homb

桐光本部校 ブログ

~校舎長の相馬による,本部校と時々私個人についてつづる天衣無縫の日記~

22 5月

6月スケジュール(本部校)

6月のスケジュール表も載せておきます。
一番のトピックスは,小6が初めての“桐光定期テスト”を行うことでしょうか。
普段学校のテストでは順位が出ることはありませんが,この桐光定期テストは全受験者の中で自分がどの位置にいるのかわかります。ちょっとドキドキしますよね。
期末テストが終わったら,中3生を主に対象として,学習面談を実施します。
受験生として一番まとめて勉強量をかせげる夏休みに向けて,中体連の大変さを言い訳にしないで頑張ってもらいます。暑い,そして熱い季節が近づいてきたことを実感します。
’17本部6月calendar-001
22 5月

期末テスト対策日程「発表」

来週から対策日程が始まるので,このブログにも日程表をのせておきます。 
塾生たちには,今日からの授業で日程表を配布します。
中1生にとっては初めてのテスト対策ですね!部活動が本格化して,このテスト対策の期間を乗り切れたら,晴れて“一人前の中学生”と言えるでしょう。
今回の朝学は中2と中3の2学年で実施します。座席に限りがあるので中1生は希望制とします。期末テスト当日の朝,早く起きて桐光で頑張りたい中1生は,先に先生に言ってくださいね♪
kmt

21 5月

この一週間で6通

トコスタのサービスの中に,小学生バースデイカードというものがあります。最近桐光に入った小学生はまだ一度ももらったことがないかもしれませんね。一人一人その子が来る曜日の指導を担当している教師が,みんなでメッセージやイラストを描いて誕生日カードをだんだんと仕上げていきます。そして誕生日が近づいたところでポストに投函(早く無事に届きますように)
その届いた誕生日カードの中に入っているミニカードを,桐光に来る時に持ってきて先生に見せると,年令の数だけビバポイントをもらえます。だから例えば小4の子であれば10歳になるので,10ポイントもらえるというわけです。ビバポイントをこんなにまとめてもらえるチャンスはめったに無いので,子ども達からよくこんなセリフを聞きます。
★「誕生日が1年に3回あればいいのに…」

バースデイカードは毎年デザインが違います。何回かもらったことのある子は,今までにもらったカードを探し出して確かめてみるとわかるはずです。つまり,毎年世界で一つだけの,先生から自分にあてたメッセージ入りのカードが届くということになります。
そう言えばこの間,小学生の頃から桐光に通ってくれている子からこんなうれしい言葉をもらいました。
★「私小4の頃からずっと,もらった誕生日カードは全部ちゃんととってありますよ!テレビの上に飾ってあります。」
(感動した!)
これからも,いろいろな形で小中学生や親御さんに気持ちを伝えてまいります。
14952688477940
20 5月

スパイラル or 先回り

この5月の中学生の学習指導は,どの程度のペースで進めていくかという授業計画がとても難しいです。特に中1の英語は難しい気がします。というのは,中学生になってまだ間もない状況で,しかも英語は初めて主要教科として学ぶため,中学(あるいは先生)によってかなりじっくりと発音やアルファベット,あるいはローマ字の練習をしているということもあります。そうかと思えば,期末テストまで残り1ヵ月を切り,学校の先生も多少焦りが出てくるのか,突如スピードアップして進むこともあります。

中2は3学年の中では一番安定して進みますが,野外活動がこの時期にある中学もあり,中3は修学旅行の影響で,その前後の授業進度がまた予想しずらいです。ちなみに東部中の中3生は来週が修学旅行なので,私の想定よりも早く進んでいました。
私たち桐光教師は,毎回の授業で各中学(各クラス)の進度をきっちり把握して,当初進もうと思っていたけれど復習に切り替えたり,逆に復習から始めようと思っていたが,学校の早い進度に対応すべく次の単元の指導に移るといったように,塾生たちの学校の状況に応じて授業プランを柔軟に変更しています。

昨日中2はあまり進んでいなかったので,中2になってから習った文法(英文の形やルール)を3つ全て復習しました。これでほぼ同じ復習授業を3回ぐらい繰り返したことになります。2週間前に私が教えていた内容にようやく学校が追い付いてきたということですね。その間に私の担当する中2Aクラスの子たちは,3回も繰り返して大事なポイントを教学ぶことが出来たというわけです。

一方,中3は予想よりも早い進度だったので,修学旅行明け一気に学校で進むことを想定して予習の内容を教えました。今日の中3Aクラスでも同様に予習の内容で指導します。
「中3Aのみなさん,今日はとっても重要な授業になるので,いつものように休まず来てね。」

DSC_0218
DSC_0238
DSC_0217
DSC_0241
DSC_0214
20 5月

磐田も(・∀・)イイネ

第3教室の“高校紹介”の掲示を新しくしました。
今までは湖南高校,浜松南高校,浜松商業の3校でしたが,今回は磐田の高校を紹介します。浜松に住むみなさんの多くは“磐田”と聞くと「天竜川の向こう?」という感じで遠いと感じてしまうこともあるようですね。でも実際には浜松にも通学に1時間近くかかる高校も結構あります。
突然ですが,ここで質問です。
磐田にあって,浜松に無いタイプの高校は?
①内申点30ぐらいで合格を狙える普通高校
②食品管理や環境科学などを学べる高校

となります。
今回の掲示で紹介しているのは…
①磐田北高校(普通・福祉)
②磐田農業高校(食品・環境・生産流通)

湖南高校は確かに内申点31~34ぐらいで合格していく子が多いですが,ここ数年は志願者数が多くなってきており油断できません。しかも南区のみなさんは意外と通学に時間がかかるんですよね。そこで磐田北高校も候補にしてみるのはどうでしょうか。もともとは女子高でしたが,もうだいぶ前から共学化されており,磐田地区では進学校として有名な高校です。
そして次に磐田農業高校です。「え?農業?」と思うかもしれませんが,ちょっと待ってください。畑で土を耕し…という農業のイメージのど真ん中を目指す人は近年それほど多くありません。人間にとって不可欠な“衣食住”に通じるいろんな勉強をしていきます。そしてこの磐田農業の一番の売りは【生徒満足度の高さ】にあります。通っている子が本当に楽しいとか充実しているという気持ちでいられるそうです。
第3教室に貼っておきましたから,いつでも見ることが出来ます。
生徒のみなさんは,自分がどの高校を受験したいかを決める参考にしてみてください。

DSC_0197

19 5月

新しいの

先日,と言ってももう3週間近く前になるのでしょうか。私の心と私のカメラが粉々になってしまったことをブログに書きましたが,覚えていらっしゃるでしょうか。
参照ブログURLはこちら→
http://honbu.blog.jp/archives/1065644881.html
先日新しいカメラを買う決意をして,
ついに先週末にそのカメラが届きました。
前に粉々になったカメラよりもだいぶ性能が良いので「これでまた素敵な写真が撮れるぞ!」と息巻いて撮りに行ったのですが,実際に撮ってみるとやはり思います。素晴らしいのはカメラ以上に子どもたちなんだと。桐光生のみなさん。君たちの存在は,いつも私にも親御さんにも素敵な思い出を増やしてくれています。
DSC_0206
DSC_0209
D

19 5月

ザザっと

“ザザッ”という音を聞くと何を連想しますか?
雨の音?
海岸に打ち寄せる波の音?
それとも,トイザらスやとTOHOシネマズがあるとはいえ,それほど繁華とは言い難いけれども,浜松が誇るエンタメの聖地“ZaZa City”でしょうか?

昨日もまた私と記代先生とダブルチームで小6の授業をしたのですが,その時,二人とも驚いたことがありました。それは記代先生が「じゃあ,ノートを出して…」という言葉の“ノート”の“ノ”を言った瞬間,全員が同時に素早くノートを準備する音が重なったのです。
それがこの音「ザザッ!」ということなのです。「ノートを出して」という指示の最後まで聞いて反応したという感じではなかったのが印象的でした。

授業の後で記代先生に尋ねました。
私「あの時,小6のみんなはすごく鋭い反応でしたよね?」
記「はい私もびっくりしました。すごいですね!」

もしかして,私が授業で指示した時よりも反応が早かったのか?
(記代先生の指示の方が鋭く伝わった?)
いやいや,きっといつも出来ていたのだと思います。
昨日は授業の様子を客観的に見ていたので気づけました。
みんな本当に素晴らしい小6になりましたね。
来週26日の漢字コンクールも期待しています。
DSC_0173
DSC_0177
DSC_0169
BlogPaint

livedoor プロフィール
アクセスカウンター