2018年08月08日

塗り絵勉強法(大田)

以前に竜洋校ブログに書いた話 → http://ryuyo.blog.jp/archives/1070677800.html

夏期講習前にお勧めして,本部校で現在実施している中3生がいます。勉強名は「塗り絵勉強法」
c5d0a861
1年間で3000時間勉強して京都大学に合格した人の勉強法。
勉強時間の確保,視覚化のための手法。

① 15分を1マスと考えて塗る
② 家庭での勉強以外に,学校の授業,塾の授業の時間を入れてもよい
③ 科目ごとに色を変えて塗る


③を行うと,色の違いから,バランスよく勉強しているかがひと目でわかります。

塗り絵勉強法と検索すると10万件以上ヒットする。それだけこの手法が注目され,ある程度の効果(勉強時間確保の面で)が期待できるということだと思います。もちろん,時間を増やせばいいってものではないですが。

この表が必要な人は申し出てください。マス目は270時間まであります。




homb at 14:12|Permalinkその他 

2018年08月06日

第2回小6定期テスト結果発表!(杉山)

こんにちは。算数・数学担当の杉山です。
先日行われた第2回小6定期テストの結果が発表されました。

第2回小6定期テスト.xls1

本部校は,全校舎の中で,

計算1位
算数1位
国語1位 
4教科合計1位


と,大変素晴らしい成績でした。
勉強会や自宅で,頑張った成果がしっかりと結果に結びつきました。
みんなで勝ち取った1位に,満足した笑顔を見せてくれました。
私は笠井校でも指導していますが,
校舎長の鈴木佑典(ゆうすけ)先生から「なにしてんねん。」と,くぎを刺されました。
次回は,笠井校の逆襲があるかも知れません。

テスト,1つ1つに向けて頑張る。
頑張ったからこそ,嬉しかったり,悔しかったりする。
この繰り返しが大切だと思っています。
次回はしばらく先になりますが,10月1日の週に行います。
次は,追われる立場です。でも,1位は譲りませんよね。
IMG_3130
CIMG0963





homb at 12:00|Permalink小学生 

2018年08月03日

漢検対策の勉強会にて(大田)

勉強でも何でも,自分のできていないところを発見して,それへの対策を考えることは重要です。

漢検の勉強会では,200点満点のテスト形式で問題を解いてもらい,できていないところの直しをしています。
総得点だけではなくて,各項目(読み・書き取り・熟語の構成・部首・・・・)にも注目しています。8割の点数が取れていないものを生徒ごとに蛍光ペンでチェックしてみました。(実際は全項目で8割以上の点数が取れれば合格点に対してかなりのお釣りがきます)
63b52202

漢検に向けての勉強をするように声をかけることも重要ですが,具体的にどの項目の勉強に力を入れていくべきなのかアドバイスすることも必要です。例えば,「書き取り」で点数を落としている生徒と「熟語」の関連で点数を落としている生徒ではアドバイスの仕方も変わります。

前回の対策では,熟語(四字熟語)や対義語・類義語の意味を何人かの生徒に質問されました。いい質問です。意味がわかっていないものを丸暗記するのは大変ですし,覚えても忘れやすいですからね。ただ,私に聞くよりも辞書で調べたほうが記憶に残りやすいです。「大田」という辞書も1冊しかありません(しかもあまり性能がよくありません)ので,次回からは辞書を持参してもらえると助かります。



homb at 17:00|Permalink中学生 

困らなきゃ困ります

この間,ある子とこんな話になりました。

私「質の高い質問をして,先生を困らせるぐらいじゃないとな。」
★「先生なのに,中学生の質問に困っていいんですか?」
私「あぁ。そういうことじゃないのさ。例えば先生は英語の教師だよね。静岡県入試レベルの難易度の類題を,たとえ何十回やったとしても,確実に50点満点をとれるよ。先生のくせに,40点しかとれないとか,ましてやそれ以下しかとれない学力だったら,生徒として嫌でしょ?」
★「はい嫌です。」
私「だよね。でもね,なぜ質問に困ることがあるかというと,例えば『なぜそういう答えになるのですか?』という質問を受けた時に,今までそのことについて(先生の指導歴の中で)質問されたことがないような深い内容だったり,その質問に対して生徒にわかりやすく説明するには…と迷ったり,ある事柄とある事柄との違いをどう説明しようかということで思案することがあるのよ。先生が困るというのはそういう時で,《あいまいなまま理解をしたくない》という気持ちが強い生徒がいると,先生が困るほどの質問に出会いやすいかも。君にもそういう質問を期待しているよ。」
★「はい。わかりました!」

先日の高校入試説明会で,
質問力を伸ばして成長しようということをお伝えしました。

先生が困るほど質問したい!
そんな生徒たちの積極性に私は飢えています。

500_8795
500_8803


homb at 12:00|Permalink中学生 

2018年08月02日

中2A [数学]実力up講習 振替(杉山)

こんにちは。数学担当の杉山です。
7月28日(土)は,台風により全学年授業が休講となりました。
その分の授業の振替を致します。


台風振替分
8月11日(土)
中2A 実力アップ講習 数学
午後6:20~7:30


ご都合が合わない場合もあるかと思いますが,よろしくお願い致します。


実力アップ2018.xlsx1






homb at 18:00|Permalink中学生 

土曜の模試の日

中3はなかなかしびれる勝負の日が近づいています。
そう,標準模試です。
学校でやるテストでも,桐光のテストでもありません。
静岡県内の塾に通う何千という中3が受けるテストです。
問題の難易度も,ライバルのレベルも高いです。
まるで入試のような結果が出ます。

〇〇高校 △△科
学科内順位 志願者数~人中/(順位)~位
合格可能性~%


たとえば出た結果が悪かったとして,
「あぁ模試で良かった」と思うかもしれませんね。
模試はあくまでも模試だから。

でも,そこから中途半端な努力しかしないと,
本番の公立高校入試でも同じような結果になることを,
強烈に暗示,いや明示してくれるのがこの標準模試です。

模試は目を覆いたくなるほど悪かったけれど,
本番では余裕で合格できた。
そんな子はいません。

この模試は,内申点も合格判定に影響します。
内申点が重視されがちな,
静岡県の公立高校入試の傾向に合った模試なのです。65dd58c9[1]



homb at 15:00|Permalink中学生 

2018年08月01日

1軍と2軍と3軍(大田)

自分自身が受験生だったころのことを思い出してみました。
そういえば,問題演習をしたときに,問題を1軍,2軍,3軍に分けていました。

1軍の問題
問題を読んですぐに分かる。すぐには答えが出ないが,どうやったら答えにたどり着けるかという道筋が分かる。
2軍の問題
思い出すのに時間がかかる。答えにたどりつくのに紆余曲折。時々ミスをすることがある。

3軍の問題
どこからとりかかるのかが見えない。答えに自力でたどりつけない。解説を読んでもよくわからない。

① 2軍→1軍になるようにときどき見直す
② 3軍→2軍になるように毎日見直す

私が注意していたのは上記の2点です。
もちろん,科目によっては簡単に分類できないものもあります。1軍の補欠,とかいうのも作っていました。2軍→1軍,3軍→2軍とか具体的にどうすればいいのか,非常に難しい問題でもあります。

ただ,「問題を分類して,その問題ごとに対応をしていく」ということは,勉強をしていくうえで重要だと思いましたので,昔を思い出して記事を書きました。





homb at 18:47|Permalinkその他 

2018年07月31日

質問多し多し(杉山)

こんにちは。数学担当の杉山です。
夏休みに入り,中3は昼・夕方・夜と,桐光で1日約7時間勉強しています。
これだけの長時間でも,集中して取り組めているのはさすがです。
桐光で勉強していて良い点は,もちろん集中して取り組めることもありますが,
やはり「質問ができる」ことが,環境として大切だと思っています。
本部校の中3は,本当に多くの質問をしてくれています。
数学はもちろんのこと,講習にて行っているテストの理科の計算問題など・・・,
私の答えてあげられる範囲で答えています。
私の手が空いている時間が無いほどで,ヘトヘトになってしまいそうでした。

ここからは質問の「質」を上げていってもらいたいです。
「この問題が分かりません。」
この質問の仕方では,なかなか実力はついていきません。
ですので,その時はどこまで分かったのかを聞くようにしています。
分からなかった所をはっきりさせることが目的です。
この作業を自分で行えるようにし,質問する時には,深く考えた結果,
「ここまで分かったけど,ここがどうしてこうなるか分かりません。」
と,「具体的に質問」することが,実力をあげていくカギになります。
私の体力が限界になるくらいまでの質問をお待ちしています。

500_8783500_8764




homb at 12:00|Permalink中学生 

2018年07月30日

聞・即・動

昨日,中3及び保護者様には,
あいにくの荒天にも関わらず,
遠く日体高校さんまで足を運んでいただきました。
ありがとうございます。
IMG_1244
この説明会に参加したことがプラスだったのか?
それとも何のプラスにもなっていないのか?
それは日曜と月曜の受験生の様子を見ればわかるでしょう。

何かきっかけをもらって,それを機に行動を変えたり,
勉強量を増やせるように環境を整えたかどうか。
変化はすぐに起こさなければ,
そのやる気は本物ではありません。
説明会に来る前と,なんら変わっていないかもしれないのです。

実際,さきほど竜洋校中3の夏期講習に行ったとき,
ある子にこう問うてみました。
私「今日は何時に起きた?」
★「10時です」
私「ふ~ん…そうか。」


昨日の説明会では「午前中に最低でも3時間は勉強しよう」と,本部校理科の担当教師,そして天竜校の校舎長でもある稲田先生が伝えてくれましたが,私は早速その約束事を守れない子に出会ってしまったのです。
非常に残念です。
IMG_1208

その一方で,朝7:25には勉強を始めたという子もいました。
これは素晴らしい行動の変化ですね。
ただ…ひとつ心配なのが,
「朝ご飯を何時に食べたか忘れました」とも言っていたこと。

そんなに短い記憶保持力で,受験は大丈夫なのか
勉強に集中しすぎたということで安心していればよいのでしょうか

よいでしょうね。
本気の子にはより寄り添い,
なかなか本気になれない子は引っ張っていきます。



homb at 18:30|Permalink中学生 

どこで頑張るか(杉山)

こんにちは。数学担当の杉山です。
本部校では,中3は夜勉プラスで午後9:30まで勉強しています。
9:30を過ぎた教室を見てみると,
みんなが帰った中,1人で勉強し続ける中3生の姿がありました。
彼女は,吹奏楽部でまだまだ部活が続いています。
そのため,勉強時間が周りよりも足りていないことを分かっています。
だからこそ,みんなが帰った後も残って頑張っていました。
頑張る姿を見ていると,
「一人でも頑張るじゃん。」と,やっぱり声をかけたくなります。
「昼間やれていないんで,頑張ります。」と,返ってきました。
周りが頑張っている時間が自分には無い分,その頑張る時間を自分で作る。
どこで頑張るかを自分で考え,行動に移すことがやはり大切。
その行動に移せるよう,声かけしていくことが私たちの仕事でもあります。

CIMG1248 (1)




homb at 12:00|Permalink中学生