2014年11月07日

稲田先生の金曜(理科)特訓は期末の前も猛烈

桐光中3生の中間テスト,理科は5教科の中で最も高い得点率でした。
9月初旬から「特講」を始め,直前まで「大演習」の時間を十分にとってきました。
週前半で影山先生の授業,金曜日は稲田先生の理科特訓ということで,覚えたことを徹底的にインプットすることに成功して最大の成果に結びつきました。

期末は国語にかなりの注力をしていきますが,今日は!理科です。
200問ぐらい解いちゃいますか?
500問にする?
桐光にストックしてある問題がなくなってしまうほど頑張っていきましょう♪
FaceQ1410397371561


homb at 14:06|PermalinkTrackBack(0)中学生 

私は毎日読んでますよ♪

ありがとうございます!
ありがとうございます!

ある保護者様の言葉に勇気をいただきました。
普段は私たちが生徒にパワーを与えるべく黒板の前に立っていますが,昨晩はいただきました。

そして同時に,言葉の持つ影響について考えさせられました。
私たち教師,保護者様,塾生,お互いが味方。
お互いに笑顔でいられるように,言葉を生業にしている私たちの言葉を,今一度見つめ直します。
ia13

homb at 05:23|PermalinkTrackBack(0)その他 

2014年11月06日

桐光全体がすごい

中3秋期確認テストの結果が毎回事務所(職員室)に貼りだされるのですが,今年度の中3生の得点は本当に高いものです。私は10年間桐光で指導していますが,今年の中3生が一番得点を取れています。これは,単に学力が高いというものではなく,頑張る子が多いということだと思います。もっと言えば,「桐光で思い切り頑張ることは当たり前」という姿勢が完全に根付いていることを証明しているのではないでしょうか。

桐光ってどんな塾?
この質問にいつもどう答えるのがいいか考えることがたまにあります。
今言えることは「どこよりも頑張るのが当たり前で,頑張った子がみんな結果を出す塾」でしょう。



homb at 12:07|PermalinkTrackBack(0)中学生 

2014年11月05日

私の目と目の間を見てください

謎めいた女性にそう言われたので,ありったけの目力(めぢから)を湛えてキッと見てやりました。

女性「はいわかりました」
(もういいの?!)

この間,私からインスピレーションを受け取ったアーティストさんが,その私のインスピレーションに合った字を書いてくれるというスピリチュアルな体験をしてきました。

私に与えられた言葉はこちら。
sma

1行目からして "皆と違っていい..."
(やはり私は,普通の人と違う独特な空気を纏っているのでしょうか)

要は自分を信じきれ!
ということですね。

人生は一度きり。
今という瞬間に真剣であれ!
ということですね。

homb at 07:06|PermalinkTrackBack(0)その他 

2014年11月04日

14人が合格♪

少し遅くなりましたが,先日,英検の合格証書が届きました。
本部校で受けた子のうち,4級と5級の合格者は14名です。
中1・中2も中間テストの前にも関わらず,英検用の宿題を追加してやったり,授業後や土曜日に授業を受けたり頑張ってきましたね。
中3で3級以上が取れるよう,着実に英語の力を伸ばしていこう!

3級と準2級は二次試験があるので,合格を喜ぶのはもう少し先になります。

中3は昨日「国語特訓」でしたね。
期末は“桐光の塾生が今回の国語すごい!”と話題になるように仕上げていきましょう。
ssh



homb at 06:20|PermalinkTrackBack(0)中学生 

2014年11月03日

3週連続で

中1中2は3週連続で理社確認テストon Mondaysです!
この間の面談で,ある塾生がこう言いました。
「なぜ中学生はテストが多いんですか?」

さて,あなたが先生ならなんと答えるでしょう?

大きな理由が二つあると思います。
①テストの度に勉強量が増える
②ちゃんと覚えているか確認できる

個別塾や家庭教師をやめて桐光に来てくれる子の保護者様と話をすると,「確かにテストは(前の塾で)ほとんど無いか,あっても結果がどうあれ何も言われませんね」
そういう話題になります。

まじめにテストに取り組むと,本当にしっかり頭に入りますし,不合格になると自分の取り組みの甘さにも気づきます。

少し前に,我々教師もテストを受けました。
期末テストのような学力試験ではありませんでしたが,結果が思いの外良くなかった先生には,もう一度試験を受けてもらいました。

生徒だけに頑張らせるのでなく,私たちも高みを目指して研鑽を重ねていきます。

テストまであと3週間,いろんなテストや追試や宿題を通じて,自分のために,出来ることのハードルを上げて頑張っていきましょう。

常に,共に。

homb at 08:37|PermalinkTrackBack(0)中学生 

2014年11月02日

このままでは終われないKOKUGO

次に結果が出なかったら…やばい。
何度となく,塾生のみなさんも自分に言い聞かせてきたと思いますが,本当に真の意味での勝負のときが来ました。中間テスト前も頑張ってきましたが,次の期末テストの結果は中3生にとってあまりに重要です。

★観点別評価でオールAじゃないと「5」はもらえない。
★評価は「絶対評価」※平均点とは無関係で,素点で成績が決まる。

だとすると,中間テストで失敗した教科は,次に満点を狙いにいくというぐらいの行動が必要です。

本部校中3の全体的な課題は「国語」と「社会」
中間テストに比べて“中3国語の対策時間は2倍以上”にします。

明日は鈴木先生と影山先生の“国語特訓”の日
tomo

そして実は,明日は私の誕生日でもあります。



homb at 06:04|PermalinkTrackBack(0)中学生 

2014年11月01日

期末テスト対策日程 こちらです

期末テストまで残り2週間と5日です。
中3生は内申点のために頑張れるタイムリミットだと思ってください。
期末テストが終わったら,どんなに志望校に行きたい気持ちが強くても,その気持ちを通信簿の点数アップに結びつける機会はもうありません。

これから出る結果は,誰にだって変えられる!
まず自分を変えて,今までの自分を超えていこう。
image-1



homb at 06:14|PermalinkTrackBack(0)中学生 

2014年10月31日

そしてこっちはぶっちぎりで勝利!

昨日は悔しいブログの内容でしたが,今日はキラキラした内容です。
小6「漢字コンクール(第二回)」で本部校の小6生が2連覇を達成しました!
やった~~!

結果だけ見れば圧倒的な差で勝利しましたが,それほど平坦な道ではありませんでした。
漢字ドリルのやり方が悪くて叱り,漢字模試の日は,ちゃんと勉強して臨んだ子が少なくて叱りました。

今の本部校の小6生は授業はしっかり聞けるし,どんなに楽しい雰囲気でも号令ひとつでピシッと勉強モードに戻れる自慢の生徒達ですから,私が「叱る」というのは,ここしばらくあまり無かったことだと思います。

彼らはもうすぐ中学生になります。
中学の勉強は,特に勉強をしなくても良い成績をとれるほど甘くはありません。
テスト範囲が広いので,桐光の先生や学校の先生が言うような方法できっちり勉強し,頑張ったことに満足するのではなく,結果が出せるほど「仕上げてくる」ことが重要,そういうことを本部校の小6にも話をしてきました。

日々桐光に通う中で,どんどん中学生らしくなってほしい。
そう思っています。

今回も桐光ナンバーワン,みんなおめでとう!
no1[1]


homb at 05:40|PermalinkTrackBack(0)小学生 

2014年10月30日

負けました!やはり悔しいですね!

北浜校に僅差で負けました。
中3「秋期確認テスト②」の結果がそろい,我が本部校中3生は2位。

敗因は私。
全員の気持ちをもう少し高め,プラス1の行動を起こせなかったこと。
前回よりも平均点は上げましたし,不合格者はだいぶ減りました。
でもまだ全員合格ではありません。
全員合格できる日まで,私はみなさんを鼓舞し続けていきます。

今週末またあります。
秋期テスト3回目が。
みんなで勝てるって楽しいではありませんか!
頑張った先にある光に向かってGO!
SD



homb at 06:10|PermalinkTrackBack(0)中学生