2014年09月23日

祝日勉強会②午後

午後も怒濤の演習タイム!
各クラスに設定した目標を達成すべく、溜まりつつある疲労と、追いかけてくる睡魔を無視して、勉強に専心しています。
27-1

homb at 23:20|PermalinkTrackBack(0)中学生 

祝日勉強会②午前

中3生は10:00から奮闘しました!
今日は今月二回目の『祝日勉強会(6時間特訓)』で、全員がお昼ごはんを持参してやる気マンマンです♪
午前中は国数など思考型、午後は理社英など暗記系を中心にあるいはその逆のパターンで取り組みます。
脳は、同じようなことを繰り返していると飽きて効率が下がります。
脳科学も考慮した本部校の特訓!
14114391649292-1

homb at 22:56|PermalinkTrackBack(0)中学生 

中3B 社会[公民]テスト

本部校中3はみんな頑張りますが,特にBクラスの頑張りは特筆もの!
英語の毎回のアップテストもよく頑張ってくれていますし,学調テキストの進度もまずまず。
今日は「社会[公民]テスト」ですね。
(※昨日はSクラスとAクラスで実施)
中間テストも期末テストもテスト,テスト,テストで仕上げていきますよ。
なぜなら…

~人は試されるたびに強くなる~

誰の言葉でしょう?
私の言葉です。
さて,社会担当の鈴木先生と共に,このテストの結果を楽しみにしています。
FaceQ1410397028113


homb at 08:10|PermalinkTrackBack(0)中学生 

今日までに100ページ以上頑張って,それから中間テストに全力集中するぞプロジェクト

長いタイトルを読んでいただき,ありがとうございます。
静岡県の公立高校入試は,内申点が各高校のボーダーラインに足りないと,合格率が極端に下がるシステムです。その内申点に大きな影響を与える中間テストまで,東部中・南陽中はあと3週間,丸塚中は2週間です。

私は今月(9月)の始まりから,一つのことを意識させて本部校の中3生を引っ張ってきました。
それは“学調テキストパート2を徹底的に進めて,基礎学力をつけておく。そして,中間テスト2週間前になったら,そのテスト範囲に全力で時間を注いでいこう”ということ。
体育大会前まで本当に心身ともにきつかったと思いますが,よく頑張ってきました。
ここまでは計画通りです。

さて,ここからは新たなミッションを始めよう!

①基礎問・学習ノートなど,学校のサブ教材を早期に仕上げる
②英語…私(相馬)が用意する“ここから出題される英語本文セレクション”を暗記する
③理社数…桐光の授業内で計4回行う「確認テスト」で全て満点をとる。
④桐光秘伝“ズバトコ”を徹底的に仕上げる

中3生の2学期には,自分の運命を切り開くチャンスがあります。

Story-wallpaper-10189726



homb at 06:04|PermalinkTrackBack(0)中学生 

2014年09月22日

特講(中1・中2)社会 開催日!

今日は吉田健人(けんと)先生による「社会」特講です。
中1は「奈良時代(歴史)」中2は「江戸時代(歴史)」の講義!

特に中2の江戸時代は,歴史の中でもとっても重要な時代のひとつです。
学調や入試でもマークしておくべき時代ですし,三大改革の詳細や文化のところは難しくて有名です。
この授業に参加して,ライバルや学校のお友達と差をつけてしまいましょう!
中間テストまであと1ヵ月を切りました。
本部校の塾生たち,GoGoGo
FaceQ1410397803783

homb at 14:14|PermalinkTrackBack(0)中学生 

体育大会webアルバム完成

桐光学院ホームページ( http://tokogakuin.com/ )の「TOKOギャラリー」に,体育大会のwebアルバムを設置しました。
昨日メールにて“パスワード”をお伝えしましたので,そちらのパスワードを入力することでギャラリーに入って写真を閲覧することが出来ます。なお,そのメールが届いていないようでしたら,すぐにお知らせください。

連日,本部校のPC周辺に塾生達が人だかりを作って見ています。これで,ご自宅でゆっくり見られますね。お待たせしました。

なお,全力で撮影に臨みましたが,全ての塾生を撮れていない可能性がございますし,塾生によって載っている枚数が違います。その点につきましては,どうぞご理解ください。
pdf



homb at 05:41|PermalinkTrackBack(0)中学生 

2014年09月21日

隠れ家ごはん(No.1)

私の隠れ家を紹介するコーナーです。
記念すべき第1回はここしかありません。
ランチを食べにいくと幸せになるこのお店。
「来留芽」(磐田市竜洋)

この間いただいたAランチは、モロヘイヤの天ぷらと白身魚のハムカツです。
ランチメニューの一部はシェフの気まぐれで決まるので、二度と出会えない創作メニューの時もあります。
実際、このAランチメニューには、月3回のペースで長年通いつめている私が初めて出会いました。

来留芽は私が生まれる前からあるかもしれない竜洋の老舗ですが、大人になるまで行ったことがありませんでした。
職場にも人生にも、自分の「居場所」があるといつも安心して生きていけますよね。
ちなみに、与進校校舎長の富田先生とも一緒に食事したことがあり、彼もこの来留芽の大ファンになっちゃったんですよ。
富田先生が書く与進校ブログはこちら→ http://yoshin.blog.jp/

休日ここで過ごす昼が私のホッとタイム♪
14105777165980


人を心から応援出来る素晴らしさ

先日の東部中の体育大会で感じたこと

応援団の優勝がどこかに決まることを知っていたので、個人的に予想を立てていました。
黄団の応援が一番印象的かな」
今回の私の気持ち(&予想)はこうでした。

なぜ黄団の応援が好きだったか?
どの団も、おそらく浜松市内の中学校でも屈指の素晴らしい応援合戦でした。みんな楽しんでいたし、明るかったし、その姿がまぶしかった。
私が特に感動したのは、ソーランの時です。

各団がソーランを披露する前に、他の団が応援をしてくれるのですが、黄団のその応援は、見ている私達にまでビシビシ伝わってくるものでした。
仲間が好き、応援が好き、リーダー(団長&副団長)が好き、いろんな温かな元気が込もっていました。

自分の声がつぶれても、へとへとに疲れていても、仲間を全力で支えたこの気持ちを、みんなこれからもずっと忘れないで欲しいです。
DSC_9423 - コピー
IMG_6659 - コピー
DSC_9524 - コピー


homb at 06:25|PermalinkTrackBack(0)その他 

2014年09月20日

黒山の塾生だかり

昨日各中学校で体育大会があり、撮った写真は本部に帰ってすぐ写真の編集をして、本部校のPCでスライドショーにして昨日のうちに流し始めました。

それを見つけたみんなが集まってきて、後ろで見ている子にはパソコンのディスプレイが全く見えないほどの人だかりになりました。
中学生だけでなく、小学生も興味があるようで、知っている上級生を見つけては楽しんでいる様子。

昨日あまり見られなかった子は今日見てね♪
でも今日も塾生たちで溢れかえっちゃうかも?!
14111977227931

homb at 14:13|PermalinkTrackBack(0)その他 

なぜ入試の英語には..

私は過去に「入試英語」についてある疑問を持ったことがあります。それは「英語のテストにリスニング(放送聞き取り)の問題があるのはなぜだろう?」という疑問でした。
英検でもTOEICでも当然聞き取り問題は何割かあるので疑問を持つ必要が無いと言えば無いのですが。

静岡県公立高校入試の英語は、あらかじめ配点がわかっており、リスニング問題は50点満点中14点を占めます。実に3割程度がリスニングということ。

私がそもそもなぜ疑問を持ったかと言えば「学校の英語の授業を3年間経験しても、英語耳(聞き取る力)は育たない。それなのになぜ3割も(その育たない部分を)出題するのだろう?」という気持ちがあったからです。

誤解を招きたくないのですが、私はリスニングの出題に反対しているわけではありません。単になぜだろう?と思ったのです。14点という配点は合否を左右するほどの配点だと思いませんか?

9/14の記事でも書きましたが、私は疑問を必ず解決したいタイプです。そして最終的に、このことにも答えを得ることが出来ました。

しかし今回も情報の出どころはここに書けません。
何か問題があってはいけないのでf(^^;

某教育関連組織のある人が、こう私に答えてくれました。
「確かに学校教育でリスニング力を高めきれていないのは認めます。そのことは今後の課題ですが、それでも英語のテストにリスニング問題があるのには二つ理由があるとお考えください。
一つめは、英語は学問である前に"言葉"であるということ。会話につながる聞き取りの力を評価したいということ。
二つ目は、これは私(情報提供者)の私見が混ざりますが、他の教科はほとんどが暗記力をかなり求められます。英語も例外ではありませんが、リスニングは単語をひたすらたくさん読み書き出来れば大丈夫というわけでもありません。またその一方で、暗記が苦手な子でも聞き取る力はある。そういう能力を持つ子もいます。その子の可能性を評価したいということです。」

ふむふむ。
スッキリ!とまではいきませんでしたが、少し納得出来ました。学校と塾、ともに連携してリスニングへの対応力を高めていく必要がありますね。

私はリスニング指導にこだわりがあります。
担当する受験生達が1点でも多くリスニングでも点数を積み重ねられるよう、工夫していきたいとそのとき誓いました。

NHK基礎英語2は、受験生におすすめです♪
語彙の量は増え、リスニング強化も狙える!
09115092012

homb at 06:16|PermalinkTrackBack(0)中学生