桐光本部校 ブログ

~校舎長の相馬による,本部校と時々私個人についてつづる天衣無縫の日記~

英語をただ聞き流す,浴び続けるだけで成果が出る!
スピードラーニング!

「こんな楽に英語で結果が出たらいいなぁ」
「石川遼くんのようにかっこよくなりたいなぁ」

そんなこと思ったことがある子いませんか?

私も夢の中で,私の“英語が得意な脳細胞”を教え子達に少しづつ分け与えて,英語が苦手な彼らの頭にその情報をインストールして,期末テストで桐光の塾生が全員47~49点を取るという夢を見たことがあります。
そのぐらい「なんとか点数を取ってほしい!」という気持ちがあるんですね。
夢に見るほど!

さて,いくらサクセスストーリーの夢を見ようと,実際には桐光生の点数は上がりません。
というわけで,日曜日ではありますが,これは素晴らしき勉強日和です。
明日は中3クラス別テスト対策授業をやりますよ!

Bクラス…午後4:00~6:00
Aクラス…午後6:00~8:00
Sクラス…午後8:00~10:00


ts

中3生は夏以降,3回目の模試です。
時間…朝9:00~12:45

特進コースの生徒は,特進模試を含めると6回目の模試ですね。
このブログでも「テストの度に勉強量が増えて,学力が伸びる」ということを,様々な表現で折に触れて発信してきました。
みなさんはテストでわかることを,毎回自分の中に吸収していますか?

★勉強不足だったな…
★ある教科のある単元のところが全然取れていないな…
★リスニング難しかったな…
★目標を強く意識してこなかったな…
★学調テキストとほぼ同じ問題なのに間違えちゃたな…
★他の子より頑張っただけあって,少し偏差値が上がったな!
★苦手だったあの教科が一番良かったな!
★先生が言っていたあの勉強法をやったら,なんだか少し成績上がったな!

などなど,いいことも改善すべきことも,いろいろわかるのが模試やテストです。
反省するのはその日だけ。
そんなことは無いですよね?

テスト範囲が広いといってあきらめないでください。
本部校のみなさんは,決められたことを徹底的に覚えきることに長けています。
明日は朝6時には起きて,脳をフル回転させて自己ベストをとろう!
もし

桐光中3生の中間テスト,理科は5教科の中で最も高い得点率でした。
9月初旬から「特講」を始め,直前まで「大演習」の時間を十分にとってきました。
週前半で影山先生の授業,金曜日は稲田先生の理科特訓ということで,覚えたことを徹底的にインプットすることに成功して最大の成果に結びつきました。

期末は国語にかなりの注力をしていきますが,今日は!理科です。
200問ぐらい解いちゃいますか?
500問にする?
桐光にストックしてある問題がなくなってしまうほど頑張っていきましょう♪
FaceQ1410397371561

ありがとうございます!
ありがとうございます!

ある保護者様の言葉に勇気をいただきました。
普段は私たちが生徒にパワーを与えるべく黒板の前に立っていますが,昨晩はいただきました。

そして同時に,言葉の持つ影響について考えさせられました。
私たち教師,保護者様,塾生,お互いが味方。
お互いに笑顔でいられるように,言葉を生業にしている私たちの言葉を,今一度見つめ直します。
ia13

中3秋期確認テストの結果が毎回事務所(職員室)に貼りだされるのですが,今年度の中3生の得点は本当に高いものです。私は10年間桐光で指導していますが,今年の中3生が一番得点を取れています。これは,単に学力が高いというものではなく,頑張る子が多いということだと思います。もっと言えば,「桐光で思い切り頑張ることは当たり前」という姿勢が完全に根付いていることを証明しているのではないでしょうか。

桐光ってどんな塾?
この質問にいつもどう答えるのがいいか考えることがたまにあります。
今言えることは「どこよりも頑張るのが当たり前で,頑張った子がみんな結果を出す塾」でしょう。

謎めいた女性にそう言われたので,ありったけの目力(めぢから)を湛えてキッと見てやりました。

女性「はいわかりました」
(もういいの?!)

この間,私からインスピレーションを受け取ったアーティストさんが,その私のインスピレーションに合った字を書いてくれるというスピリチュアルな体験をしてきました。

私に与えられた言葉はこちら。
sma

1行目からして "皆と違っていい..."
(やはり私は,普通の人と違う独特な空気を纏っているのでしょうか)

要は自分を信じきれ!
ということですね。

人生は一度きり。
今という瞬間に真剣であれ!
ということですね。

少し遅くなりましたが,先日,英検の合格証書が届きました。
本部校で受けた子のうち,4級と5級の合格者は14名です。
中1・中2も中間テストの前にも関わらず,英検用の宿題を追加してやったり,授業後や土曜日に授業を受けたり頑張ってきましたね。
中3で3級以上が取れるよう,着実に英語の力を伸ばしていこう!

3級と準2級は二次試験があるので,合格を喜ぶのはもう少し先になります。

中3は昨日「国語特訓」でしたね。
期末は“桐光の塾生が今回の国語すごい!”と話題になるように仕上げていきましょう。
ssh

中1中2は3週連続で理社確認テストon Mondaysです!
この間の面談で,ある塾生がこう言いました。
「なぜ中学生はテストが多いんですか?」

さて,あなたが先生ならなんと答えるでしょう?

大きな理由が二つあると思います。
①テストの度に勉強量が増える
②ちゃんと覚えているか確認できる

個別塾や家庭教師をやめて桐光に来てくれる子の保護者様と話をすると,「確かにテストは(前の塾で)ほとんど無いか,あっても結果がどうあれ何も言われませんね」
そういう話題になります。

まじめにテストに取り組むと,本当にしっかり頭に入りますし,不合格になると自分の取り組みの甘さにも気づきます。

少し前に,我々教師もテストを受けました。
期末テストのような学力試験ではありませんでしたが,結果が思いの外良くなかった先生には,もう一度試験を受けてもらいました。

生徒だけに頑張らせるのでなく,私たちも高みを目指して研鑽を重ねていきます。

テストまであと3週間,いろんなテストや追試や宿題を通じて,自分のために,出来ることのハードルを上げて頑張っていきましょう。

常に,共に。

次に結果が出なかったら…やばい。
何度となく,塾生のみなさんも自分に言い聞かせてきたと思いますが,本当に真の意味での勝負のときが来ました。中間テスト前も頑張ってきましたが,次の期末テストの結果は中3生にとってあまりに重要です。

★観点別評価でオールAじゃないと「5」はもらえない。
★評価は「絶対評価」※平均点とは無関係で,素点で成績が決まる。

だとすると,中間テストで失敗した教科は,次に満点を狙いにいくというぐらいの行動が必要です。

本部校中3の全体的な課題は「国語」と「社会」
中間テストに比べて“中3国語の対策時間は2倍以上”にします。

明日は鈴木先生と影山先生の“国語特訓”の日
tomo

そして実は,明日は私の誕生日でもあります。

期末テストまで残り2週間と5日です。
中3生は内申点のために頑張れるタイムリミットだと思ってください。
期末テストが終わったら,どんなに志望校に行きたい気持ちが強くても,その気持ちを通信簿の点数アップに結びつける機会はもうありません。

これから出る結果は,誰にだって変えられる!
まず自分を変えて,今までの自分を超えていこう。
image-1

このページのトップヘ