2014年12月22日

わたしたちが先生です②

昨日のブログで3人の本部校の教師を紹介しました。
今日はもう3人の番です。
ついに本部校の紅一点,桐下先生の登場♪
個性派が揃う本部校の教師陣だと思われがちですが,人は誰しもそれぞれが個性のかたまり。
“ふつうの人”なんていないのかもしれませんね。
教師も生徒も,自分らしさを出しながら頑張れる,お互い本音が話せるような,そんな校舎にしていきたいです。

①渥美先生
担当教科は数学です。大きな声と大きなおなかが特徴です。
生徒への“思い”の強さは破格で,その迫力に押されそうになる子もいるかもしれませんが,じつは見た目と違って優しい先生です。中学生に個別授業の希望をとると「数学をやりたい」と言う子が一番多いのもうなずけます。

②桐下先生
担当教科は英語です。不定期で指導に入ることがあるので,まだ指導を受けたことが無い生徒は多いと思います。“英語が苦手”という子をなんとかしてあげたいという気持ちの強い先生で,その気持ちから生まれる丁寧な説明が好評です。

③影山先生
担当教科は理科と国語です。大きな声とスリムなボディが特徴です。
経験から語られる全ての言葉に説得力があります。いろんな意味で人を“驚かす”ことが好きなので,授業中も気が抜けませんよ。
image-1
image-5
image-2




homb at 16:25|PermalinkTrackBack(0)その他 

そうじ職人がいる 桐光

黒板
黒板消し
黒板消しクリーナー
出窓の木の部分
手すり
トイレ
洗面台

ドアのぶ
机一つ一つ
パンフレットケース
階段
花のプランター
くつ箱
玄関まわり
駐車場
周囲300m 近隣の道路

これらはわたし達教師が毎日励行しいる掃除箇所ですが,窓やエアコンの内部,廊下のワックスがけなどは専門の知識や経験が必要です。
だからそれは〇スキンさんにお願いして…
というのが普通の会社だと思いますが,桐光にはお掃除専門の別働隊があり,校舎の隅々まで完ぺきに仕上げています。
その別働隊こそ“おそうじ屋 桐光”
そのまんまのネーミングですが,わかりやすいですよね。
今日も担当のゆうやさんが本部校の窓を1枚ずつ外して,きれいにしてくれました。
42
34



homb at 12:04|PermalinkTrackBack(0)その他 

合格するTOKO

本部校の階段をあがると,すぐ目に付くのは「高校紹介」です。
塾にはいろんな塾がありますが,桐光学院のポリシーは“面倒見主義で,全員を志望校に導くこと”です。
合格者の数だけを誇ることはしません。

あらゆる生徒の進学への興味を満たせるよう,浜松・磐田地区のほとんどの高校の情報が本部校でも得られます。初めて校舎に入る保護者様や中学生の多くがここで足を止めて見ています。
もちろん,掲示してあるのはパンフレットだけではありません。
驚くようなデータも校舎には貼ってあったりします。
(ちょっと内緒にしたくなるような情報も…)

中3の進路面談が今佳境に入っています。
中1・中2の面談も年明けから募集していきます。

中3の3月に,受験できる公立高校は1つだけです。
いつ,その高校を意識できるか?
もう勝負は始まっています。
52 (1)

DSC_0263


homb at 06:04|PermalinkTrackBack(0)その他 

2014年12月21日

わたしたちが先生です①

講習が始まると活気がでる!
子どもに元気をもらう大人はたくさんいると思いますが,私達本部校の教師は,いや桐光学院すべての教師は,子ども達に元気を注入できる教師です。
本部校で熱弁をふるう教師を紹介します。

鈴木先生
担当教科は社会と国語です。ちりちりの天然パーマが特徴で,一度会ったら忘れられないインパクトがあります。コーヒー,読書,教材研究と,インドア知的な先生です。

②私(相馬)
担当教科は英語です。ブログのトップページにもいろいろ紹介を書いていますし,このブログをいろいろ見ていただければ,私の考えや感性は伝わるかもしれません。どうぞよろしく。

稲田先生
担当教科は理科です。知識が豊富で,生徒がイメージしやすいたとえなどを駆使して難単元もバッサリ解説。金曜日の担当なので,特に中3生にはおなじみですね。
image-4
image-6
image-3
残り3人の先生の紹介はまた後日(明日?)
お楽しみに♪



homb at 15:15|PermalinkTrackBack(0)その他 

習慣がつくTOKO

10/18のブログをまず見ていただきたいのですが,よろしいでしょうか。

ありがとうございます。
伝えたいことの多くが,10/18のブログに書いてありますが,今日はそれにちなんでもうひとつ。
単に宿題をやればいいというわけではありません。
親御さんも「家では学校宿題しかやっていない」とか,ご不満を持たれたことがあるでしょう。でも学校の宿題に限らず,どんな勉強でも,やり方が悪ければ結果はそう変わりません。
じゃあ,どうやってやればいいか?塾に通っていなかったり,塾でそれを教えてくれなかったりしますから,お子さんのせいには出来ない事情もあるかもしれません。

本部校では,シューイチ(1週間ごと)の宿題,通称“トコトレ”に関して,毎週どの子のやり方が良いか紹介しています。この紹介に選ばれるのはクラスで一人だけですから,結構栄誉なことですね。
ただ最近は,みんなのやり方のレベルが上がってきているので,誰のトコトレを選ぶかとか,とりわけどこが優れているかを見つけるのが大変になってきました。
嬉しい悲鳴というものでしょうか。

「桐光ってどんな塾?」
こう答えましょう。
「頑張る子は良い学習習慣が身につき,清潔感のある,快適な環境のあるところ」
BlogPaint


homb at 12:09|PermalinkTrackBack(0)その他 

キレイにするWATASHI

私達は子ども達と密接に関わり合う仕事をしています。生徒たち同士も教室の中で,互いに関わり合っています。
昨日のブログでも書きましたが,出来るだけみなさんには健康で元気に通ってもらいたい。

そこで
もうプラス1をすることにしました。

私が教室いる。
私が教室を歩くと,まわりの空気が少しがきれいになるそうです。
(すごーい)
空間除菌です。
そういうアイテムだそうです。
昨日のブログでも書いたように、毎日ドーパーパストリーゼで除菌もしています。
加えて、教室は適切な暖かさや湿度になるように温度調節もしています。

「桐光って,どんな塾?」
こう答えましょう。
「頑張る子が多くて,清潔で,快適な学習環境があるんだよ」
42

41


homb at 06:01|PermalinkTrackBack(0)その他 

2014年12月20日

“いつもと違う”は,“いつもより良い”

昨日から講習が始まった関係で,全ての学年クラスの教室に新しい仲間が加わりました。
子供たちにとって,普段共に頑張る友達とその日も出会えるのは嬉しいはすですが,講習で生まれる"新しい空気"には,いつもなら感じ得ない刺激があるはず。
それは講習で来てくれている子も同じですね。
私たち教師も同じです。
気持ちを新たに,指導していきます!
51 (4)51 (2)
51 (3)51 (1)
(最後の画像の人は...先生?)

そうです♪
桐下先生です。
本部校はベテランで骨太な教師ばかりなので,ヤングティーチャーはすでに一部の生徒たちから注目の的。
でもまだ会ったことがない塾生が多いはず。
講習期間中に指導を受けるチャンスはあるかな?!

homb at 14:07|PermalinkTrackBack(0)小学生 | 中学生

漢検小学生 申込期限 今日まで

です。
「漢検を受けたい」
「小学生の妹(弟)を受けさせようかな」

そう思っていらっしゃいましたら、恐縮ですが本部校か本部事務局にお越しください。
今日夜までで締め切ってしまいます。

必要なものは2つです。
"受検料"と"申込用紙(記入済)"です。
念のため、お越しになる前に、一度お電話をいただく方がよいかもしれません。
講習期間中ですので、校舎に教師が不在という場合もありうるためです。


本部事務局 053-464-3313
本部校 053-464-3377

homb at 12:06|PermalinkTrackBack(0)小学生 

清潔なTOKO

私,相馬(そうま)は,じつは“手洗い”が大好きです。
少し冷たい水を感じて,できれば泡タイプのハンドソープでわしゃわしゃして,最後にまた少し冷たい水で泡を洗い流した時の感じがたまりません。洗い終えた後の自分の手を3秒ほど眺めるのがクセになっています。
自分の手だけきれいでいいのか?
いえいえ,我が本部校に通う子ども達のために,昨日からプラス1の行動を始めています。
じゃじゃーん!
ドーバーパストリーゼです。
除菌効果と安全性の両方を兼ね揃えた知る人ぞ知る良品!
生徒達が触りそうなところ,体がどうしてもあたる場所,われわれ教師が使いすぎている黒板消しクリーナーや電話の受話器,生徒たちが使う机のひとつひとつ…and so on.
数え上げたらきりがありませんが,小学生をお迎えする時間の前までに,徹底的に除菌していきます。
「桐光ってどんな塾?」
こう答えましょう。
「頑張る生徒が多くて,清潔な塾だよ」
43


15-1

homb at 06:06|PermalinkTrackBack(0)その他 

2014年12月19日

クリスマス工作な一日④

昨日の工作メンバーは,いわば職人さんのようでした。
作品に向き合うまなざし,気持ち,完成度…すべてにおいて完ぺき。
無言で真剣でした。
工作の後にそのまま勉強タイムに移行しましたが,こちらも同じように集中モードでした。
本部校の生徒たちは,全てのことに一生懸命で素晴らしい!
DSC_0257DSC_0256
DSC_0255DSC_0258
DSC_0260DSC_0259







homb at 15:31|PermalinkTrackBack(0)小学生