2019年01月21日

長いことじかんをかけてよみとく文

先日、空き時間に本部校での【長文塾】急きょ実施しました。
どうしても、長文読解のアドバイスが必要な受験生がいたからです。
(長文塾とは、竜洋校でやっているサポートの名称なんですけど)
本気のSOSがあれば、いつでもプラスのサポートはします!
出来る限り…という❝限り❞のところを広げていくのが好きなので。
インフルやその体調不良で学校を休みがちだったとか、
入試までにどうしても教えて欲しいことがあるとか、
そういう場合は遠慮なく言ってもらいたいです。
これから学年末テストの対策にも突入しますが、
受験生の要望には優先順位を上げて対応していきます。

さてそれとは別件ですが、年明け最初の【各高校志願者数】が判明してきています。
中学校の先生が教えてくれているようで、私にもその情報が集まってきました。桐光塾生の親御さんの中で、もしその情報が聞きたいという場合は、その旨メールなどでお知らせください。こちらで入手している情報はお伝えいたします。

IMG-PHOTO-ART-1779960924





homb at 11:00|Permalink中学生 

2019年01月20日

振替休日勉強会

明日月曜は、東部中が振替休日だと聞き、
急きょ中3勉強会を追加しました。
生徒たちには昨日直接伝えてあります。

1月21日(月)午後1:00~
いちおう5時まで自主勉できることにしました。
もちろん教師がつきますので、質問対応もOK。
塾でずっと自主勉をやる気が満々の子は、(食事持ちで)一日中通しで桐光で勉強してもいいですが、一度帰って、ご家族の方々に勉強を頑張った後の顔を見せて、それからまた夜来る方がよいでしょう。




homb at 15:45|Permalink中学生 

2019年01月19日

vs インフルの嵐

言わずもがな…インフルエンザが猛威を振るっています。
大切な桐光生を守るために何かできないかと考えました。この間仕事が休みだった時に、インフルエンザウィルスの予防と除去についてネットや口コミ、私の経験などあらゆる角度から調べたり考えたりしました。

人から人へのダイレクトな飛沫感染の予防は?
これはマスクの着用で解決します。
向かい合ってしゃべったり、食事をしたりするとすぐにうつります。

空間除菌の予防効果は?
大幸薬品さんが販売している、クレペリンゲルを中心に調べました。結果というか私の結論としては【効果は立証されていないのにとても高価なので却下】です。そもそも、空間でウイルスを殺せるレベルとなると、人にもある程度弊害があるのではないかと思ったのです。

モノから人への感染は?
これこそよくあるやつです。インフルエンザを持っている人が出す汗や唾液などの飛沫が、身の回りのあらゆるところに付着します。それを知らず知らずのうちにさわり、無意識でその手で口元をいじってしまい、あるいは目をこすってしまい、見事にウイルスを自分の体内に運んでしまうという流れ。もう一度言います。これはよくあるそうです。

桐光に出来る感染予防は、最初のマスク着用の徹底です。
それともうひとつ頑張ろうということで、
本部校で使っている、机・イスだけでなく、教室の入り口のドアや、みんなが使うトイレのノブや水が出る蛇口、階段の手すりや電話の受話器、はたまたコピー機や黒板の周りまで、毎年おなじみの《ドーバーパストリーゼ77》を付けて磨き上げました。
その時自主勉をしていた子の机なども除菌しました。
「ちょっと、自習室のテキストとかノートか、いったん持ち上げて!」

今日もやります!
除菌し尽くします!

631c29a0[1]
9f2fd882[1]
b443cf59[1]


homb at 10:00|Permalinkその他 

2019年01月18日

土曜は午後3時~

明日(1/19[土])は午後3時~10時まで自主勉可能です。
東部中の子は学校がありますが、昼までに終わりますよね。
ちょっと休んだらすぐに来て勉強しましょう!


homb at 13:40|Permalink中学生 

2月の 3月の

中3には最後の月間スケジュールになりますね…
感傷的になりかけましたが、気を取り直していきます。
2月のスケジュールを今日(金曜)から来週にかけて配布していきます。中1と中2の親御さんには他に重要なお知らせもあるので、ご自宅に郵送いたします。つきましては、授業内で配布するのは【小学生と中3】だけです。

もうすぐ中1と中2は学年末テストの対策が始まります。親御さんにはまたいろいろとご協力を仰ぐことになりますが、よろしくお願いいたします。

3月1(金)と3/2(土)に、現中3生に最後の授業をします。
(その他の学年は休講)
中3の授業料は2月分までいただいて終わりになりますが、3月のその二日間は無料で公立高校受験の直前指導をいたしますので、その旨ご承知おきください。

’19本部 2月calendar-001


homb at 13:30|Permalinkその他 

2019年01月17日

六面指し(大田)

水曜日の個別授業。中2Aクラスの国語。
こちらから声をかけるのではなく,希望者を募っての実施。

ページ上段に文章,下段に設問 という形式の問題集を作成して解いてもらいました。

将棋の「六面指し」のように一人ひとり見てまわる。
この形式だと丸付け,解説が効率よくできる。
B432E664-828D-4911-90D4-9031C5D33803
ただ,休む間もなく,頭もフル回転しないといけないので,生徒も私も疲れます。
「それでいいっ! それがBEST!」(byリサリサ)

間違った問題については,答えを安易に教えません。
答えの根拠となるところを指し示したり,ほのめかしたりします。
基本的には自分で考えてもらうように仕向けています。
他の科目よりも,点数に反映されるまでには時間がかかると考えていますので,少しずつ着実に。


国語の個別授業を希望する人は声をかけてください。
現段階で個別ができる日時は…(学年末テストの前は対策授業で埋まっている場合もあります)

月曜日 午後4時30分~5時50分
火曜日 午後4時30分~5時50分
水曜日 午後6時~8時30分

★ 1月21日(月)は埋まっています。



homb at 18:00|Permalinkその他 | 中学生

レコーディング(大田)

何年か前にレコーディング・ダイエットというものが流行りました。実は私もその実践者です。

ただ,昨日のブログの合格祈願のお菓子の袋,私が各地を探したり,通販で探したりして手に入れたりしたもので,中身を全部一人で食べましたので,もう一度ダイエットをしないといけない状況になっておりますが・・・・

さて,記録する・無意識に行っていることを見える形にする」
というのは,ダイエットだけでなく勉強にも有効だと感じています。


先週から始めた小学生の漢検対策,最初は漢検模擬テストの点数を見て,ホゲェ~と叫びそうになりました(IWCに怒られますね)。
漢検対策では,模擬テストの点数を「記録」して声をかけています。合格点と単元ごとの点数を記入してもらうことによって,自分の弱点や何をどのくらい頑張ればいいのかがわかります。

今は,だんだんと点数が上昇して合格点が取れるようになってきました。生徒のモチベーションも上がってきています。


中3の授業では,土日や祝日の勉強時間を,自己申告で「記録」してもらいまいました。


できていないところを教え,アドバイスする ことは私どもの仕事です。
それ以上に,どうやったら生徒に今の状況を意識してもらえるか,どうしたら生徒のモチベーションが上がるか,ということを考えることも重要だと感じています。

記録することで,自分自身の置かれている状況や,無意識に行っている時間の使い方を意識できると思います。



homb at 11:00|Permalinkその他 

2019年01月16日

Heavy

先日、本部校の受験生たちもミニ絵馬を書きました。毎年、本部校の子たちはこのミニ絵馬の時間をエンタメの時間ととらえています。それ故、自分だけの思いをオリジナルの絵馬に投影したくて、こだわりの絵馬に仕上がることがあります。
彼ら彼女らの絵馬を見ていて思ったことがあります。それは『美術の内申点が4か5の子は、やっぱりこういう時でも目立つ表現力があるな』ということです。私が感覚的に「お!」と思った絵馬の作者を確認すると、ほとんどが美術の成績が良い子でした。
「なるほどね」
私は妙に納得してしまいました。
何に納得したかというと、
絵が得意な子が美術の成績が良いのではなく、
自分の表現にこだわりを持てるというか、
「これでいいや」という妥協の言葉を吐かないというか、

最高のものを生み出そうと夢中になれる子の評価が高いのかもしれないと。でもやる気はあっても積極的でも、どうしてもうまく表現できない子はいます。学校の先生には、そういう子の頑張りも漏れなく見て評価していただきたいです。

学校の先生の評価は、時に納得いかないこともあろうかと思いますが、今回《美術》についてはどういうところに評価の基準があるのかわかった気がしました。
主要5教科と比べて、技能教科はやはり意欲とか関心から生まれる《積極性》が大事なのかもしれません。「苦手だから」とか「無理なんで」と言い訳を主張するよりは、ダメもとでも積極的に先生や課題に関わっていくことこそ、内申点高評価への美しき流れの源かもしれません。

現中2は次の受験生です。
内申点を確保する準備は、今からしていく心構えが必要です。

DSC_0043


homb at 13:45|Permalinkその他 

2019年01月15日

特進の条件

昨日は浜名模試を実施しました。
明日は特進コースの模試があります。
あさってには、標準模試の結果が判明します。
来週末はまた次の標準模試があります。
中3はそれぞれの目標・立場に応じてテストが続いています。

その中でも特進コース生は一番多くの模試を経験します。
なぜか?
そもそも特進コースというサポートをしているのはなぜか?
それは…
【多数の不合格が出る可能性が高いのは偏差値上位の高校】だからです。
何回かブログにも書いてきていますが、浜松南高校以上の偏差値が必要な高校の平均の合格率は【83%】程度です。どれだけ受験生が勉強を頑張ろうと、結果として上位高校を受験する子が仮に100人いたとしたら17人が落ちてしまう現実があるのです。我が桐光は、これまで積み上げた特進コース指導の成果でその上位高校合格率を【95~96%】まで上げてきましたが、それでもまだ100%ではありません。市立高校や浜松北高校のように100人単位で不合格がでる高校もあるので、100%合格というのは相当困難なミッションではあります。

さて、模試には毎回4時間を費やします。
テストに4時間、勉強に4時間、どっちが時間を有効に使えているのだろう?私も学生の頃はそういういわゆる【素朴な疑問】が頭の中に浮かんできたことがあります。桐光ではテストの経験値を増やす方に舵をきっています。理由は幾つかあるでしょうが、私は特進模試の意義についてはこのように考えています。

①他中学のトップレベルと競える
2学期にも3回、3学期はほぼ毎週のように特進コースの模試があるので、自分の中学内順位でなく、他の学区の子たちを含めた本当の入試のような形で自分の現状を把握できます。

②タイムマネジメントの達人になれる
受検レベルの問題を解く機会が格段に多くなります。難問に時間を消費しすぎないようにしたり、解く順番を変更するなど工夫したり、自らの受験生としての力が上がるだけでなく、毎回採点してくれる先生にアドバイスをもらえます。毎週こんな経験が出来るのは桐光だけ。試しに他の塾に通う中3生の知り合いの親御さんに尋ねてみるとよいと思います。受検の練習をどれだけしているか。受検のサポートを具体的にどれだけ受けているかを。(もし耳寄りな情報があれば、こっそり私に教えてください[^-^;])

③自分の未熟さに気付ける
長時間集中して机に向かうのが得意な子がいます。きれいにノートまとめするのが得意な子もいます。でも自分の今している勉強が何か実力向上に結び付いたのか?勉強が自己満足になっていないか?今している勉強量・勉強の方法でよいのか?そういうひとつひとつを確認するには、特進模試のようなテストで知る以外に方法はありません。入試レベルというのは、今までの問題と難易度が違います。中2まで学年トップ5に入っていた子でも、入試レベルの問題になると5教科で170点程度しかとれなくなる場合もあります。

最後に、
来年度の特進コース候補になりたい現中2とその親御さんに、
あらためてその加入条件をお知らせします。

条件①中2の県学調の点数が基準を越えていること
条件②中2の三学期内申点が基準を越えていること
条件③週2日(全科)で通塾していること
条件④上位偏差値の志望校合格に強い意志があること
※学調及び内申点の基準についてはまだ決定していません。

来年度の特進コース選抜は、4月中旬を予定しています。

IMG-PHOTO-ART-1331102324


homb at 12:15|Permalink中学生 

2019年01月14日

知らなかった

★「塾って、来てみるまで怖いところだと思っていました。こんなに楽しいとは思いませんでした。だって、間違えるとゴムで手首をパッチンされると聞いていたので」

ゴムパッチン?
それは桐光のことではありません
浜松市南区にまだあると聞く、
私が小学生の頃から有名だった某塾さんのことではないかと。
上記の言葉は、先日入塾を考えていると言ってくれた子が言っていたことです。

地域のみなさんの中には、まだ知らぬ桐光にいろんなイメージがあるようで、時には電話でお問い合わせを受けた時に「桐光さんて、勉強がすごく出来るお子さんしか通えないんですよね?」なんて言われることもありました。「そんなことありませんよ。もともと入塾テストはありませんし、勉強が得意な子も苦手な子も通っています」とお伝えすると、「そうなんですね。知りませんでした」と誤解が解けるわけです。

知らないことは怖い
知らないことは信じられない
知ると驚く
知ると理解できる
知ると安心する

今は新入塾もいる一方、受験生たちも大詰めの時期です。
私立入試まではあと20日、公立入試までは50日あまり。
「見たこと無い…」
勉強していてそんな問題にぶちあたると焦りますよね。
毎日先生たちが校舎にいて質問に備えていますから、
受験生も下級生も、どんどん先生たちをこき使ってください。

そういえば、先日【浜岡砂丘】を歩きました。
正直言って、浜岡に砂丘があるなんて知りませんでした。
御前崎に用事があって行く道すがら、
たまたまその砂丘の看板を見つけたのです。
中田島砂丘の砂より柔らかくて、
とても歩きにくくしんどい一歩一歩でした。
砂に深く足をとられるので、靴には砂がかなり入ります。
でもこの砂丘を見つけ、
海風に当たっていることの喜びが、その困難を凌駕します。

しばらくしてサンセット(日没)を迎えたのも偶然のタイミングでした。
幸せな偶然を【セレンディピティ】と呼ぶそうです。

IMG_20190113_165418_414
IMG_20190113_165418_406
DSC_0035
DSC_0037


homb at 15:15|Permalinkその他