

どうよ?どうよ?

一枚の掲示物に受験生が群がっています。
一つのテストが終わると,まめに結果を貼りだすのですが,中3生用のデータはなんとも生々しいので,みんな自分の点数がどのうなのか気になっています。
例えば,自分と同じ高校を受ける桐光全ての中3生の中で,自分が何番目に位置しているかがわかったり,まわりと比べて自分の点数がいかに低いか(あるいは高いか)を逐一確認できます。

手前みそながら,桐光学院のよいと思うところは,模試業者さんのやる大きなテストでなくても,常に他の校舎の他中のライバル達と自分の成績を比較できるように,一つ一つ我々がデータを作って見せていることだと思います。
受験当日を迎えなくても,このままだと合否がどうなりそうか,容易に予想出来るため,さらなるモチベーションにつながりますね。
1
2


homb at 07:01|PermalinkTrackBack(0)中学生 

2015年02月16日

I&愛&合い

日曜に中3生と共にやってきている朝練で感じたことです。

1.「I」(私は)やります
例えば私が他の子から受けている質問の内容や指導している声,ふと生まれてしまった小さな笑いにも,周りの子達が反応することはありません。黙々と自分の勉強に集中しています。

2.影響し「合い」ます
朝練の終了時刻から,入試講習が始まるまでの間は50分あります。友達と昼食をとるのがみんな楽しみなので,校舎内が明るくなるひとときです。でも50分間ずっとおしゃべりしている子は少なく,食べ終えた子が一人,また一人と,自ら勉強を始めます。昨日追試になった子はその復習であったり,次の英語の授業でやるテストの勉強であったり。たまに,肉まんをいつまでも食べている女子や,機関銃のようにしゃべりたい女子がいるのはご愛嬌。ちゃんと別教室でやってくれているのでOKです。

3.「愛」を感じます
ある一人の塾生(Yくん)のお弁当に驚きを感じ,その直後に並々ならぬ親御さんの愛を感じました。
その子のお弁当にはなぜか1枚のメモ紙が入っていたのです。
そして,味のあるイラストと共にこう記してありました。

「今日のお弁当のテーマは,アメリカ国防総省♪」

私「(しばし絶句した後) …国防総省ってあの通称ペンタゴンのこと?ペンタゴンの建物は五角形の形をしている…ごかくけい…ごかく…合格!そういうことか!」
それにしても,アメリカ国防総省をテーマにしたお弁当って一体…。
どうしても気になったので,写真を撮らせてもらいました。

確かに五角形…です。
とにかく,親御さんの思いを強烈に感じた私は,その日朝練でやった彼の英語テストの結果ではまずいと思い,親御さんのこの子への思いに応えるためにも…ということで,きっちり追試をするよう指示をしたのでした。
14239695812841
14239695735090
pentagon





homb at 12:02|PermalinkTrackBack(0)その他 | 中学生

第1弾 部活本の登場!

お待たせしました!
ついに部活応援プロジェクトが始動。
第1弾は【水泳】【バレーボール】【卓球】【サッカー】これら4つの競技です。

やるからには上手になりたい。
やるからにはレギュラーとして活躍したい。
そう思いますよね?

毎年,特に最後の夏の中体連の大会には応援に行きますが,勝ってチームの仲間達とわいわいしている姿を見るのはやはり最高です。まるで自分の子どもを見ているかのような心地。
昨夏私は,剣道・男女バスケ・男女卓球・女子テニス・陸上の応援に行きました。
特に,剣道は初めて試合を見たので,なんだかハマリそうになりました。
もともと宮本武蔵など[剣豪]が好きだったこともありまして。
新中3の顔ぶれを見ていると,今年は野球部あたりがおもしろそうです。

スポ少で頑張る小学生のみんなもぜひ読んでね。
バスケ・陸上・テニス・野球・吹奏楽の“部活本”は第2弾(2週間後)に登場します。
もう少し待っていてください。
14238210813880


homb at 06:31|PermalinkTrackBack(0)中学生 | 小学生

2015年02月15日

コミットメント③ ~約束(抄)~

本部中3朝練は今日も元気にコミットメントから始まりました。

「西高校を志望しています。必ず受かります。」
「英語を極めていきます!」
「入試で210点をとります!」
いろいろな前向きな言葉を聞けて,いい朝になりました。
今日は英語の抜き打ちテストや,(追加の)英作文150をやらせたかったので,プラス1アクションはなし。
コミットメント以外の時間は,テストか直しか覚えこみに集中していました。

ウワサによると,与進校でも月末に朝練をする計画があるようですが…。
与進校の朝練でもコミットメントタイムはあるのか?!
気になるところです。
DSC_0390DSC_0396
DSC_0384DSC_0400
DSC_0394DSC_0387



homb at 13:41|PermalinkTrackBack(0)中学生 

T5 本部校教務会議

先日、本部校で中3生を指導する先生が集まり会議をしました。
議題《残り3週間で中3生全員の合格のために何が出来るか?》
各中学で最新の志願者数が伝えられています。
湖南高校や湖東高校、南高校など今年度の本部校から試験者が多い高校は高倍率になってしまいました。

でも志望校はほぼ決まっており、たとえ志願者が増えようともその高校を受けるという子が多く、中学で聞いた、できれば聞きたくないリアルな情報を得ても、前に進み続けるしかない状況を理解しています。

受験生も保護者様も戦っています。
我々も戦っています。
最後に合否を分かつのはほんの数点の差。

特に英語と数学は、新しいことを出来るようにするのは重要ですが、出来る問題をいかにミスなく出来るかということはもっと大事です。
チャレンジする問題とやらない問題とを取捨選択する、問題との戦いだけじゃない、時間と戦うことも必要だという考えも伝えていきます。

この時期の理科と社会は、勉強量、いや解いた問題量が全てです。だから、どうあがいてもやりきれないほどの教材を渡しています。それでもやりきってくる子はいるでしょう。
そこから合格が生まれてきます。
BlogPaint


homb at 06:15|PermalinkTrackBack(0)中学生